マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準決勝:大義のために 市川 ユウキ(日本) vs. Nam Sung Wook(韓国)

【観戦記事】 準決勝:大義のために
市川 ユウキ(日本) vs. Nam Sung Wook(韓国)

authorpic_adamstyborski.jpg

Adam Styborski / Tr. Tetsuya Yabuki

2014年5月18日

原文はこちら

市川 ユウキ(赤緑エルズペス) vs. ナム・サンオク/Nam Sung Wook(白黒緑「星座」)

「負ける気がしない幸運が訪れている」と語ったアンドレア・メングッチ/Andrea Mengucciを準々決勝で打ち破り、ナム・サンオクは今日すでに、「赤緑エルズペス」をひとつ乗り越えてきた。ドロー手段や脅威を除去するカード、そして守備を担う《太陽の勇者、エルズペス》が手を組み結成した強力な「白黒緑『星座』」デッキは、この週末を通してその頼もしさを使い手のナムに証明した。準々決勝でメングッチに勝利できたのも、まさにそのおかげなのだ。

 市川 ユウキは、その選択したデッキに加えて、置かれた状況もメングッチと似たものがある。それはプロツアー予選で今大会への参加権を勝ち取り、自身初のプロツアー・トップ8入賞を果たした点だ。しかしこの新進気鋭の日本人プレイヤーは、そのままメングッチと同じ轍を踏むことはなかった――準々決勝ではあの世界ランキング2位のリード・デューク/Reid Dukeを打ち破ったのだ。「赤緑エルズペス」はポピュラーなデッキでありその大部分が知れ渡っているが、それでこのデッキの強さが緩むことはない。

sf_ichikawa_nam.jpg
市川 ユウキが選択した「赤緑エルズペス」デッキは、この週末を通してその力を見せつけてきた。しかしナム・サンオクは、準々決勝でそのデッキを破っている。再び実現なるか?

 市川の操る怪物たちは、再び前評判を覆すのだろうか?

ゲーム展開

 今大会で幾度となく見られたように「占術」が両プレイヤーの手札とマナを整え、続けてナムが《脳蛆》で市川の手札から《クルフィックスの狩猟者》を捕らえてゲームの幕が開いた。

 市川はマナ加速の助けを受けて《都市国家の破壊者》を繰り出し攻勢に出ようとするが、そこには次のターン《英雄の破滅》が合わせられる。《脳蛆》がさらに市川の手札から《嵐の息吹のドラゴン》を抜き去るが、市川はそれを取り戻し、攻撃に向かわせた。今度の攻撃は成功だ。

 《岩への繋ぎ止め》、《払拭の光》、《クルフィックスの狩猟者》、そして《脳蛆》が、お互いのパーマネントや手札の状況を知らせ、それが両プレイヤーにとって乗り越えるべき課題となった。しばしばお互いにすべての情報がわかるときもあるほどだった。

sf_ichikawa.jpg
除去や大きな脅威が飛び交い、エルズペスが何度も降り立つ中で、市川は対戦相手と全力でぶつかり合う。

 《払拭の光》が《岩への繋ぎ止め》を受けていた《脳蛆》を解き放ち、ナムは続けて《信者の沈黙》で《嵐の息吹のドラゴン》を追放した。一方、市川は2枚目の《岩への繋ぎ止め》で最初に出された《脳蛆》から《クルフィックスの狩猟者》を取り戻す。ナムの《開花の幻霊》には《払拭の光》で対処した後、市川は次のターンに待ち受ける《英雄の破滅》を受けることを知った上で《太陽の勇者、エルズペス》を繰り出し、兵団を集めにかかった。

 市川のライブラリー・トップに《英雄の導師、アジャニ》、そして2枚目の《太陽の勇者、エルズペス》が控えていることを知り、表情にかげりを見せるナム。それでもその1ターン後《責め苦の伝令》を引き込むと、瞬く間にふたりのプレインズウォーカーを捌き切り、続けて彼も《太陽の勇者、エルズペス》を送り込んだ。

 両陣営の兵士トークンが相打ちに倒れた後、戦場を埋め尽くしにかかったのはナムの方だった。市川が繰り出した最後の脅威――《都市国家の破壊者》――を3枚目の《英雄の破滅》が退場させると、デーモンに率いられた兵士の軍勢が第1ゲームの勝利を掴んだ。

 第2ゲームも同様の展開をたどった。ナムの2ターン目《脳蛆》が市川の手札を公開し、《鍛冶の神、パーフォロス》を抜き去る。この強力な神はサイド・ボードから投入されたもので、市川の操る怪物たちをサポートしてくれるカードだ。《森の女人像》や《クルフィックスの狩猟者》があるおかげで、市川は呪文をプレイするのに支障はなかった。

sf_nam.jpg
ナムのデッキはとりわけ、マナに苦しむ対戦相手を仕留めることに長けている。

 だがそれはもちろん、市川が十分な土地を引き込めればの話だ。土地が3枚で白マナに至っては《森の女人像》から生み出せるひとつのみ、という状況で、彼のライブラリー・トップに《太陽の勇者、エルズペス》が来てしまった。《開花の幻霊》はすぐに対処したものの、ナムの戦場に《太陽の勇者、エルズペス》が続く。

 ふたつ目の白マナが得られないまま市川のとれる選択肢は限られていき、やがてもう間に合わなくなる――「怪物化」した《羊毛鬣のライオン》が、ナムの軍勢を難攻不落の要塞へと変えたのだった。ナムは《太陽の勇者、エルズペス》の最終奥義への準備に注力し、市川はそこへ攻撃を通すべく力を注いだ。

 《英雄の破滅》が《都市国家の破壊者》の攻撃を遮断する。続く《太陽の勇者、エルズペス》の最終奥義は、市川の受けきれるダメージを超えていた。こうしてトップ8に残る最後の怪物たちは、ついに英雄に倒されたのだった。

sf_namhandshake.jpg
ナムの軍勢を食い止めることは叶わず、市川は右手を差し出した。
ナム・サンオクが2連勝で市川を破り、決勝へ!

前の記事: 【英語記事】 Semifinals: It's Good to Be the King Patrick Chapin (Junk Midrange) vs. (13) Josh Utter-Leyton (BUG Control) | 次の記事: 【観戦記事】 決勝:エルズペスが輝くこの一瞬に Patrick Chapin(アメリカ) vs. Nam Sung Wook(韓国)
プロツアー『ニクスへの旅』 一覧に戻る