マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 2日目モダンメタゲーム・ブレイクダウン

【戦略記事】 2日目モダンメタゲーム・ブレイクダウン

authorpic_adamstyborski.jpg

Adam Styborski / Tr. Chikara Aoki

2015年2月7日

原文はこちら

 プロツアーにおけるメタゲームは常に若干偏ってはいるものだが、世界中から選りすぐられたプレイヤーによるデッキ分布の表情を読み取るのは、いつでも興味深いことだ。昨日、我々は一目見ただけでいくつかの発見をした。

  • アブザンは一大勢力となった。その亜種を含めて、全体の30%近くを占めていた。
  • 素早く、攻撃的なデッキがアブザンの脅威に続いた。バーン、親和、感染、Zooが10%前後で推移している。《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》デッキが脱落する中、バージョン違いを含む青赤《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》デッキが復活の兆しを示した。
  • 《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension(ZEN)》や《風景の変容/Scapeshift(MOR)》といったコンボデッキは明らかに不人気だった。

 もちろん2日目に残ったデッキだけがモダンの現状を表しているわけではない。全てのアーキタイプを見ることはドラフト・ラウンドの影響を加味することになる。2日目に残ったデッキを見ていこう。

アーキタイプ使用者数使用割合
アブザン7328.3%
バーン3212.4%
感染197.4%
親和176.6%
Zoo145.4%
青赤双子135.0%
赤緑トロン83.1%
風景の変容83.1%
ジャンド72.7%
ストーム62.3%
白黒トークン62.3%
アミュレット・ブルーム51.9%
グリクシス双子51.9%
ジェスカイ・コントロール51.9%
死せる生51.9%
マーフォーク51.9%
フェアリー41.6%
ジャンド・ローム31.2%
黒緑20.8%
青トロン20.8%
ソウル・シスターズ20.8%
タルモ双子20.8%
白緑ヘイトベアー20.8%
むかつき10.4%
ドラン10.4%
ドレッジヴァイン10.4%
エルフ10.4%
4色コントロール10.4%
4色ズアー10.4%
呪禁オーラ10.4%
砂の殉教者10.4%
スゥルタイ10.4%
スゥルタイ・デルバー10.4%
アリストクラッツ10.4%
裂け目の突破10.4%
白青コントロール10.4%
合計258100.0%

 一目見てわかることは以下のとおり。

  • アブザンは依然としてフィールドの最大派閥であり、初日そのままの割合で2日目へ進出している。使用者が一定数以上いたバーン、親和、感染、風景の変容、トロン、そして(バージョン違いを全部統合した)双子はそのまま存在している。
  • Zooはその数を減らした。おそらくアブザン環境に適合するべく選択されたであろう攻撃的デッキの中では最も不本意な結果となった。
  • 一番の負け組は2人以下からしか使われなかったデッキのようだ。モダンのメタゲームは広く、より人気の(そしておそらくより強力な)デッキからの圧力が、少数伝来のデッキを追い出してしまった。

 これらをまとめて、明確にしていこう。

アーキタイプ使用者数使用割合
アブザン7328.3%
バーン3212.4%
双子207.8%
感染197.4%
親和176.6%
Zoo145.4%
その他8332.2%

 ここで見ていきたいのは、各アーキタイプ毎の初日モダン5ラウンドの勝率である。

アーキタイプ使用者数マッチ勝率
ドラン180.0%
白青コントロール180.0%
アミュレット・ブルーム572.0%
タルモ双子270.0%
感染1969.5%
死せる生568.0%
グリクシス双子564.0%
バーン3263.8%
親和1763.5%
ソウル・シスターズ263.3%
アブザン7362.6%
青赤双子1361.0%
黒緑260.0%
ドレッジヴァイン160.0%
4色ズアー160.0%
呪禁オーラ160.0%
砂の殉教者160.0%
青単トロン260.0%
風景の変容860.0%
スゥルタイ・デルバー160.0%
アリストクラッツ160.0%
裂け目の突破160.0%
白黒トークン660.0%
白緑ヘイトベアー260.0%
赤緑トロン857.5%
フェアリー456.7%
ジェスカイ・コントロール553.3%
ストーム653.3%
Zoo1452.9%
マーフォーク552.0%
ジャンド・ローム348.9%
ジャンド745.7%
4色コントロール140.0%
スゥルタイ140.0%
むかつき120.0%
エルフ120.0%

 2日目に残ったプレイヤーのモダンラウンドの平均勝率は60%だ。その上下で線引きを行うと結論に近づけるだろう。

  • Zooは、実のところ初日のアーキタイプの中では平均以下だったようだ。常に人気のあるジェスカイ・コントロールも環境に勝てなかった模様。かつて一世を風靡したジャンドも同じように平均以下だ。
  • (自信満々にモノを言うプレイヤーもついてくる)攻撃的なデッキのうち、感染デッキは70%の勝率を収めた。有力なチームの一つが感染デッキを選択したのも一役買っているだろう。
  • 双子デッキも結果を残した。《タルモゴイフ/Tarmogoyf(FUT)》や《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang(FRF)》をタッチした形が純正よりも有力のようだ。
  • 注目されていなかった死せる生やアミュレット・ブルームは盛況のようだ。死せる生は、テストプレイで《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll(RAV)》が墓地活用デッキを強化しないと考えてサイドボードの墓地対策カードを減らしたプレイヤーを狙い打つ。数週前のグランプリ・オマハで、驚くべきパフォーマンスを発揮して決勝に進んだアミュレット・ブルームは禁止改定で何も失っていない。

 トップ8レースは終わりに向かっている。プロツアー『運命再編』の土曜日、最終ラウンドでプレイヤーが最終的な答えを出すのを、我々はただ眺めているほかはない。

前の記事: 【英語記事】 Round 11: Pierre Dagen vs. Antonio Del Moral Leon | 次の記事: 【戦略記事】 色とりどりのアブザン
プロツアー『運命再編』 一覧に戻る