マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 プロツアー『破滅の刻』 2日目スタンダード・メタゲーム・ブレイクダウン

【戦略記事】 プロツアー『破滅の刻』 2日目スタンダード・メタゲーム・ブレイクダウン

chapman.jpg

Chapman Sim / Tr. Keiichi Kawazoe / TSV Yusuke Yoshikawa

2017年7月29日

原文はこちら

 463名のプレイヤーが京都に集ったこのプロツアー『破滅の刻』だったが、初日で4勝4敗以上の成績を残せたのは288名であった。つまり、メタゲームを語る上でのベンチマークとして使われる2日目進出率のラインは62.2%ということになる。初日のメタゲーム・ブレイクダウンと今日のものを比較することで、どのデッキが平均を超えたのか、一方どのデッキが振るわなかったかを見てみよう。

アーキタイプ初日使用者数2日目使用者数2日目進出率
黒赤アグロ7685.7%
黒緑「巻きつき蛇」453577.8%
ラムナプ・レッド1158473.0%
黒単ゾンビ533667.9%
青赤コントロール291965.5%
ティムール・エネルギー171164.7%
赤緑ランプ241562.5%
マルドゥ機体332060.6%
ティムール現出7457.1%
白青ギフト181055.6%
赤緑打撃体9555.6%
白青フラッシュ6350.0%
赤単エルドラージ4250.0%
青黒ゾンビ9444.4%
黒赤ミッドレンジ16743.8%
白青モニュメント17741.2%
その他542037.0%

 上位5つのアーキタイプに着目してみよう。「黒緑『巻きつき蛇』」はこの62.2%という数字を大きく上回る、77.8%という最高の進出率を記録した。《巻きつき蛇/Winding Constrictor(AER)》を中心とした戦略は、有力なプレイヤーが使用したことで、スタンダードの鍵となるアーキタイプの座に残ったのだ。

 2番目に高い進出率を記録したのは「ラムナプ・レッド」で、73.0%が二日目に進出した。《ファルケンラスの過食者/Falkenrath Gorger(SOI)》、《村の伝書士/Village Messenger(SOI)》、そして《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を駆った115名のプレイヤーのうち、なんと84名が2日目に進出し、今日も数多く見かけることとなっている。今日においては、昨日の24.8%をも上回る、全体の29.1%を占めていることを考えれば、トップ8に複数名を送り出すというのも十分ありうる話だろう。さらにこのデータを解釈してみると、プレイヤー視点ではこの2日間で「ラプナプ・レッド」と複数回対戦する可能性が高いということでもある。

 「黒単ゾンビ」は3番目の進出率、67.9%と平均進出率62.2%に近い数字を記録した。加えて4人が「青黒ゾンビ」で勝ち進んだことを考えると、2日目には40人のゾンビデッキが進出したこととなり、これは依然として大きな位置を占めていると言えよう。《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》と《無情な死者/Relentless Dead(SOI)》のように、復讐を遂げるべく戻ってくることだろう。

 興味深いことに、4位・5位を見てみると「青赤コントロール」が「マルドゥ機体」をほんのわずかに上回る進出率となった。この半年間で《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar(KLD)》と《キランの真意号/Heart of Kiran(AER)》を擁するデッキが《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk(KLD)》に対して優位になっていたことを考えると、これは命運が逆転したといえるだろう。言葉を変えれば、メタゲームが依然として流動的であり、どのデッキも永遠に優位を保つことなどできないということでもある。

 驚くべきことに、「黒赤アグロ」を選択した7名のうち6名が2日目に進出した。「ラムナプ・レッド」に似たゲーム・プランだが、砂漠パッケージの代わりに《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》、《アムムトの永遠衆/Ammit Eternal(HOU)》、《木端+微塵/Cut+Ribbons(AKH)》、そして《無許可の分解/Unlicensed Disintegration(KLD)》といったカードを取った形である。サンプルの数自体が少ないため単純に判断することは公平ではないだろうが、85.7%という数字は十分に印象的な数字である。

 しかしながら、昨日時点でまだ54ものデッキが使用者が3人以下の「その他」として分類されていた。そのうち翌日に進出したのは20名のみである。皆さんにより徹底した全体像を提供するために、詳細な内訳を見てみよう。

アーキタイプ初日使用者数2日目使用者数2日目進出率
黒緑儀式3266.7%
黒緑昂揚22100.0%
黒緑打撃体22100.0%
白単エルドラージ22100.0%
白ウィニー22100.0%
マルドゥ・プレインズウォーカー3133.3%
4色機体2150.0%
ジェスカイ・ギフト2150.0%
マルドゥ・コントロール2150.0%
黒単エルドラージ2150.0%
赤白アグロ2150.0%
スゥルタイ現出2150.0%
青黒ギフト11100.0%
ティムール打撃体11100.0%
白黒ミッドレンジ11100.0%
青黒リアニメイト200.0%
青赤エルドラージ200.0%
青赤果敢200.0%
ジェスカイ・コントロール200.0%
緑単エルドラージ・ランプ200.0%
白単モニュメント200.0%
白黒コントロール200.0%
白青コントロール200.0%
アブザン昂揚100.0%
バント・ギフト100.0%
黒赤ゾンビ100.0%
エスパー機体100.0%
グリクシス・コントロール100.0%
ジェスカイ機体100.0%
マルドゥアグロ100.0%
赤単「差し迫る破滅」100.0%
赤緑エネルギー100.0%
合計5420 

 構築ラウンドは残すところ5回戦、空気が熱を帯びる中で注目は構築マスター争いに向けられつつある。向こう数か月のメタゲームは、トップ8にどのデッキが残ったかによって形作られるだろう。

前の記事: 【トピック】 プロツアー『破滅の刻』ヘッドジャッジ、ジェフ・モロウ | 次の記事: 【トピック】 ドラフト・マスターへの最終行程と勝利者インタビュー
プロツアー『破滅の刻』 一覧に戻る