マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

プロツアー『タルキール覇王譚』 成績優秀者デッキリスト(スタンダード)

プロツアー『タルキール覇王譚』 成績優秀者デッキリスト(スタンダード)

Wizards of the Coast / Tr. mtg-jp.com staff

2014年10月12日

原文はこちら その1その2

 以下は、プロツアー『タルキール覇王譚』のスタンダード構築10回戦で21点(7勝)以上の成績を記録したプレイヤーのデッキリストです。各デッキリストの前に、デッキの動きについての簡単な説明を掲載しています。

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Marco Cammilluzzi
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《天啓の神殿》
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《山》
3 《平地》
2 《神秘の僧院》
2 《シヴの浅瀬》
1 《島》

-土地(25)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》
3 《灰雲のフェニックス》

-クリーチャー(15)-
4 《稲妻の一撃》
3 《マグマの噴流》
3 《停止の場》
4 《ジェスカイの魔除け》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》

-呪文(20)-
2 《マグマのしぶき》
1 《消去》
3 《軽蔑的な一撃》
2 《否認》
3 《対立の終結》
2 《嵐の神、ケラノス》
2 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

ティムール・モンスターズ

 マナ加速を用い、このフォーマットで最大級、最上級に恐ろしいクリーチャーを素早く送り出すデッキです。

Pedro Carvalho
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《森》
4 《開拓地の野営地》
4 《樹木茂る山麓》
4 《ヤヴィマヤの沿岸》
3 《マナの合流点》
3 《山》
1 《シヴの浅瀬》
1 《天啓の神殿》

-土地(24)-

4 《エルフの神秘家》
4 《荒野の後継者》
3 《爪鳴らしの神秘家》
4 《加護のサテュロス》
4 《凶暴な拳刃》
4 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
1 《灰雲のフェニックス》
2 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(26)-
4 《火口の爪》
3 《稲妻の一撃》
3 《ティムールの魔除け》

-呪文(10)-
4 《頑固な否認》
3 《狩人狩り》
1 《マグマのしぶき》
2 《破壊的な享楽》
1 《稲妻の一撃》
1 《スズメバチの巣》
1 《ティムールの隆盛》
2 《龍爪のスーラク》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Justin Cheung
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《シヴの浅瀬》
3 《啓蒙の神殿》
3 《天啓の神殿》
2 《島》
2 《山》
2 《平地》

-土地(25)-

4 《カマキリの乗り手》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》

-クリーチャー(7)-
4 《稲妻の一撃》
2 《軽蔑的な一撃》
1 《マグマの噴流》
1 《停止の場》
3 《ジェスカイの魔除け》
2 《神々の憤怒》
2 《払拭の光》
3 《蒸気占い》
3 《対立の終結》
3 《龍語りのサルカン》
2 《太陽の勇者、エルズペス》
2 《時を越えた探索》

-呪文(28)-
2 《マグマのしぶき》
1 《消去》
2 《軽蔑的な一撃》
2 《否認》
1 《跳ね返す掌》
2 《神々の憤怒》
1 《かき立てる炎》
1 《対立の終結》
1 《嵐の神、ケラノス》
1 《悟った達人、ナーセット》
1 《毅然たる大天使》

-サイドボード(15)-

青黒コントロール

 純粋なコントロール戦略を採るこの2色デッキは、対戦相手の脅威をすべて1対1交換で除去し、その後《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》と《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity(M15)》でリードすることを目論んでいます。《危険な櫃/Perilous Vault(M15)》が大量除去として採用されており、盤面をほぼ一掃してこのコントロールを使うプレイヤーに有利を与えてくれます。

Andrew Cuneo
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
6 《島》
5 《沼》
4 《陰鬱な僻地》
4 《汚染された三角州》
4 《欺瞞の神殿》
1 《血染めのぬかるみ》
1 《進化する未開地》
1 《光輝の泉》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(27)-

2 《真珠湖の古きもの》

-クリーチャー(2)-
3 《思考囲い》
4 《胆汁病》
2 《軽蔑的な一撃》
4 《解消》
4 《英雄の破滅》
4 《危険な櫃》
3 《ジェイスの創意》
2 《残忍な切断》
1 《霊気渦竜巻》
4 《時を越えた探索》

-呪文(31)-
1 《思考囲い》
3 《否認》
2 《ファリカの療法》
1 《軽蔑的な一撃》
4 《悲哀まみれ》
4 《ジョルベイの闇潜み》

-サイドボード(15)-

マルドゥ・プレインズウォーカーズ

 このミッドレンジ・デッキは、その価値のほとんどをプレインズウォーカーから得ています。一連の除去呪文や妨害手段を用いて、プレインズウォーカーが動き出すまで対戦相手のバランスを崩していきます。

Pierre Dagen
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《血染めのぬかるみ》
4 《山》
4 《静寂の神殿》
3 《進化する未開地》
3 《遊牧民の前哨地》
3 《凱旋の神殿》
2 《戦場の鍛冶場》
2 《平地》
1 《コイロスの洞窟》
1 《沼》

-土地(27)-


-クリーチャー(0)-
4 《岩への繋ぎ止め》
2 《思考囲い》
4 《稲妻の一撃》
1 《苦しめる声》
4 《はじける破滅》
4 《マルドゥの魔除け》
2 《神々の憤怒》
1 《払拭の光》
4 《紅蓮の達人チャンドラ》
1 《完全なる終わり》
2 《対立の終結》
1 《龍語りのサルカン》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(33)-
2 《思考囲い》
4 《ニクス毛の雄羊》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》
2 《骨読み》
1 《神々の憤怒》
1 《対立の終結》
1 《龍語りのサルカン》
1 《毅然たる大天使》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Leonardo De Castro
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《ラノワールの荒原》
4 《砂草原の城塞》
4 《吹きさらしの荒野》
3 《森》
2 《平地》
2 《疾病の神殿》
2 《静寂の神殿》
1 《コイロスの洞窟》
1 《マナの合流点》
1 《沼》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(25)-

4 《羊毛鬣のライオン》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
1 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
4 《包囲サイ》
4 《風番いのロック》

-クリーチャー(21)-
1 《思考囲い》
2 《胆汁病》
4 《英雄の破滅》
3 《アブザンの魔除け》
1 《悲哀まみれ》
2 《真面目な訪問者、ソリン》
1 《エレボスの鞭》

-呪文(14)-
3 《思考囲い》
1 《消去》
1 《自然に帰れ》
1 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
1 《エレボスの代行者》
1 《完全なる終わり》
4 《対立の終結》
1 《精神染み》
2 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

青黒コントロール

 純粋なコントロール戦略を採るこの2色デッキは、対戦相手の脅威をすべて1対1交換で除去し、その後《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》と《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity(M15)》でリードすることを目論んでいます。

Ivan Floch
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《陰鬱な僻地》
4 《島》
4 《汚染された三角州》
4 《沼》
4 《欺瞞の神殿》
2 《血染めのぬかるみ》
2 《溢れかえる岸辺》
1 《疾病の神殿》
1 《神秘の神殿》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(27)-

4 《予知するスフィンクス》

-クリーチャー(4)-
4 《蔑み》
2 《思考囲い》
4 《軽蔑的な一撃》
3 《胆汁病》
4 《解消》
4 《英雄の破滅》
2 《悲哀まみれ》
2 《信者の沈黙》
4 《時を越えた探索》

-呪文(29)-
1 《思考囲い》
2 《否認》
2 《蘇りし者の密集軍》
1 《胆汁病》
1 《ファリカの療法》
2 《悲哀まみれ》
3 《賢いなりすまし》
1 《信者の沈黙》
1 《漂流》
1 《真珠湖の古きもの》

-サイドボード(15)-

ジェスカイの隆盛・コンボ

 このフォーマットで真のコンボデッキと言える唯一の存在で、その名を冠している《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy(KTK)》とマナを生み出すクリーチャーでデッキを回し、呪文を次々に唱えて、超巨大なクリーチャーで攻撃、《群の祭壇/Altar of the Brood(KTK)》でデッキを吹き飛ばす、などさまざまな方法で最終的に勝利を得ます。《撤回のらせん/Retraction Helix(BNG)》と0マナで唱えられる呪文が、好きなだけ繰り返せるコンボを生み出すのです。

Eric Froehlich
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《開拓地の野営地》
4 《マナの合流点》
4 《吹きさらしの荒野》
4 《ヤヴィマヤの沿岸》
1 《溢れかえる岸辺》
1 《森》
1 《島》
1 《平地》
1 《シヴの浅瀬》

-土地(21)-

4 《爪鳴らしの神秘家》
4 《森の女人像》
2 《サテュロスの道探し》
2 《旅するサテュロス》

-クリーチャー(12)-
4 《撤回のらせん》
1 《群の祭壇》
1 《白鳥の歌》
4 《神々との融和》
3 《テイガムの策謀》
4 《霊体のヤギ角》
4 《ジェスカイの隆盛》
4 《時を越えた探索》
2 《宝船の巡航》

-呪文(27)-
3 《白鳥の歌》
2 《消去》
2 《稲妻の一撃》
2 《否認》
1 《サテュロスの道探し》
3 《スズメバチの巣》
2 《龍爪のスーラク》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Francesco Giorgio
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《天啓の神殿》
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《山》
3 《シヴの浅瀬》
2 《溢れかえる岸辺》
2 《島》
2 《平地》
1 《神秘の僧院》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》
1 《灰雲のフェニックス》

-クリーチャー(13)-
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
1 《停止の場》
4 《ジェスカイの魔除け》
1 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》
1 《紅蓮の達人チャンドラ》
2 《龍語りのサルカン》
2 《時を越えた探索》

-呪文(23)-
2 《マグマのしぶき》
3 《軽蔑的な一撃》
1 《跳ね返す掌》
1 《抑制の場》
2 《神々の憤怒》
1 《灰雲のフェニックス》
3 《対立の終結》
2 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Danny Goldstein
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《砂草原の城塞》
4 《静寂の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
3 《疾病の神殿》
2 《森》
2 《ラノワールの荒原》
2 《平地》
1 《コイロスの洞窟》
1 《マナの合流点》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(24)-

4 《羊毛鬣のライオン》
4 《森の女人像》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》
3 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
3 《風番いのロック》

-クリーチャー(21)-
2 《胆汁病》
3 《アブザンの魔除け》
3 《英雄の破滅》
2 《真面目な訪問者、ソリン》
1 《完全なる終わり》
1 《残忍な切断》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(15)-
3 《思考囲い》
2 《異端の輝き》
2 《今わの際》
3 《悲哀まみれ》
1 《死者の神、エレボス》
1 《エレボスの鞭》
3 《砂塵破》

-サイドボード(15)-

マルドゥ・ミッドレンジ

 このミッドレンジ・デッキは、その価値のほとんどをプレインズウォーカーから得ています。一連の除去呪文や妨害手段を用いて、プレインズウォーカーや恐ろしいクリーチャーが動き出すまで対戦相手のバランスを崩していきます。

Nathan Herkimer
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《血染めのぬかるみ》
4 《コイロスの洞窟》
4 《遊牧民の前哨地》
2 《マナの合流点》
2 《山》
2 《沼》
2 《悪意の神殿》
2 《静寂の神殿》
1 《戦場の鍛冶場》
1 《凱旋の神殿》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(25)-

4 《ゴブリンの熟練扇動者》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》
4 《軍族の解体者》
2 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(13)-
2 《蔑み》
2 《思考囲い》
4 《稲妻の一撃》
4 《英雄の破滅》
3 《はじける破滅》
1 《真面目な訪問者、ソリン》
1 《完全なる終わり》
3 《龍語りのサルカン》
2 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(22)-
3 《マグマのしぶき》
1 《思考囲い》
2 《ニクス毛の雄羊》
2 《停止の場》
3 《神々の憤怒》
1 《力による操縦》
1 《紅蓮の達人チャンドラ》
1 《真面目な訪問者、ソリン》
1 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Jonathan Hickerson
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
3 《森》
2 《コイロスの洞窟》
2 《ラノワールの荒原》
2 《平地》
1 《マナの合流点》
1 《静寂の神殿》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(24)-

2 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
2 《風番いのロック》

-クリーチャー(16)-
4 《思考囲い》
4 《アブザンの魔除け》
3 《英雄の破滅》
2 《真面目な訪問者、ソリン》
2 《完全なる終わり》
2 《英雄の導師、アジャニ》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(20)-
3 《胆汁病》
1 《霊気のほころび》
3 《悲哀まみれ》
2 《残忍な切断》
2 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
1 《対立の終結》
1 《リリアナ・ヴェス》
1 《砂塵破》
1 《集団の石灰化》

-サイドボード(15)-

赤白英雄的

 暴力的にまで速く効率的なこのデッキは、「英雄的」メカニズムを活用して小さく素早い赤と白のクリーチャーを、巨大で速い赤と白のクリーチャーへ変貌させます。

Yoshihiko Ikawa
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
7 《平地》
4 《戦場の鍛冶場》
4 《マナの合流点》
4 《凱旋の神殿》
2 《山》

-土地(21)-

4 《アクロスの十字軍》
4 《恩寵の重装歩兵》
4 《ブリマーズの先兵》
3 《密集軍の指揮者》

-クリーチャー(15)-
4 《果敢な一撃》
4 《ドラゴンのマントル》
4 《船団の出航》
3 《神々の思し召し》
1 《アジャニの存在》
4 《急報》
4 《ウルドのオベリスク》

-呪文(24)-
1 《アジャニの存在》
2 《停止の場》
1 《異端の輝き》
4 《オレスコスの王、ブリマーズ》
3 《貪る光》
2 《黎明運びの戦車兵》
2 《鍛冶の神、パーフォロス》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Maciej Janik
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《神秘の僧院》
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《平地》
3 《シヴの浅瀬》
2 《天啓の神殿》
1 《島》
1 《山》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《カマキリの乗り手》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》
2 《ゴブリンの熟練扇動者》
1 《嵐の神、ケラノス》

-クリーチャー(14)-
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
4 《ジェスカイの魔除け》
2 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》
1 《紅蓮の達人チャンドラ》
1 《龍語りのサルカン》
2 《時を越えた探索》

-呪文(22)-
3 《マグマのしぶき》
1 《消去》
3 《軽蔑的な一撃》
1 《ニクス毛の雄羊》
1 《抑制の場》
1 《神々の憤怒》
1 《払拭の光》
1 《静翼のグリフ》
1 《賢いなりすまし》
1 《嵐の息吹のドラゴン》
1 《悟った達人、ナーセット》

-サイドボード(15)-

ナヤ・ミッドレンジ

 このミッドレンジ・デッキは、その価値のほとんどをプレインズウォーカーから得ています。《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》のような緑のマナ・クリーチャーがそれらを加速します。このフォーマットでも最強クラスのクリーチャーが、このデッキをより大きなものにしています。

Adam Jansen
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《奔放の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
4 《樹木茂る山麓》
3 《森》
3 《山》
2 《戦場の鍛冶場》
2 《凱旋の神殿》
1 《平地》
1 《豊潤の神殿》

-土地(24)-

4 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(16)-
4 《稲妻の一撃》
4 《払拭の光》
3 《歓楽者ゼナゴス》
2 《紅蓮の達人チャンドラ》
1 《宿命的火災》
2 《龍語りのサルカン》
4 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(20)-
4 《マグマのしぶき》
3 《破壊的な享楽》
2 《起源のハイドラ》
1 《光の柱》
1 《宿命的火災》
1 《歓楽者ゼナゴス》
1 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
1 《女王スズメバチ》
1 《倒れし神の宴》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Alexander John
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
3 《森》
2 《コイロスの洞窟》
2 《ラノワールの荒原》
2 《平地》
1 《マナの合流点》
1 《静寂の神殿》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(24)-

2 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
2 《風番いのロック》

-クリーチャー(16)-
4 《思考囲い》
4 《アブザンの魔除け》
3 《英雄の破滅》
2 《真面目な訪問者、ソリン》
2 《完全なる終わり》
2 《英雄の導師、アジャニ》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(20)-
3 《胆汁病》
1 《霊気のほころび》
3 《悲哀まみれ》
2 《残忍な切断》
2 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
1 《対立の終結》
1 《リリアナ・ヴェス》
1 《砂塵破》
1 《集団の石灰化》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Jadine Klomparens
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《天啓の神殿》
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《山》
3 《シヴの浅瀬》
2 《島》
2 《平地》
1 《神秘の僧院》

-土地(25)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》
2 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(14)-
4 《稲妻の一撃》
3 《マグマの噴流》
4 《ジェスカイの魔除け》
2 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》
1 《紅蓮の達人チャンドラ》
2 《龍語りのサルカン》
1 《時を越えた探索》

-呪文(21)-
2 《マグマのしぶき》
3 《停止の場》
2 《否認》
3 《神々の憤怒》
3 《静翼のグリフ》
1 《力による操縦》
1 《悟った達人、ナーセット》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Tzu-Ching Kuo
4 《コイロスの洞窟》
4 《ラノワールの荒原》
4 《疾病の神殿》
3 《吹きさらしの荒野》
2 《森》
2 《平地》
2 《豊潤の神殿》
1 《砂草原の城塞》
1 《静寂の神殿》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(24)-

4 《エルフの神秘家》
4 《羊毛鬣のライオン》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
3 《荒野の収穫者》
1 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
3 《風番いのロック》
1 《破滅喚起の巨人》
3 《女王スズメバチ》

-クリーチャー(31)-
1 《エレボスの鞭》
4 《書かれざるものの視認》

-呪文(5)-
4 《思考囲い》
2 《胆汁病》
2 《アブザンの魔除け》
2 《悲哀まみれ》
1 《英雄の破滅》
1 《完全なる終わり》
3 《対立の終結》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Ari Lax
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
3 《森》
2 《コイロスの洞窟》
2 《ラノワールの荒原》
2 《平地》
1 《マナの合流点》
1 《静寂の神殿》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(24)-

2 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
2 《風番いのロック》

-クリーチャー(16)-
4 《思考囲い》
4 《アブザンの魔除け》
3 《英雄の破滅》
2 《真面目な訪問者、ソリン》
2 《完全なる終わり》
2 《英雄の導師、アジャニ》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(20)-
3 《胆汁病》
1 《霊気のほころび》
3 《悲哀まみれ》
2 《残忍な切断》
2 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
1 《対立の終結》
1 《リリアナ・ヴェス》
1 《砂塵破》
1 《集団の石灰化》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Aaron Lewis
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《ラノワールの荒原》
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
2 《コイロスの洞窟》
2 《森》
2 《静寂の神殿》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》
1 《平地》

-土地(25)-

4 《羊毛鬣のライオン》
3 《道の探求者》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
2 《小走り破滅エンジン》

-クリーチャー(17)-
4 《思考囲い》
4 《胆汁病》
4 《英雄の破滅》
3 《アブザンの魔除け》
1 《悲哀まみれ》
2 《英雄の導師、アジャニ》

-呪文(18)-
1 《静寂の神殿》
1 《蔑み》
3 《自然に帰れ》
3 《悲哀まみれ》
1 《信者の沈黙》
1 《エレボスの鞭》
1 《残忍な切断》
2 《太陽の勇者、エルズペス》
2 《女王スズメバチ》

-サイドボード(15)-

アブザン・アグロ

 アブザンのより攻撃的な側面を出したデッキで、しばしば《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》と《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》を抜いて、《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer(KTK)》や《責め苦の伝令/Herald of Torment(BNG)》など、より攻撃性の高いクリーチャーに置き換えています。そして、それぞれのマナ域で最強クラスのクリーチャーによって、対戦相手のバランスを崩していきます。

Josh McClain
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《コイロスの洞窟》
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
2 《森》
2 《ラノワールの荒原》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》
1 《平地》
1 《静寂の神殿》

-土地(24)-

4 《羊毛鬣のライオン》
4 《ラクシャーサの死与え》
1 《荒野の後継者》
4 《責め苦の伝令》
3 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
2 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》

-クリーチャー(22)-
4 《思考囲い》
1 《潰瘍化》
4 《英雄の破滅》
3 《アブザンの魔除け》
2 《真面目な訪問者、ソリン》

-呪文(14)-
2 《蔑み》
2 《消去》
1 《狩人狩り》
3 《胆汁病》
3 《悲哀まみれ》
1 《信者の沈黙》
1 《エレボスの鞭》
1 《英雄の導師、アジャニ》
1 《風番いのロック》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Andrea Mengucci
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《天啓の神殿》
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《山》
3 《平地》
2 《神秘の僧院》
2 《シヴの浅瀬》
1 《島》

-土地(25)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》
3 《灰雲のフェニックス》

-クリーチャー(15)-
4 《稲妻の一撃》
3 《マグマの噴流》
3 《停止の場》
4 《ジェスカイの魔除け》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》

-呪文(20)-
4 《軽蔑的な一撃》
2 《マグマの噴流》
1 《否認》
1 《払拭の光》
4 《対立の終結》
1 《嵐の神、ケラノス》
2 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

「書かれざるものの視認」信心

 この緑黒「信心」デッキは《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx(THS)》から得られる大量のマナを活用して、サブテーマの「星座」を駆使し、さらには《書かれざるものの視認/See the Unwritten(KTK)》で大成果を得ます。

Makahito Mihara
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
6 《森》
4 《ラノワールの荒原》
4 《ニクスの祭殿、ニクソス》
4 《疾病の神殿》
3 《吹きさらしの荒野》
1 《沼》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(23)-

4 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
4 《旅するサテュロス》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
3 《開花の幻霊》
4 《破滅喚起の巨人》
4 《女王スズメバチ》

-クリーチャー(31)-
2 《エレボスの鞭》
4 《書かれざるものの視認》

-呪文(6)-
2 《思考囲い》
2 《胆汁病》
3 《再利用の賢者》
1 《苦悶の神、ファリカ》
3 《ナイレアの信奉者》
3 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
1 《高木の巨人》

-サイドボード(15)-

赤白トークン

 《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》と《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》が《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》とチームを組み、火力の大きな助けを得て速やかに対戦相手のライフを0にします。

Brad Nelson
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
11 《山》
4 《戦場の鍛冶場》
4 《凱旋の神殿》
3 《平地》
1 《風に削られた岩山》

-土地(23)-

4 《僧院の速槍》
3 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》

-クリーチャー(11)-
4 《岩への繋ぎ止め》
1 《タイタンの力》
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
3 《灼熱の血》
4 《軍族童の突発》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》

-呪文(26)-
1 《風に削られた岩山》
2 《停止の場》
2 《払拭の光》
1 《パーフォロスの槌》
3 《紅蓮の達人チャンドラ》
3 《対立の終結》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Oliver Oks
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《シヴの浅瀬》
3 《天啓の神殿》
2 《溢れかえる岸辺》
2 《島》
2 《山》
2 《神秘の僧院》
2 《平地》
1 《啓蒙の神殿》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》
2 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(14)-
1 《神々の思し召し》
4 《稲妻の一撃》
2 《マグマの噴流》
1 《軽蔑的な一撃》
4 《ジェスカイの魔除け》
2 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》
2 《時を越えた探索》

-呪文(22)-
2 《マグマのしぶき》
2 《軽蔑的な一撃》
2 《停止の場》
3 《神々の憤怒》
1 《灰雲のフェニックス》
2 《対立の終結》
1 《嵐の神、ケラノス》
1 《太陽の勇者、エルズペス》
1 《悟った達人、ナーセット》

-サイドボード(15)-

エスパー・コントロール

 エスパー・コントロールはこのフォーマットにある最も強力なコントロール呪文のほとんどを活用し、《対立の終結/End Hostilities(KTK)》やライフを高く保つための手段として《毅然たる大天使/Resolute Archangel(M15)》や《ニクス毛の雄羊/Nyx-Fleece Ram(JOU)》を使用するために白を加えています。

Gregory Orange
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《静寂の神殿》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《平地》
3 《汚染された三角州》
3 《沼》
3 《欺瞞の神殿》
3 《啓蒙の神殿》
2 《島》
1 《磨かれたやせ地》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(26)-

3 《ニクス毛の雄羊》

-クリーチャー(3)-
4 《思考囲い》
2 《胆汁病》
2 《軽蔑的な一撃》
4 《予言》
4 《英雄の破滅》
2 《悪夢の織り手、アショク》
2 《完全なる終わり》
3 《対立の終結》
1 《残忍な切断》
3 《太陽の勇者、エルズペス》
4 《時を越えた探索》

-呪文(31)-
1 《消去》
2 《軽蔑的な一撃》
2 《否認》
1 《今わの際》
1 《ニクス毛の雄羊》
3 《悲哀まみれ》
2 《悪夢の織り手、アショク》
1 《太陽の勇者、エルズペス》
2 《宿命的報復》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

David Palmer
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《砂草原の城塞》
4 《静寂の神殿》
3 《森》
3 《ラノワールの荒原》
3 《疾病の神殿》
3 《吹きさらしの荒野》
2 《豊潤の神殿》
1 《コイロスの洞窟》
1 《平地》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(25)-

4 《羊毛鬣のライオン》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
3 《風番いのロック》

-クリーチャー(19)-
2 《胆汁病》
4 《英雄の破滅》
3 《アブザンの魔除け》
2 《真面目な訪問者、ソリン》
2 《完全なる終わり》
1 《英雄の導師、アジャニ》
2 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(16)-
3 《思考囲い》
2 《異端の輝き》
1 《抑制の場》
2 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
2 《悲哀まみれ》
1 《エレボスの鞭》
1 《精神染み》
1 《イニストラードの魂》
2 《砂塵破》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Jamie Parke
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《戦場の鍛冶場》
4 《溢れかえる岸辺》
4 《天啓の神殿》
4 《凱旋の神殿》
3 《シヴの浅瀬》
2 《島》
2 《平地》
1 《マナの合流点》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》
2 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(14)-
4 《稲妻の一撃》
2 《軽蔑的な一撃》
1 《急報》
4 《ジェスカイの魔除け》
2 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》
2 《蒸気占い》
1 《龍語りのサルカン》
2 《時を越えた探索》

-呪文(22)-
3 《マグマのしぶき》
1 《消去》
2 《否認》
1 《跳ね返す掌》
1 《軽蔑的な一撃》
1 《復仇》
1 《神々の憤怒》
4 《対立の終結》
1 《時を越えた探索》

-サイドボード(15)-

黒緑信心

 緑を基盤とした「信心」デッキは、《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx(THS)》から得られるマナを最大限活用しようとするものです。しばしばサブテーマとして「星座」が用いられ、黒の除去で補助しています。

Ruben Perez
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
7 《森》
4 《ラノワールの荒原》
4 《ニクスの祭殿、ニクソス》
4 《疾病の神殿》
4 《樹木茂る山麓》
1 《吹きさらしの荒野》

-土地(24)-

4 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
4 《旅するサテュロス》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《起源のハイドラ》
4 《開花の幻霊》
4 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
1 《狩猟の神、ナイレア》
3 《破滅喚起の巨人》
1 《高木の巨人》
2 《女王スズメバチ》

-クリーチャー(35)-
1 《頂点捕食者、ガラク》

-呪文(1)-
3 《思考囲い》
2 《自然に帰れ》
2 《セテッサ式戦術》
2 《英雄の破滅》
1 《再利用の賢者》
4 《ナイレアの信奉者》
1 《高木の巨人》

-サイドボード(15)-

赤白トークン

 《軍族童の突発/Hordeling Outburst(KTK)》と《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》が《僧院の速槍/Monastery Swiftspear(KTK)》とチームを組み、火力の大きな助けを得て速やかに対戦相手のライフを0にします。

Denniz Rachid
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
11 《山》
4 《戦場の鍛冶場》
4 《凱旋の神殿》
3 《平地》
1 《風に削られた岩山》

-土地(23)-

4 《僧院の速槍》
3 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》

-クリーチャー(11)-
4 《岩への繋ぎ止め》
1 《タイタンの力》
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
3 《灼熱の血》
4 《軍族童の突発》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》

-呪文(26)-
1 《風に削られた岩山》
2 《停止の場》
2 《払拭の光》
1 《パーフォロスの槌》
3 《紅蓮の達人チャンドラ》
3 《対立の終結》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

青黒コントロール

 純粋なコントロール戦略を採るこの2色デッキは、対戦相手の脅威をすべて1対1交換で除去し、その後《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》と《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity(M15)》でリードすることを目論んでいます。《危険な櫃/Perilous Vault(M15)》が大量除去として採用されており、盤面をほぼ一掃してこのコントロールを使うプレイヤーに有利を与えてくれます。

Adrian Sullivan
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《陰鬱な僻地》
4 《島》
4 《汚染された三角州》
4 《沼》
4 《欺瞞の神殿》
3 《光輝の泉》
2 《疾病の神殿》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(26)-


-クリーチャー(0)-
4 《蔑み》
3 《胆汁病》
4 《悪夢の織り手、アショク》
4 《解消》
4 《英雄の破滅》
2 《悲哀まみれ》
4 《危険な櫃》
1 《信者の沈黙》
2 《霊気渦竜巻》
2 《ジェイスの創意》
1 《リリアナ・ヴェス》
1 《啓示の解読》
2 《時を越えた探索》

-呪文(34)-
2 《思考囲い》
2 《頭蓋書庫》
2 《否認》
2 《ファリカの療法》
1 《胆汁病》
1 《軽蔑的な一撃》
2 《悲哀まみれ》
2 《予知するスフィンクス》
1 《リリアナ・ヴェス》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Ondrej Strasky
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《神秘の僧院》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《山》
3 《シヴの浅瀬》
3 《凱旋の神殿》
2 《島》
2 《天啓の神殿》
1 《平地》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《静翼のグリフ》
4 《カマキリの乗り手》
3 《灰雲のフェニックス》
2 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(17)-
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
4 《ジェスカイの魔除け》
3 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》

-呪文(19)-
3 《マグマのしぶき》
3 《軽蔑的な一撃》
3 《停止の場》
1 《反論》
2 《神々の憤怒》
3 《予知するスフィンクス》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Ben Stark
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《溢れかえる岸辺》
4 《神秘の僧院》
4 《シヴの浅瀬》
2 《戦場の鍛冶場》
2 《島》
2 《平地》
2 《啓蒙の神殿》
2 《天啓の神殿》
1 《マナの合流点》
1 《山》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》

-クリーチャー(12)-
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
3 《無効化》
4 《ジェスカイの魔除け》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》
3 《時を越えた探索》

-呪文(24)-
2 《無効》
2 《消去》
4 《停止の場》
2 《軽蔑的な一撃》
2 《否認》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Bram Snepvangers
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《ラノワールの荒原》
4 《砂草原の城塞》
4 《静寂の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
3 《森》
2 《コイロスの洞窟》
2 《平地》
2 《疾病の神殿》

-土地(25)-

4 《羊毛鬣のライオン》
3 《森の女人像》
2 《ラクシャーサの死与え》
3 《クルフィックスの狩猟者》
1 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
4 《包囲サイ》
2 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
1 《風番いのロック》

-クリーチャー(20)-
4 《思考囲い》
1 《胆汁病》
4 《アブザンの魔除け》
4 《英雄の破滅》
1 《残忍な切断》
1 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(15)-
3 《消去》
2 《自然に帰れ》
2 《異端の輝き》
1 《胆汁病》
3 《悲哀まみれ》
1 《真面目な訪問者、ソリン》
1 《エレボスの鞭》
1 《風番いのロック》
1 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

アブザン・アグロ

 アブザンのより攻撃的な側面を出したデッキで、しばしば《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》と《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》を抜いて、《ラクシャーサの死与え/Rakshasa Deathdealer(KTK)》や《責め苦の伝令/Herald of Torment(BNG)》など、より攻撃性の高いクリーチャーに置き換えています。そして、それぞれのマナ域で最強クラスのクリーチャーによって、対戦相手のバランスを崩していきます。

Mike Sigrist
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《コイロスの洞窟》
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
2 《森》
2 《ラノワールの荒原》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》
1 《平地》
1 《静寂の神殿》

-土地(24)-

4 《羊毛鬣のライオン》
4 《ラクシャーサの死与え》
2 《荒野の後継者》
4 《責め苦の伝令》
3 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
4 《包囲サイ》

-クリーチャー(21)-
4 《思考囲い》
1 《潰瘍化》
4 《英雄の破滅》
3 《アブザンの魔除け》
3 《真面目な訪問者、ソリン》

-呪文(15)-
2 《蔑み》
2 《消去》
3 《胆汁病》
3 《悲哀まみれ》
1 《エレボスの鞭》
2 《風番いのロック》
1 《英雄の導師、アジャニ》

-サイドボード(14)-

ジェスカイの隆盛・コンボ

 このフォーマットで真のコンボデッキと言える唯一の存在で、その名を冠している《ジェスカイの隆盛/Jeskai Ascendancy(KTK)》とマナを生み出すクリーチャーでデッキを回し、呪文を次々に唱えて、超巨大なクリーチャーで攻撃、《群の祭壇/Altar of the Brood(KTK)》でデッキを吹き飛ばす、などさまざまな方法で最終的に勝利を得ます。《撤回のらせん/Retraction Helix(BNG)》と0マナで唱えられる呪文が、好きなだけ繰り返せるコンボを生み出すのです。

Lee Shi Tian
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《マナの合流点》
2 《溢れかえる岸辺》
2 《開拓地の野営地》
2 《奔放の神殿》
2 《神秘の神殿》
2 《豊潤の神殿》
2 《樹木茂る山麓》
2 《ヤヴィマヤの沿岸》
1 《森》
1 《島》
1 《山》
1 《平地》

-土地(22)-

4 《爪鳴らしの神秘家》
4 《森の女人像》
3 《キオーラの追随者》

-クリーチャー(11)-
4 《ドラゴンのマントル》
4 《撤回のらせん》
2 《贈賄者の財布》
4 《神々との融和》
3 《苦しめる声》
2 《双つ身の炎》
4 《ジェスカイの隆盛》
1 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
3 《時を越えた探索》

-呪文(27)-
3 《白鳥の歌》
3 《稲妻の一撃》
4 《凶暴な拳刃》
3 《弧状の稲妻》
2 《世界を喰らう者、ポルクラノス》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Alexey Shashov
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《神秘の僧院》
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
2 《山》
2 《平地》
2 《シヴの浅瀬》
2 《啓蒙の神殿》
1 《島》
1 《マナの合流点》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《オレスコスの王、ブリマーズ》
4 《カマキリの乗り手》
3 《灰雲のフェニックス》

-クリーチャー(15)-
4 《稲妻の一撃》
3 《マグマの噴流》
4 《ジェスカイの魔除け》
3 《貪る光》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》
1 《時を越えた探索》

-呪文(21)-
4 《軽蔑的な一撃》
3 《停止の場》
3 《神々の憤怒》
3 《静翼のグリフ》
2 《悟った達人、ナーセット》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Shahar Shenhar
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《溢れかえる岸辺》
4 《神秘の僧院》
4 《シヴの浅瀬》
2 《戦場の鍛冶場》
2 《島》
2 《平地》
2 《啓蒙の神殿》
2 《天啓の神殿》
1 《マナの合流点》
1 《山》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》

-クリーチャー(12)-
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
3 《無効化》
4 《ジェスカイの魔除け》
4 《かき立てる炎》
2 《龍語りのサルカン》
3 《時を越えた探索》

-呪文(24)-
2 《無効》
2 《消去》
4 《停止の場》
2 《軽蔑的な一撃》
2 《否認》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Matt Severa
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《ラノワールの荒原》
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
2 《コイロスの洞窟》
2 《森》
2 《静寂の神殿》
2 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》
1 《平地》

-土地(25)-

4 《羊毛鬣のライオン》
3 《道の探求者》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
2 《小走り破滅エンジン》

-クリーチャー(17)-
4 《思考囲い》
4 《胆汁病》
4 《英雄の破滅》
3 《アブザンの魔除け》
1 《悲哀まみれ》
2 《英雄の導師、アジャニ》

-呪文(18)-
1 《静寂の神殿》
1 《蔑み》
3 《自然に帰れ》
3 《悲哀まみれ》
1 《信者の沈黙》
1 《エレボスの鞭》
1 《残忍な切断》
2 《太陽の勇者、エルズペス》
2 《女王スズメバチ》

-サイドボード(15)-

青黒コントロール

 純粋なコントロール戦略を採るこの2色デッキは、対戦相手の脅威をすべて1対1交換で除去し、その後《時を越えた探索/Dig Through Time(KTK)》と《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity(M15)》でリードすることを目論んでいます。《危険な櫃/Perilous Vault(M15)》が大量除去として採用されており、盤面をほぼ一掃してこのコントロールを使うプレイヤーに有利を与えてくれます。

Owen Turtenwald
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
6 《島》
5 《沼》
4 《陰鬱な僻地》
4 《汚染された三角州》
4 《欺瞞の神殿》
1 《血染めのぬかるみ》
1 《進化する未開地》
1 《光輝の泉》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(27)-

2 《真珠湖の古きもの》

-クリーチャー(2)-
3 《思考囲い》
4 《胆汁病》
2 《軽蔑的な一撃》
4 《解消》
4 《英雄の破滅》
4 《危険な櫃》
3 《ジェイスの創意》
2 《残忍な切断》
1 《霊気渦竜巻》
4 《時を越えた探索》

-呪文(31)-
1 《思考囲い》
3 《否認》
2 《ファリカの療法》
1 《軽蔑的な一撃》
4 《悲哀まみれ》
4 《ジョルベイの闇潜み》

-サイドボード(15)-

黒緑信心

 緑を基盤とした「信心」デッキは、《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx(THS)》から得られるマナを最大限活用しようとするものです。しばしばサブテーマとして「星座」が用いられ、黒の除去で補助しています。

Felipe Tapia Becerra
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
9 《森》
4 《ラノワールの荒原》
4 《ニクスの祭殿、ニクソス》
4 《疾病の神殿》
2 《吹きさらしの荒野》
1 《樹木茂る山麓》

-土地(24)-

4 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
3 《旅するサテュロス》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《起源のハイドラ》
4 《開花の幻霊》
4 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
1 《狩猟の神、ナイレア》
4 《破滅喚起の巨人》
2 《女王スズメバチ》

-クリーチャー(34)-
1 《狩人の勇気》
1 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》

-呪文(2)-
2 《セテッサ式戦術》
2 《再利用の賢者》
1 《スズメバチの巣》
1 《苦悶の神、ファリカ》
4 《ナイレアの信奉者》
1 《高木の巨人》
1 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
1 《ゼンディカーの魂》
1 《頂点捕食者、ガラク》
1 《ガラクの目覚め》

-サイドボード(15)-

「書かれざるものの視認」信心

 この緑黒「信心」デッキは《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx(THS)》から得られる大量のマナを活用して、サブテーマの「星座」を駆使し、さらには《書かれざるものの視認/See the Unwritten(KTK)》で大成果を得ます。

Gaudenis Vidugiris
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
7 《森》
4 《ラノワールの荒原》
4 《ニクスの祭殿、ニクソス》
4 《疾病の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(24)-

4 《エルフの神秘家》
4 《森の女人像》
4 《旅するサテュロス》
4 《クルフィックスの狩猟者》
1 《苦悶の神、ファリカ》
4 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
2 《開花の幻霊》
1 《狩猟の神、ナイレア》
4 《破滅喚起の巨人》
2 《高木の巨人》
2 《女王スズメバチ》

-クリーチャー(32)-
4 《書かれざるものの視認》

-呪文(4)-
3 《思考囲い》
2 《セテッサ式戦術》
2 《スズメバチの巣》
1 《苦悶の神、ファリカ》
4 《ナイレアの信奉者》
3 《世界を目覚めさせる者、ニッサ》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Don van Ravenszaaij
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《ラノワールの荒原》
4 《砂草原の城塞》
4 《静寂の神殿》
4 《吹きさらしの荒野》
3 《森》
2 《平地》
2 《沼》
1 《豊潤の神殿》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(25)-

4 《羊毛鬣のライオン》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《包囲サイ》
4 《風番いのロック》

-クリーチャー(20)-
4 《思考囲い》
4 《アブザンの魔除け》
4 《英雄の破滅》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(15)-
3 《自然に帰れ》
4 《悲哀まみれ》
3 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
1 《真面目な訪問者、ソリン》
2 《対立の終結》
1 《英雄の導師、アジャニ》
1 《女王スズメバチ》

-サイドボード(15)-

アブザン・ミッドレンジ

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》+《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix(BNG)》デッキは、単体でアドバンテージを生み出す強力なカードを最大限に採用し、このフォーマットの最高のカードを同じ75枚に集約させようと試みています。

Steve Wise
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《コイロスの洞窟》
4 《ラノワールの荒原》
4 《砂草原の城塞》
4 《疾病の神殿》
3 《静寂の神殿》
2 《豊潤の神殿》
1 《森》
1 《沼》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(24)-

4 《羊毛鬣のライオン》
4 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
2 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
4 《包囲サイ》

-クリーチャー(18)-
2 《思考囲い》
3 《胆汁病》
4 《英雄の破滅》
3 《アブザンの魔除け》
2 《真面目な訪問者、ソリン》
1 《信者の沈黙》
1 《完全なる終わり》
3 《太陽の勇者、エルズペス》

-呪文(19)-
2 《思考囲い》
1 《胆汁病》
1 《霊気のほころび》
2 《悲哀まみれ》
1 《ナイレアの弓》
1 《荒野の収穫者》
1 《完全なる終わり》
1 《エレボスの鞭》
3 《対立の終結》
2 《英雄の導師、アジャニ》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Julian Wildes
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《山》
4 《神秘の僧院》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《シヴの浅瀬》
2 《島》
2 《平地》
2 《天啓の神殿》
2 《凱旋の神殿》

-土地(25)-

3 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》
2 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(13)-
4 《稲妻の一撃》
3 《マグマの噴流》
1 《停止の場》
4 《ジェスカイの魔除け》
1 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》
2 《紅蓮の達人チャンドラ》
1 《龍語りのサルカン》
2 《時を越えた探索》

-呪文(22)-
2 《軽蔑的な一撃》
2 《マグマの噴流》
2 《否認》
1 《停止の場》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》
1 《神々の憤怒》
2 《対立の終結》
1 《嵐の息吹のドラゴン》
1 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

Craig Wescoe
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《戦場の鍛冶場》
4 《シヴの浅瀬》
4 《天啓の神殿》
4 《凱旋の神殿》
2 《溢れかえる岸辺》
2 《島》
2 《神秘の僧院》
2 《平地》

-土地(24)-

3 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》

-クリーチャー(11)-
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
2 《跳ね返す掌》
4 《ジェスカイの魔除け》
2 《払拭の光》
4 《かき立てる炎》
3 《龍語りのサルカン》
2 《時を越えた探索》

-呪文(25)-
2 《マグマのしぶき》
3 《否認》
2 《跳ね返す掌》
2 《軽蔑的な一撃》
2 《神々の憤怒》
2 《対立の終結》
2 《嵐の神、ケラノス》

-サイドボード(15)-

赤緑モンスターズ

 このデッキはマナ加速を用い、このフォーマットで最大級、最上級に恐ろしいクリーチャーを素早く送り出すデッキです。さらには多元宇宙で最大級、最上級に恐ろしいプレインズウォーカーがそれを助けます。

Benjamin Weitz
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
8 《森》
5 《山》
4 《奔放の神殿》
4 《樹木茂る山麓》
1 《血染めのぬかるみ》
1 《吹きさらしの荒野》

-土地(23)-

4 《エルフの神秘家》
4 《爪鳴らしの神秘家》
3 《森の女人像》
4 《クルフィックスの狩猟者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《世界を喰らう者、ポルクラノス》
3 《嵐の息吹のドラゴン》

-クリーチャー(26)-
4 《火口の爪》
3 《歓楽者ゼナゴス》
4 《龍語りのサルカン》

-呪文(11)-
4 《マグマのしぶき》
3 《狩人狩り》
3 《破壊的な享楽》
2 《神々の憤怒》
2 《紅蓮の達人チャンドラ》
1 《嵐の息吹のドラゴン》

-サイドボード(15)-

ジェスカイ・ウィンズ

 ジェスカイ・ウィンズは、優秀な火力呪文と高打点のクリーチャーを用い、突然の大ダメージでゲームを終わらせることもしばしばあります。また、時には状況に応じてコントロール的な動きを見せる余地も持ち合わせています。

渡辺 雄也
プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
4 《神秘の僧院》
4 《凱旋の神殿》
3 《戦場の鍛冶場》
3 《溢れかえる岸辺》
3 《山》
3 《シヴの浅瀬》
2 《島》
2 《平地》

-土地(24)-

4 《道の探求者》
4 《ゴブリンの熟練扇動者》
4 《カマキリの乗り手》
3 《オレスコスの王、ブリマーズ》

-クリーチャー(15)-
2 《神々の思し召し》
4 《稲妻の一撃》
4 《マグマの噴流》
4 《ジェスカイの魔除け》
4 《かき立てる炎》
3 《龍語りのサルカン》

-呪文(21)-
3 《マグマのしぶき》
1 《神々の思し召し》
4 《停止の場》
3 《軽蔑的な一撃》
1 《紅蓮の達人チャンドラ》
2 《予知するスフィンクス》
1 《太陽の勇者、エルズペス》

-サイドボード(15)-

プロツアー『タルキール覇王譚』 一覧に戻る