マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第12回戦:諸藤 拓馬(日本) vs. 佐々部 悠介(日本)

【観戦記事】 第12回戦:諸藤 拓馬(日本) vs. 佐々部 悠介(日本)

By Masashi Koyama


諸藤 拓馬 vs. 佐々部 悠介

 プロツアー2日目も残り5ラウンド。

 ドラフトを終え、トップ8への希望を繋いでいる上位卓のプレイヤーが席に着くと、雰囲気は一層厳しいものになる。

 プロツアーサンデーという誰もが夢見る舞台がちらつきだしては、トッププレイヤーと言えどナーバスにならざるを得ないのだろう。誰もが口を閉ざし、黙々とシャッフルを行い、来るべきラウンドへ静かに心を整えている。

 そんな中、筆者(小山)が2敗ラインで戦う日本人対決のテーブルに向かうと「え?(この対戦のライターは)矢吹さんじゃないの!?」と、厳しい雰囲気とはほど遠い明るい声が聞こえてきた。

 声の主は諸藤拓馬。日本が制した世界選手権2005国別対抗戦日本チームキャプテンにして、グランプリ・神戸2015チャンピオンだ。

 聞けばカバレージライターの矢吹哲也が執筆したマッチでは無敗であるとのことで、少し残念そうな諸藤。

 お互いのデッキの情報は互いに知っているらしく、諸藤は今大会を席巻している《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins(HOU)》入り赤単、佐々部はその赤単に強い《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》入りゾンビを使用しているとのことで「(佐々部のデッキが)赤単絶対殺すマンなんで負けますけど本当にいいんですか?」と筆者に語りかけると佐々部も思わず「いや、まだ始まってないですから(笑)」と思わず吹き出しながら応じる。

 そうやって諸藤が筆者や佐々部に屈託のない笑顔で話しかけ、佐々部もにこやかに反応する。

 諸藤、佐々部、筆者の3人が笑顔で、プロツアー12回戦開始のアナウンスが響き渡った。

ゲーム1

 諸藤が「これくらいやらなくちゃいけないのか~?」と土地が1枚の手札を悩みながらマリガンすると佐々部もおつきあい。

 結果、互いにワンマリガンでキープし、諸藤が《ファルケンラスの過食者/Falkenrath Gorger(SOI)》から《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》を走らせ、佐々部が《ファルケンラスの過食者/Falkenrath Gorger(SOI)》に《致命的な一押し/Fatal Push(AER)》を合わせる。諸藤はこのタイミングで《撃砕確約/Built to Smash(KLD)》で《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》に打ち込み、佐々部のライフは14に。


諸藤はいつだって笑顔でマジックをプレイする

 佐々部は《闇の救済/Dark Salvation(EMN)》をX=1で唱え《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》を除去。さらに諸藤が勢い良く送り出した《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent(AKH)》も《闇の掌握/Grasp of Darkness(OGW)》で葬り、佐々部が諸藤の攻勢を捌いていく。

 なんとかダメージを重ねたい諸藤だが、《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》はX=2の《闇の救済/Dark Salvation(EMN)》で除去され、さらに佐々部は《戦墓の巨人/Diregraf Colossus(SOI)》と《墓所破り/Cryptbreaker(EMN)》《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》を追加し、逆に盤面上で諸藤を追い詰める。

 諸藤はせめてもの抵抗にと、《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》を走らせるも、《無情な死者/Relentless Dead(SOI)》まで追加されると「全然ダメですわ」と諸藤は畳んだ。

諸藤 0-1 佐々部


ゲーム2

 諸藤が《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》、佐々部が《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》とお互いに1ターン目からアクションを起こす立ち上がり。

 諸藤が《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》でクロックを追加し猛然と攻勢に打って出ると、佐々部は《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》を立て、土地を2枚起こしてエンド。

 諸藤は《削剥/Abrade(HOU)》で《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》を除去し、2体目の《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》を追加して攻勢を継続する。

 が、佐々部は《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を《闇の掌握/Grasp of Darkness(OGW)》、さらに返すターン《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》で《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》の片割れを除去し、諸藤の脅威が次々と戦場から去っていく。

 諸藤はこの《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》へアタックを仕掛けるべきが悩むが、「そんなことをしてる場合じゃない」と佐々部本体へダメージを重ねる。しかし佐々部は《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》と《戦墓の巨人/Diregraf Colossus(SOI)》をプレイし、諸藤を追い詰めていく。

 諸藤は忠誠度が5となった《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》に対し、《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》で《戦墓の巨人/Diregraf Colossus(SOI)》を除去しつつ、《陽焼けした砂漠/Sunscorched Desert(AKH)》との合わせ技で《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》も葬り去る。


佐々部悠介は優位を築く

 ......が《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》を《闇の掌握/Grasp of Darkness(OGW)》で失うと、佐々部は《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》を回収。

 諸藤は《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》と《陽焼けした砂漠/Sunscorched Desert(AKH)》で佐々部のライフを9まで落とし込み、さらに《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》でライフ7。

 続く佐々部のゾンビ・トークンと《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》たちの攻撃で《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance(KLD)》を失うものの、「永遠」で《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を蘇らせ、最後のひと押しを試みる......が、佐々部の手札からは《致命的な一押し/Fatal Push(AER)》。《墓所破り/Cryptbreaker(EMN)》まで追加され、完全に趨勢は決した。

 諸藤は《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》を立ててなんとかライフを残そうとするが、そのまま佐々部のゾンビ軍団に飲み込まれてしまった。

諸藤 0-2 佐々部

佐々部 悠介が勝利し2敗をキープ!

 試合後、諸藤が佐々部を激励する。

諸藤「トップ8目指してがんばって下さい!」

佐々部「いやいや、そちらも目があるじゃないですか(笑)」

 と試合後も楽しそうに雑談を続けるふたり。そうこうしているうちに、諸藤が「遊んでもらってもいいですか?」と佐々部にフリープレイを申し込み、佐々部も快く了承。

 いつの間にやら諸藤の泣きの3本目が開始された。


エクストラゲーム

諸藤「先手もらっていいですか?」

 泣きの諸藤が先手を勝ち取り、そのまま《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》から《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》というグッドスタート。

 マリガンした佐々部は2枚の《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》から《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》を《闇の救済/Dark Salvation(EMN)》で落とすが、諸藤は《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》を《焼夷流/Incendiary Flow(EMN)》で焼くがっぷり四つの展開。。

 諸藤はさらに佐々部が追加した《戦墓の巨人/Diregraf Colossus(SOI)》は《ショック/Shock(M14)》で落とし、返すターンに《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent(AKH)》を走らせる!

 佐々部は《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》を召喚するものの、諸藤は《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent(AKH)》《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra(HOU)》に加え、《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher(AKH)》を追加しで10点クロックを突きつける。

 佐々部は《戦慄の放浪者/Dread Wanderer(AKH)》を《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》の生け贄に捧げライフ回復量を増幅させるものの、残った12点のライフはピッタリ削りきられてしまう計算だった。

諸藤 エクストラゲームを勝利!

前の記事: 【トピック】 ドラフト・マスターへの最終行程と勝利者インタビュー | 次の記事: 【英語記事】 Deck Tech with Sebastian Pozzo: Ramunap Red
プロツアー『破滅の刻』 一覧に戻る