マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第14回戦:統率の取れた突撃、再び Stanislav Cifka(チェコ) vs. Paul Rietzl(アメリカ)

【観戦記事】 第14回戦:統率の取れた突撃、再び
Stanislav Cifka(チェコ) vs. Paul Rietzl(アメリカ)

authorpic_adamstyborski.jpg

Adam Styborski / Tr. Takuya Masuyama

2014年5月17日

原文はこちら

スタニスラフ・ツィフカ/Stanislav Cifka(世界ランキング14位・赤白「英雄的」) vs. ポール・リーツェル/Paul Rietzl(世界ランキング19位・青黒緑コントロール)

 フィーチャー・マッチ・エリアから戻ってくるプレイヤーはほとんどの場合落ち着き払って冷静だ。今回の場合はそうではないようだが。

「完璧な攻撃だった。カードを5枚引いて、そしてやられた。瞬殺だ。」

「俺は後から引いてくることができた。そしてきっちり使い切った。それしか方法はなかった。」

 と、フィーチャー・マッチ・エリアから戻ってきたがラウンドの前とは違った様子で、世界ランキング19位のポール・リーツェル/Paul Rietzlは語った。伝説の殿堂プレイヤー、ジョン・フィンケル/Jon Finkelと前のマッチで引き分け、リーツェルにはもう後がなくなった。プロツアーのトップ8に残るためには負けはもちろんのこと、もう引き分けも許されなくなったのだ。両方のプレイヤーがよく似た黒青緑のコントロールデッキをプレイし、双方の所属する強力なチームが皆同じものを持ち込んだとすれば、それは頻繁に起こることだった。フィンケルとリーツェルがプレイした以外にも、同じラウンドに2つの黒青緑コントロールのミラーマッチが起こっていたのだ。

 もう一方、世界ランキング14位でありプロツアー『ラヴニカへの回帰』優勝者のスタニスラフ・ツィフカ/Stanislav Cifkaは引き分けても大丈夫だが、プロツアーのトップ8を確定させる絶好のチャンスのために残るマッチを全勝することを強く望んでいた。強力でアグレッシブな高速の赤白デッキをプレイしていることはひとつを意味していた。最初の数ターンで決定的な数の軍勢を展開するツィフカの絶好のチャンスこそ、リーツェルの最悪の恐怖であることを。

r14_cifka_rietzl.jpg
世界ランキング14位のスタニスラフ・ツィフカと19位のポール・リーツェルの両雄は、トップ8争いに残るためにどちらも勝利を求める。

 敗北に結びついたのは、リーツェルにとって避け難い《統率の取れた突撃/Coordinated Assault》だ。

ゲーム

 ツィフカは1、2ターン目に連続で痛い《マナの合流点/Mana Confluence》を置いたが、間違いなくこれが彼にとってのベストだった。彼の猛烈なデッキが全ての呪文とクリーチャーを投げつけることを保証するのはリーツェルを蹂躙する絶好のチャンスだ。《アクロスの十字軍/Akroan Crusader》、《ドラゴンのマントル/Dragon Mantle》、そして《統率の取れた突撃/Coordinated Assault》は速やかに脅威を与え始めた。

「マナ出してもダメージ食らわないの? ずるくない?」と、リーツェルはツィフカが3枚めの土地として《凱旋の神殿/Temple of Triumph》を置いたときに言った。だが、ツィフカがダメージを受けることはリーツェルにとっては関係のないことだった。

 まず《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》が落とされた。続いてリーツェルは一撃で8点のダメージを受け、ライフは12点にまで落ち込んだ。《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx》はコントロールデッキのブロッカーの1つだが、向こう側には4体のクリーチャーが座っていた。トークンがブロックされてツィフカはリーツェルのライフを5にし、2枚目のスフィンクスは《ドラゴンのマントル/Dragon Mantle》のついた《アクロスの十字軍/Akroan Crusader》へのブロッカーの数を2倍にした。《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》が落ちた飛行クリーチャーと入れ替わった。

r14_rietzl.jpg
リーツェルは対戦相手のアグレッシブなドローに食い下がろうと試みる。

 しかしツィフカは《神々の思し召し/Gods Willing》と《パーフォロスの試練/Ordeal of Purphoros》で《サテュロスの重装歩兵/Satyr Hoplite》の能力を誘発させて攻撃し、リーツェルのライフを1にした。もうこれで決まりだった。

「OK、君の勝ちだ」リーツェルは自分のターンにカードを引いた後にこう言った。

「《マナの合流点/Mana Confluence》は相手にクリーチャーがいないときはかなり強いな。やりたい放題できる。」リーツェルは2ゲーム目に向けてシャッフルをしながら言った。

「ああ。どっちも持ってないのには驚いた。」ツィフカはリーツェルの向かいで答えた。

「でも俺にとっては簡単なことだ。俺は毎ターン一番重い呪文を唱えていった。ただクリーチャーを持ってなかっただけだ。」

 《密集軍の指揮者/Phalanx Leader》がツィフカの2ゲーム目の初動だったが、他のクリーチャーがアグレッシブなスタートのためにそれに加わることはなかった。しかしリーツェルは《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》の助けを借りて《荒ぶる波濤、キオーラ/Kiora, the Crashing Wave》で土地を伸ばしてライフを得て、その行動を次のターンに《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx》を出す前に繰り返して2マナを残した。

r14_cifka.jpg
ツィフカは対戦相手のコントロールの開始を乗り越える計画を練る。

 これはわずか4ターン目のことであり、そして事態はコントロールに有利に見えた。

 しかしツィフカは《ドラゴンのマントル/Dragon Mantle》と《神々の思し召し/Gods Willing》を《アクロスの十字軍/Akroan Crusader》に唱えて仕掛けてきた――《ドラゴンのマントル/Dragon Mantle》が《アクロスの十字軍/Akroan Crusader》につく前に唱えられたリーツェルの《胆汁病/Bile Blight》は《神々の思し召し/Gods Willing》で防ぎ、パワー8点分のクリーチャーと共にターンを終えた。

 リーツェルは《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx》で攻撃して占術し、《荒ぶる波濤、キオーラ/Kiora, the Crashing Wave》をプレイして能力を使ってカードを引き土地を伸ばす準備を整えた。《夢の饗宴/Feast of Dreams》で《密集軍の指揮者/Phalanx Leader》を殺そうと試みたが、もう1枚の《神々の思し召し/Gods Willing》がツィフカのクリーチャーのパワー合計を12に引き上げた。

 そして《船団の出航/Launch the Fleet》がツィフカの軍勢をさらに巨大なものに作り上げた。

 リーツェルは1/1兵士を1体ブロックしたが、その後《統率の取れた突撃/Coordinated Assault》が別々の《密集軍の指揮者/Phalanx Leader》を対象に取って、彼が開始時より増やしていたライフは一撃で完全に奪い去られた。リーツェルは握手を求めて手を伸ばした。

「この後のご武運を」ツィフカは言った。

「ありがとう。そちらも」リーツェルは応じてこの週末の最後となるフィーチャー・マッチ・エリアを後にした。

ツィフカ 2-0 リーツェル
ポール・リーツェルの青黒緑コントロール
プロツアー『ニクスへの旅』 / 『テーロス』ブロック構築
5 《森》
5 《沼》
4 《欺瞞の神殿》
4 《疾病の神殿》
4 《神秘の神殿》
1 《島》
1 《マナの合流点》

-土地(24)-

4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《予知するスフィンクス》

-クリーチャー(12)-
4 《思考囲い》
2 《胆汁病》
2 《霊気のほころび》
4 《悪夢の織り手、アショク》
4 《英雄の破滅》
1 《解消》
4 《荒ぶる波濤、キオーラ》
3 《信者の沈黙》

-呪文(24)-
1 《闇の裏切り》
2 《夢の饗宴》
2 《反論》
1 《胆汁病》
1 《霧裂きのハイドラ》
3 《悲哀まみれ》
1 《解消》
1 《骨読み》
1 《死者の神、エレボス》
1 《信者の沈黙》
1 《精神的な介入》

-サイドボード(15)-
スタニスラフ・ツィフカの赤白「英雄的」
プロツアー『ニクスへの旅』 / 『テーロス』ブロック構築
6 《山》
6 《平地》
4 《マナの合流点》
4 《凱旋の神殿》

-土地(20)-

4 《アクロスの十字軍》
4 《恩寵の重装歩兵》
4 《サテュロスの重装歩兵》
4 《密集軍の指揮者》
3 《モーギスの軍用犬》
1 《イロアスの英雄》

-クリーチャー(20)-
4 《統率の取れた突撃》
4 《ドラゴンのマントル》
4 《神々の思し召し》
4 《船団の出航》
4 《パーフォロスの試練》

-呪文(20)-
4 《ラゴンナ団の先駆者》
2 《岩への繋ぎ止め》
4 《ヘリオッドの試練》
2 《槌の一撃》
1 《モーギスの軍用犬》
2 《オレスコスの王、ブリマーズ》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【英語記事】 Round 13: Mirror Master (3) Owen Turtenwald (BUG Control) vs. (7) Tom Martell (BUG Control) | 次の記事: 【戦略記事】 2日目ドラフト・ラウンド全勝リストの分析
プロツアー『ニクスへの旅』 一覧に戻る