マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第12回戦:Lee Shi Tian(香港) vs. Shaun McLaren(カナダ)

【観戦記事】 第12回戦:Lee Shi Tian(香港) vs. Shaun McLaren(カナダ)

walkinshaw.jpg

Ray "blisterguy" Walkinshaw / Tr. Tetsuya Yabuki

2014年10月11日

原文はこちら

 成功を収めたマジック・プレイヤーの経歴について話す場合、特定の結果に価値をつけるのは思った以上に難しい。香港のリー・シー・ティエン/Lee Shi Tianはグランプリ・トップ8入賞4回とプロツアー・トップ8入賞2回を記録しており、回数で言えばどちらもショーン・マクラーレン/Shaun McLarenの倍だ。しかしマクラーレンはトップ8に入ったプロツアーを優勝していて、その価値は計り知れない。

 それなら、どうやって決着をつけようか? それはもちろん、古き良きマジック:ザ・ギャザリングのゲームで決めればいい!

 マクラーレンがこのテーブルに持ち込んだのは、《道の探求者》を減らして除去を増やしたタイプの「ジェスカイ・ウィンズ」デッキ。一方のリー・シー・ティエンは、彼らが「Umbrella Revolution」と好んで呼ぶ香港のマジック・コミュニティが作り上げた、「《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy(KTK)》コンボ」デッキだ。

 デッキ・プランの複雑さという点においては、リーのプランは比較的わかりやすい。彼はコンボに必要なものを集め、そのターンの間にマクラーレンを倒してしまうことを狙っている。マクラーレンとしてはどんどんリーにプレッシャーをかけていき、準備が不十分なままコンボを始めざるを得ない状況に追い込むか、あるいはマナ・クリーチャーを盤面に残さないように除去し続け、コンボの妨害をすることが必須になるだろう。

r12_lee_mclaren.jpg
現在のスタンダードに対して、ショーン・マクラーレンはより堅実なジェスカイでアプローチしていった。一方リー・シー・ティエンは《ジェスカイの隆盛》を中心にしてジェスカイのカードを集めつつ、緑のカードにも手を伸ばす。

ゲーム展開

 リーがダイス・ロールに勝ち、2ターン目に《森の女人像》を着地させた。《森の女人像》はマクラーレンが対処するには難しいカードであり、ここからゲームを始められたことはリーにとってまさに望ましい展開だ。彼は続けて《森の女人像》に《ドラゴンのマントル》をエンチャントする、という筋書きとは少し離れた動きを見せたが、その次には《爪鳴らしの神秘家》を「変異」状態で繰り出し、少なくとも本筋に戻った。マクラーレンはリーのターンの終わりに《稲妻の一撃》で《爪鳴らしの神秘家》を除去し、それからアンタップを迎えると《ゴブリンの熟練扇動者》でパーティを開始した。

 ここでリーは妨害の心配がなくなり、彼の行動は思うがままだった。彼が取った行動は......2枚目の《ドラゴンのマントル》だ。さらに《神々との融和》が《森の女人像》をもう1枚もたらすと、彼はそれをプレイ。しかし、リーはゲームを終わらせるのに必要な《ジェスカイの隆盛》を引き込めず苦しんでいるように見えた。

 マクラーレンは《カマキリの乗り手》を繰り出し、みるみるうちに広がっていくゴブリンの軍団に加えた。この攻撃でリーのライフを9点にし、ターンを返す。

 リーはアンタップ後《苦しめる声》を唱え、《ジェスカイの隆盛》を引き込んだ。《撤回のらせん》を《森の女人像》に使うと、コンボのエンジンが始動する。1体目の《森の女人像》をタップして《ドラゴンのマントル》を手札に戻すと、2体目の《森の女人像》でマナを生み出し再び《ドラゴンのマントル》をプレイ。これでカードを1枚引けるとともに《ジェスカイの隆盛》の効果が誘発し、《森の女人像》たちはアンタップして、リーはカードを1枚引いて1枚捨てた。リーは《贈賄者の財布》を引き込むまでこの一連の動きを何度も繰り返し、今度はマナをかけずに《ジェスカイの隆盛》を誘発させられるようになると、カードの代わりにマナが溜まっていった。

 リーはマクラーレンに2枚目の《撤回のらせん》と《双つ身の炎》を見せた。これでマクラーレンのクリーチャーはすべて手札に戻り、リーは速攻を持つクリーチャーを生み出し、《ジェスカイの隆盛》によって好きなだけ強化することができるようになる。

 マクラーレンは丁寧に頷くと、カードを片付けた。

リー 1-0 マクラーレン
r12_lee.jpg
リー・シー・ティエンは《ドラゴンのマントル》を2枚戦場に繰り出す――環境はスタンダードだというのに。そして彼はゲームをもぎ取った。

「対戦相手がコンボの挙動を知っていてくれると助かるよ」一度サイドボードをメイン・デッキに混ぜ、それから15枚のカードをサイド・アウトする作業をしながら、リーは笑顔でそう言った。「昨日は何度もコンボの説明をしなきゃならなかったから」

 第2ゲームではマクラーレンが先手を取り、彼は初手をキープした。一方リーはより良い6枚を求めて手札をライブラリーに送り返したが、それを見たリーの苦しそうな様子から、改善されたかは定かではない。

 とはいえ、リーはマクラーレンの除去に対抗するための鍵となる《森の女人像》を、2ターン目に着地させる。マクラーレンは《カマキリの乗り手》を召喚し、素早く空から攻撃した。リーは3枚目の土地を置くと《弧状の稲妻》を《カマキリの乗り手》に差し向ける。マクラーレンが《カマキリの乗り手》をもう1枚繰り出すと、リーはまさかの《凶暴な拳刃》をプレイし、それに速攻を持たせた。マクラーレンは攻撃を続け、リーのライフを10点まで落とした。

 リーは《キオーラの追随者》を繰り出してターン・エンド。マクラーレンはエンド時に《ジェスカイの魔除け》の2番目の能力をリーに向けて放ち、彼のライフを6点に、さらに《マグマの噴流》で4点まで落とした。マクラーレンはアンタップ後、《カマキリの乗り手》で攻撃。リーは《撤回のらせん》を試みるが、マクラーレンは《解消》を構えていた。リーのライフは1点まで追い詰められ、続けて放たれた《マグマの噴流》が彼にとどめを刺したのだった。

 このとき、マクラーレンはサイドボードから《神々の憤怒》のようなカードを入れていたが、どうやらリーは大型のクリーチャーで攻撃するプランに変更することで、コンボに使うクリーチャーをすべて失ってしまうという問題を回避していたようだ。しかしこのゲームでは、それがうまく機能しなかった。

リー 1-1 マクラーレン

 第3ゲーム、マクラーレンは脅威となるものをほとんど引けなかったものの、その代わりリーが繰り出すクリーチャーを様々な火力で焼き尽くしていった。

r12_mclaren.jpg
ショーン・マクラーレンはリーが繰り出すものすべてをうまく処理していく。

 ついに、リーはデッキのマナ・クリーチャーのうち約半数を失った。マクラーレンがリーのライフにプレッシャーをかけられていないことは変わないものの、リーの方もコンボを始動するためのクリーチャーが尽きるかもしれないところまで来ていた。それでも、彼のデッキにはまだコンボの道は残されているように見えた。

 マクラーレンは《時を越えた探索》を唱えたが、いまだに盤面に追加できるカードが見つからない。リーは《凶暴な拳刃》を繰りだそうと試みるも、《解消》されるのを目にするだけだった。両プレイヤーとも土地をプレイしてはターンを渡すのを繰り返し、何か行動を起こせるときを待ち続けた。マクラーレンがリーのターンの終わりに《ジェスカイの魔除け》を放つと、ゲーム序盤から《マナの合流点》を積極的に使っていたリーのライフは13点まで減った。リーは《世界を喰らう者、ポルクラノス》をプレイしたものの、マクラーレンは再び《解消》で打ち消す。リーは《キオーラの追随者》を召喚し、マクラーレンは2枚目の《時を越えた探索》を唱えた。

 マクラーレンは《神々の憤怒》で盤面を空にする。リーは今一度《凶暴な拳刃》を繰り出し、今度は解決された。しかしそれは即座に《ジェスカイの魔除け》の1番目の能力でライブラリーの一番上に戻され、リーのライフは《マナの合流点》によって12点に落ち込んだ。

 そしてついにマクラーレンが動き出す。《カマキリの乗り手》2枚を繰り出し攻撃に向かわせると、リーのライフは残り6点に。リーはアンタップ後《弧状の稲妻》で《カマキリの乗り手》を1体焼き払うが、マクラーレンは手札に3枚目を持っており、続くターンで勝負は決したのだった。

リー 1-2 マクラーレン
Shaun McLaren
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《溢れかえる岸辺》
4 《神秘の僧院》
4 《天啓の神殿》
4 《凱旋の神殿》
3 《山》
2 《島》
2 《シヴの浅瀬》
1 《戦場の鍛冶場》
1 《平地》

-土地(25)-

1 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》

-クリーチャー(9)-
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
4 《ジェスカイの魔除け》
2 《神々の憤怒》
2 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》
4 《時を越えた探索》

-呪文(26)-
2 《消去》
2 《否認》
1 《軽蔑的な一撃》
1 《ファイレクシアの破棄者》
3 《解消》
2 《神々の憤怒》
2 《対立の終結》
2 《嵐の神、ケラノス》

-サイドボード(15)-
Lee Shi Tian
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《マナの合流点》
2 《溢れかえる岸辺》
2 《開拓地の野営地》
2 《奔放の神殿》
2 《神秘の神殿》
2 《豊潤の神殿》
2 《樹木茂る山麓》
2 《ヤヴィマヤの沿岸》
1 《森》
1 《島》
1 《山》
1 《平地》

-土地(22)-

4 《爪鳴らしの神秘家》
4 《森の女人像》
3 《キオーラの追随者》

-クリーチャー(11)-
4 《ドラゴンのマントル》
4 《撤回のらせん》
2 《贈賄者の財布》
4 《神々との融和》
3 《苦しめる声》
2 《双つ身の炎》
4 《ジェスカイの隆盛》
1 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
3 《時を越えた探索》

-呪文(27)-
3 《白鳥の歌》
3 《稲妻の一撃》
4 《凶暴な拳刃》
3 《弧状の稲妻》
2 《世界を喰らう者、ポルクラノス》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【戦略記事】 ドラフト全勝者たち | 次の記事: 【英語記事】 Round 13: Ivan Floch vs. Brad Nelson
プロツアー『タルキール覇王譚』 一覧に戻る