マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第7回戦:Melissa DeTora(アメリカ) vs. Jon Finkel(アメリカ)

【観戦記事】 第7回戦:Melissa DeTora(アメリカ) vs. Jon Finkel(アメリカ)

authorpic_adamstyborski.jpg

Adam Styborski / Tr. Yusuke Yoshikawa

2014年8月1日

原文はこちら

 プロツアー殿堂顕彰者は何のためにプレイするのか? この問いには様々な形の答えがある。このゲームにおける歴史上の偉人のひとりであるジョン・フィンケル/Jon Finkelにとって、それは難題に挑戦し続けることだ。史上初めて、殿堂顕彰への選出後にプロツアー優勝を果たしたこの人物は、その後の年月でも一貫して、彼の才能がいかなるものであるかを示してきた。幾年も、過去も現在も、彼はプロツアーの支配者であり続けているのだ。

 もちろん、彼ですらも非常に厳しい困難に直面している。彼がプロ・プレイヤーズ・クラブのプラチナ・レベルを維持するために残された道は、プロツアー『マジック2015』で優勝することのみなのだ。彼が手にしてきたプロツアーのタイトルから考えれば、十分にあり得る状況だが。

 メリッサ・デトラ/Melissa DeToraは、プロツアー『ギルド門侵犯』トップ8という躍進までは比較的目立たない存在だった。彼女にとって、今週末でトップ100に入れば来シーズンでシルバー・レベルを獲得することができるが、トップ25が目標だという。「トップ25に入れば、来年のプロツアー2回に招待されるから」と、来シーズンにプロ・ポイントの獲得を最大化することを賢明に見据えて、彼女は言う。

r7_detora_finkel.jpg
今週末、誰もが何かのためにプレイしている。

それぞれのデッキ

 フィンケルは彼のチームメイトの大半と同じ、白黒ミッドレンジをプレイしていた。一貫性がありパワフルなこのデッキは、クリーチャーを除去し、ライフを得て、最終的にほとんどのゲームを掌握する。その弱点のひとつは、ともするとそれが遅くなることか。タップ状態で戦場に出たり使用にライフを要求する土地により、《群れネズミ/Pack Rat(RTR)》を唱えて効果的に増殖させるのが1~2ターン先になってしまう。白黒ミッドレンジにとっては、対戦相手を制圧するまでの冷淡で優雅な散歩のようなものかもしれない。

 一方デトラは、最速と表現されうるデッキをプレイしている。そのチームメイトの大半と同様に、彼女はこの週末に頭角を現した「熟練扇動者」赤デッキを選んだのだ。1・2マナのクリーチャーを詰め込み、火力とその名の由来となった《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》を加え、動きの遅い対戦相手の出足を挫くようデザインされたデッキだ。

 そのデッキはどうやってできたのだろうか?

「ブラッド・ネルソン/Brad Nelsonがデッキをもたらしてくれた大きな存在でした。誰もそれをプレイしようとはしませんでした。木曜日の夜になると、誰もがそれをプレイしたくなっていました」 デトラはこう説明した。「ブラッドはこのデッキに労力を費やしてきたティム・ロス/Tom Rossの親友です。彼がそれを使って勝ち続けたので、私たちはそれを試すことに決めました。青信心にはあまり期待できませんが、多くのミッドレンジ的な遅いものに対して、これは良いデッキだと感じたのです」

 ここまでデトラが対戦してきた相手について聞いた。「エスパー、《ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)》の白を入れてあるタイプの同デッキ、黒単信心タッチ緑、そして先ほどは白黒信心」とのこと。「他のみんなもマッチアップ次第ですね。ブラッドは青信心に2回当たったというから、今日は彼の日ではないのでしょう」 そしてラファエル・レヴィ/Raphael Levy、世界ランキング24位、殿堂顕彰者にして2013ワールド・マジック・カップ優勝チームのキャプテンはというと、「厳しい相手である白青コントロールと当たってしまいました。土地からダメージを受けてくれないのですから。ただ、私はチームの大半がこの選択に満足していると思っています」

 しかしながら、その速度がジョン・フィンケルに一杯食わせられるものなのかは、まだわからない。

ゲーム展開

 デトラは大急ぎでスタートを切り、《軍勢の忠節者/Legion Loyalist(GTC)》《火拳の打撃者/Firefist Striker(GTC)》で攻撃、次いでもう1枚の《軍勢の忠節者/Legion Loyalist(GTC)》と《変わり谷/Mutavault(M14)》が続いた。フィンケルは《胆汁病/Bile Blight(BNG)》で押しとどめるが、《群れネズミ/Pack Rat(RTR)》2体をプレイして守りを固めるころにはライフがわずか8に落ち込んでいた。

r7_finkel.jpg
フィンケルは第1ゲームで瞬く間に窮地に追いやられた。

 デトラが求める追加の戦力は《灰の盲信者/Ash Zealot(RTR)》で、《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa(DGM)》がフィンケルのライフを1で留めるかに思われた。しかし《瓦礫帯のマーカ/Rubblebelt Maaka(DGM)》は《灰の盲信者/Ash Zealot(RTR)》の先制攻撃を重いものにするにはぴったりで、デトラは第1ゲームを締めくくった。

 フィンケルの開幕《思考囲い/Thoughtseize(THS)》がデトラの手札から1マナの《火飲みのサテュロス/Firedrinker Satyr(THS)》を引き抜いたが、デトラは早期に圧力をかけるために必要な《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler(RTR)》をライブラリーからもぎ取った。しかし、デトラがその後にプレイしたクリーチャーに対し、フィンケルは解答を持っていた。《変わり谷/Mutavault(M14)》には《破滅の刃/Doom Blade(M14)》、《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》には《ファリカの療法/Pharika's Cure(THS)》。

 最終的には《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》が現れ、デトラからライフを吸い始めた。《群れネズミ/Pack Rat(RTR)》も登場し、フィンケルはネズミのトークンを生産し始め、的確にデトラを抑えこんでいった。1回の攻撃の後、デトラは第3ゲームに移ることを決めた。

 《鋳造所通りの住人/Foundry Street Denizen(M15)》と《火飲みのサテュロス/Firedrinker Satyr(THS)》が序盤の攻め手となり、フィンケルは《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》を《ファリカの療法/Pharika's Cure(THS)》で払いのけた。《群れネズミ/Pack Rat(RTR)》のような序盤のクリーチャーがなく、フィンケルは生き延びるために手札の除去を使うことを強いられた。

r7_detora.jpg
デトラのデッキは、止むことなく圧力をかける。

 4マナに到達し、フィンケルは砦を守るべく《冒涜の悪魔/Desecration Demon(RTR)》を唱えたが、デトラは《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster(M15)》と《火飲みのサテュロス/Firedrinker Satyr(THS)》の両方によって、《冒涜の悪魔/Desecration Demon(RTR)》をタップしつつフィンケルに7点のダメージを与えることができた。ライフ5は落ち着ける水準ではなく、毎ターンゴブリンを安全に生け贄に捧げられる能力は、《冒涜の悪魔/Desecration Demon(RTR)》が頼りにならないことを意味していた。

 《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》はあったものの、《灰の盲信者/Ash Zealot(RTR)》がまたしてもブロックの計算を変えてしまった。フィンケルはライフを使い果たし、最後の1枚のカードを引くと手を差し出した。

「このあとも幸運を」 デトラが言った。

「ありがとう、メリッサ」

デトラ 2-1 フィンケル

前の記事: 【英語記事】 Round 6: Martin Juza vs. Frank Karsten | 次の記事: 【観戦記事】 ゲーム・オブ・デックス――「King of the Hill」初日
プロツアー『マジック2015』 一覧に戻る