マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第5回戦:Seth Manfield(アメリカ) vs. 川崎 慧太(日本)

【観戦記事】 第5回戦:Seth Manfield(アメリカ) vs. 川崎 慧太(日本)

By 矢吹 哲也

 川崎 慧太の3度目のプロツアーは、好調な滑り出しだった。

 ドラフト・ラウンド3戦全勝で迎えた構築ラウンド、川崎はもうひとつ勝利を重ね、全勝を維持。そしてこの第5回戦、フィーチャーマッチエリアへと招待された。対面に座るのは、2015年の世界王者、セス・マンフィールド/Seth Manfieldだ。今季のプラチナ・レベルも確定させているマンフィールドは、プロツアー・トップ8入賞2回という自身の成績をさらに伸ばすため、そしてもう一度「世界王者」の称号を懸けた戦いの舞台に立つため、今大会でもここまで全勝とその実力を遺憾なく発揮している。

それぞれのデッキ

 マンフィールドの武器は、今大会の最大勢力となった《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins(HOU)》入りの「赤単」。直接火力の弱体化が叫ばれて久しい赤の高速アグロ戦略だが、「ブロック封じ」の効果を駆使した形に姿を変えて今大会で多くの人気を集めるに至った。また《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins(HOU)》と《陽焼けした砂漠/Sunscorched Desert(AKH)》という土地によるダメージ源が投入されたことで、素早い攻勢を繰り出して残ったライフを削り切れるようになり、その速さは「赤単」にふさわしいものに仕上がっている。

 その「赤単」を意識して迎え撃つ側に回ったのが、川崎だった。彼が選択した「スゥルタイ『昂揚』」には、軽量除去と《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》のような優れたブロッカーが多く搭載されている。この試合は、マンフィールドの烈火のごとき攻撃を川崎がさばき切れるかどうかが焦点となるだろう。

r5_manfield_kawasaki.jpg
川崎 慧太(写真右)の前に大きな壁となり立ちはだかるセス・マンフィールド(同左)。川崎は世界王者を破り、目標への歩みを進めることができるか。

セス・マンフィールド(ラムナプ・レッド) vs. 川崎 慧太(スゥルタイ「昂揚」)

 先手の川崎が2ターン目に《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》を繰り出すと、マンフィールドが《削剥/Abrade(HOU)》でそれを除去する立ち上がり。マンフィールドは続くターンも《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》、《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》と素早い展開で攻撃。しかし川崎は《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》を《致命的な一押し/Fatal Push(AER)》で除去すると、迎えたターンに《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》を繰り出し、[+1]能力で《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》の方も墓地へ送った。

 マンフィールドは《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》の攻撃と《ショック/Shock(AER)》で《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》を退場させたが、川崎は《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》による固い防御を見せた。それでもマンフィールドは《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent(AKH)》を盤面に加えて攻め手の供給を続けると、次のターンには《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を「永遠」し、《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》の「督励」も駆使して川崎のライフを攻める。

 《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald(SOI)》で《スカラベの神/The Scarab God(HOU)》を手に入れた川崎は、続くマンフィールドの攻撃で残りライフを7点とされながらも反撃。これでマンフィールドのライフも残りひと桁に落ち込む。

 その上で繰り出された《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk(KLD)》が、危うく揺れていた天秤を川崎の側に傾けたのだった。

r5_kawasaki.jpg
序盤に繰り出されるクリーチャーへ除去で対応し、サイズに勝る中~大型クリーチャーで制圧する理想的な展開を見せた川崎。

 第2ゲームは、先手のマンフィールドが2枚の《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》で川崎を急襲。川崎も頼れる《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》で受けて立ったものの、《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》の「督励」でブロックを封じられ、早くも残りライフ12点となる。

 《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》を盤面に加えて守る川崎に対し、マンフィールドは《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》を呼び出す。[-3]能力で川崎の《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》を除去し、《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》の「督励」が明ける次のターンに備える。

 川崎は《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》へ反撃。《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》のチャンプ・ブロックでこれを防いだマンフィールドだが、川崎はX=2の《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》でもう1体の《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》と《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》を退場させることにも成功した。

 さらに《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》を盤面に加え、反撃の体勢を整える川崎――しかしマンフィールドが迎えたターンに《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》を繰り出すと、2体の「督励」によって川崎の防御は完全に崩れ、残りライフも一気に0へ叩き落されることになった。

r5_manfield.jpg
マンフィールドの赤の軍勢は、堅固に築かれた防御をも突き通す。

 第3ゲーム、再び先攻を得た川崎だが、初手に土地の姿が見えずマリガンを選択。ライブラリーをシャッフルしながら「Keep?」とマンフィールドへ問いかけると、彼は静かに頷いた。

 6枚の手札をキープした川崎は、2ターン目《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》で攻め込んで来たマンフィールドに対して《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》で対抗。マンフィールドが《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》を追加して攻撃に向かうと(「督励」はなし)、《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》をブロックしつつ《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を撃墜する。

 川崎はX=2の《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》でさらなる攻撃を凌いだが、マンフィールドの展開は止まらない。《ファルケンラスの過食者/Falkenrath Gorger(SOI)》から《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》、《損魂魔道士/Soul-Scar Mage(AKH)》と次々に盤面へ加えていく。それでも川崎が繰り出した《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》は、マンフィールドが操る地上の軍勢を食い止めるのに十分......なはずだった。

 マンフィールドは《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》から生み出した追加のマナも消費して、《集団的抵抗/Collective Defiance(EMN)》の全モードを放った。(《損魂魔道士/Soul-Scar Mage(AKH)》の効果により)《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow(EMN)》へ-1/-1カウンターを4個置きつつ、本体にも3点ダメージ。さらに川崎の手札は入れ替わり、《不帰+回帰/Never+Return(AKH)》が墓地へ落とされる。

 川崎の蜘蛛・トークンたちが反撃し、《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》の忠誠度は残り4に。しかしマンフィールドは《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent(AKH)》を引き込み、攻撃側としての立場を取り戻した。そして次のターン、《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》が戦場上空を舞うと、再び川崎のライフは一挙に取り去られたのだった。

マンフィールド 2-1 川崎

前の記事: 【トピック】 地域別プロに聞いてみた!プロツアー『破滅の刻』に向けてのコンディション調整法は!? | 次の記事: 【観戦記事】 第7回戦:覚前 輝也(日本) vs. Sam Black(アメリカ)
プロツアー『破滅の刻』 一覧に戻る