マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝: Jelger Wiegersma(オランダ) vs. Jacob Wilson(カナダ)

【観戦記事】 準々決勝: Jelger Wiegersma(オランダ) vs. Jacob Wilson(カナダ)

080214_1291.jpg

Jacob Van Lunen / Tr. AOKI Chikara

2015年2月8日

原文はこちら

イェルガー・ヴィーガーズマ/Jelger Wiegersma (欠片の双子) vs. ジェイコブ・ウィルソン/Jacob Wilson (世界ランキング15位・アブザン)

 新旧の勢力対決である。前途有望なジェイコブ・ウィルソン/Jacob Wilsonが対するは、プロツアー殿堂表彰者のイェルガー・ヴィーガーズマ/Jelger Wiegersmaだ。

 プラチナ・プロにして世界ランキング15位のジェイコブ・ウィルソンはプロマジックコミュニティの新星だ。ウィルソンは既にプロツアーでトップ8入りしており、今回が2度目で、これは参加したプロツアーのうちトップ8入賞率が20%に近いことを意味する。彼は最近、マジックに集中するために学校を休学している。今回優勝ともなれば、ここ数ヶ月のハード・ワークも報われるというものだ。ウィルソンは、手札破壊で対戦相手を妨害し、ピンポイントな除去でモダン環境の最高のクリーチャーたちを後押しする、お馴染みのアブザン・デッキで武装している。

 対戦相手の殿堂表彰者、イェルガー・ヴィーガーズマは今週末が5回目のプロツアー・トップ8だ。長らく最高のマジックプレイヤーの一人とされているが、いつも彼の手に入らないタイトルがある。個人戦のプロツアーを優勝したことがない彼は、その生涯の夢を実現する機会にある。ゲーム史上でも偉大なリミテッドプレイヤーとされていて、今週末のドラフト・ラウンドを無敗で通過したのもうなずける。ヴィーガーズマは驚くほどに不人気な《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》デッキを使用している。《詐欺師の総督/Deceiver Exarch(NPH)》か《やっかい児/Pestermite(LRW)》と《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》を組み合わせて何十億もの速攻クリーチャーを作成するのがこのデッキの基本戦略だ。

qf4_wiegersma_wilson.jpg
殿堂表彰者、ヴィーガーズマ・ヴィーガーズマと世界ランキング15位のジェイコブ・ウィルソンには、それぞれにプロツアー優勝トロフィーが欲しい理由がある。しかし、準々決勝を勝ち進んで夢を追い求めることができるのは、彼らのうち一人だけだ。

 第1ゲームがどれだけ不利かをシャッフル中に嘆くウィルソン。

「いつだってチャンスは掴めるさ」力強いトーンで応じるヴィーガーズマ。

ゲーム

 ウィルソンが第1ターンに出した《極楽鳥/Birds of Paradise(RAV)》を《稲妻/Lightning Bolt(M10)》で処理したヴィーガーズマは、《血清の幻視/Serum Visions(5DN)》でドローを整える。

 ウィルソンが出した《復活の声/Voice of Resurgence(DGM)》はヴィーガーズマにプレッシャーを与える。ウィルソンのターン中に効率的な対応がしづらくなっているからだ。この強力な2マナクリーチャーはヴィーガーズマのコントロール・プランをもぎ取っていく。ヴィーガーズマが勝つにはコンボを決める必要があるだろう。

 《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》が戦場に出て、2ターン後にはウィルソンが勝利を収めそうだ。

qf4_wilson.jpg
ウィルソンにはアブザン・カラーもお手の物。モダンの古きトリックを捨て、より伝統的で直截的なアプローチを選んだ。

 しかしすべては瞬く間に終わった。ヴィーガーズマがウィルソンのターン終了時に《やっかい児/Pestermite(LRW)》を唱え、自分のターンに《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》が続き、何十億ものフェアリーで攻撃したのだった。

 ウィルソンのアブザンはチーム「Face to Face」によるもので、他のアブザンや攻撃的なデッキに強いという、今週末のプロツアーでは素晴らしい選択だった。しかし、ヴィーガーズマの双子デッキを他のアブザン・デッキのようには妨害できないという、独特の問題を抱えていたのだ。

「いいシャツだね」冗談を飛ばすヴィーガーズマ。

 2人は同じシャツを着ている。

「友達から頂戴してきたんです」

 ヴィーガーズマは初手の7枚には満足しなかったが、マリガン後の6枚は良くなったようだ。

 ウィルソンは《貴族の教主/Noble Hierarch(CON)》からスタート、ヴィーガーズマはコンボのために着々と土地を並べていく。

 《復活の声/Voice of Resurgence(DGM)》にもう1枚の《貴族の教主/Noble Hierarch(CON)》が続き、攻撃で4点のダメージを与える。ぱっと見はウィルソンが優位に進めているが、彼は対戦相手のオランダの達人が、どんな角度からでも勝てることを知っていた。

 《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage(ARB)》が戦場に追加され、ヴィーガーズマはコンボを決める前にそれを除去しなくてはいけない。《神々の憤怒/Anger of the Gods(THS)》が戦場を一掃し、貴重な時間を稼ぐ。しかしウィルソンは《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter(RTR)》でプレッシャーをかけ続ける。

qf4_wiegersma.jpg
殿堂表彰者の手に入らないプロツアー優勝のタイトル。しかし、ヴィーガーズマは全く諦めていない。

 続くターン、ヴィーガーズマは《謎めいた命令/Cryptic Command(LRW)》で《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter(RTR)》を手札に戻しつつドローするが、引いてきた2枚目の《謎めいた命令/Cryptic Command(LRW)》はウィルソンに《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》されて、コンボが揃っていないことも明らかになってしまう。

 ヴィーガーズマは《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter(RTR)》への回答も、手札にある複数の《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》の対象も見つけられず、2回の攻撃の後、第3ゲームへと進む。

「除去を持ってたのかい?」

「はい」

「いいハンドだったね」

 第3ゲーム、ウィルソンは《貴族の教主/Noble Hierarch(CON)》2枚と《大祖始の遺産/Relic of Progenitus(ALA)》でゲームを始める。ヴィーガーズマは脅威が出てこないのを幸いに、土地を並べる。

 ヴィーガーズマは《神々の憤怒/Anger of the Gods(THS)》でマナ・クリーチャーたちを取り除くことにした。戦場に《ガヴォニーの居住区/Gavony Township(ISD)》と《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket(SOM)》しかないウィルソンの速度が急速に落ち込んだかに見えた。

 《未練ある魂/Lingering Souls(DKA)》でちょっとしたクロックを用意したが、ヴィーガーズマは除去を2枚使ってトークンを除去する。《復活の声/Voice of Resurgence(DGM)》が再びウィルソンの元に、ヴィーガーズマは《稲妻/Lightning Bolt(M10)》で応える。

 次のターンに《やっかい児/Pestermite(LRW)》が戦場に出て、それに《欠片の双子/Splinter Twin(ROE)》をつけようとするヴィーガーズマ。ウィルソンが生き残るためには除去が必要だ。《湿地の干潟/Marsh Flats(ZEN)》を使い、《流刑への道/Path to Exile(CON)》しようとするが、ヴィーガーズマは《払拭/Dispel(WWK)》を使ってコンボを守り、勝利した。

イェルガー・ヴィーガーズマがジェイコブ・ウィルソンを2-1で破って準決勝へ進む!

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:Antonio Del Moral Leon(スペイン) vs. Lee Shi Tian(香港) | 次の記事: 【戦略記事】 積み重ねの頂に
プロツアー『運命再編』 一覧に戻る