マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 スタンダードメタゲームブレイクダウン・2日目

【戦略記事】 スタンダードメタゲームブレイクダウン・2日目

authorpic_adamstyborski.jpg

Adam Styborski / Tr. Tetsuya Yabuki

2014年8月2日

原文はこちら

 昨日、私たちは今大会の状況を見極めるべく、会場全体のデッキ分布を覗き見た。その後8回戦――ドラフト3回戦とスタンダード構築5回戦――を経て、2日目のプレイヤー数は228人まで減った。現時点ではまだ、あるデッキが他のものよりひと際優れているかどうかを論じるには早過ぎるものの(ドラフト・ラウンド3回戦は構築の出来とは関係がないのだ!)、状況が変化したかどうかを確認することはできる。好ましくないマッチアップを避けたいデッキがいくつもある以上、本日のデッキ分布の状況はトップ8を決める上で重要な役割を持つことだろう。

 まずは、全体的なメタゲームブレイクダウンから。

アーキタイプ使用者数
黒単信心39
白黒ミッドレンジ31
青単信心21
エスパー・コントロール20
白青コントロール15
白赤バーン13
白緑アグロ12
緑単信心9
赤単「熟練扇動者」7
ジャンド・モンスターズ6
ジャンド・プレインズウォーカーズ5
赤緑モンスターズ5
白赤アグロ5
黒緑ミッドレンジ4
赤単アグロ4
バント・コントロール3
黒単アグロ3
呪禁ナヤ3
黒緑アグロ2
青白コントロール2
ナヤ・アグロ2
ナヤ・ミッドレンジ2
ナヤ・モンスターズ2
赤単信心2
バント・ミッドレンジ1
黒緑「備蓄品」1
黒赤バーン1
緑白トークン1
ジャンド・ミッドレンジ1
迷路の終わり1
赤単バーン1
赤緑アグロ1
スリヴァー1
白黒アグロ1
白青赤コントロール1

 昨日のメタゲームブレイクダウンと比べてみると、「ナヤ・プレインズウォーカーズ」やリアニメイト系のデッキ、それから「緑白ミッドレンジ」といった、特に目立つことのなかったデッキたちが表から脱落する結果になった。しかしだからと言って、これらが初日最も負けたデッキというわけではない。

アーキタイプサブタイプ使用者数使用率前日比
黒単信心系タッチ白10.4%-0.4%
タッチ緑41.8%-0.5%
タッチ赤00.0%-0.3%
黒単3414.9%1.3%
合計3917.1%0.1%
白青コントロール系エスパー208.8%0.1%
バント31.3%0.2%
白青赤10.4%0.2%
白青156.6%0.2%
合計3917.1%0.7%
アグロ系赤単「熟練扇動者」73.1%0.6%
赤単41.8%-0.2%
白赤52.2%0.2%
黒単31.3%0.2%
白緑125.3%0.8%
ナヤ20.9%0.0%
その他41.8%0.9%
合計3716.2%2.6%
ミッドレンジ系白黒3113.6%2.7%
黒緑41.8%0.1%
ナヤ20.9%0.0%
ジャンド10.4%-0.1%
その他10.4%-0.1%
合計3917.1%2.6%
青単信心系タッチ赤20.9%0.3%
青単198.3%0.0%
合計219.2%0.3%
赤緑モンスターズ系ジャンド62.6%-2.1%
ナヤ20.9%-0.2%
赤緑52.2%0.0%
合計135.7%-2.4%
緑単信心系タッチ黒41.8%0.1%
タッチ赤31.3%0.5%
タッチ青10.4%-0.1%
緑単10.4%-1.5%
合計93.9%-1.1%
プレインズウォーカーズ系ジャンド52.2%-0.6%
ナヤ00.0%-0.8%
合計52.2%-1.4%
バーン系白赤バーン135.7%-1.0%
赤単バーン10.4%-0.1%
黒赤バーン10.4%0.2%
合計156.6%-0.9%
その他合計114.8%-0.7%
総計228100.0%0.0%

 確認できる状況の変化はかなり細かいが、いくつか観察できることがある。

 まず多くのアーキタイプが、会場での使用率を維持したままだ。(とりわけ色をタッチしていない純正バージョンが活躍した)「黒単信心」系と「白青コントロール」系がそれぞれ約17%を占め、「青単信心」系の9%と「バーン」系の7%も勢力を堅持している。

 最大の負け組は「赤緑モンスターズ」系で、これは特に「ジャンド・モンスターズ」の失敗によるところが大きい。また色を足さない「緑単信心」と「プレインズウォーカーズ」系デッキも大きく数を減らした。そして「黒単信心」系と「白青コントロール」系の2大アーキタイプが勢力の維持に留まる中で、「白黒ミッドレンジ」は勢力を伸ばしており、このまま「最大勢力」を掌握するかもしれない。これらミッドレンジ系のデッキは、いずれもここ数カ月の大会で特に支配的ではなかった。より人気を集めたデッキに対して少しだけ弱かったことが、むしろここで活きたのかもしれない。

 一夜を越え2.7%もの割合で勢力を増した「白黒ミッドレンジ」と並び、勝ち組となったのはアグロ系全般だ。会場内の他のデッキに対する強さと、それから最も強力なチームのひとつが採用したという事実から、アグロ系のデッキが「白黒ミッドレンジ」以上の活躍を見せたとまでは言えないだろう。それでも、アグロ系は「黒単信心」系と「白青コントロール」系に迫るアーキタイプに浮上したのだ。アグロ系はそのほとんどがうまくいっているが、全体のメタゲームを見た場合は「青単信心」の存在があり、もう少し小さく収まりそうだ。「赤単『熟練扇動者』」などのようなデッキは素早くプレッシャーをかけ、速度で劣るデッキを窮地に追い込む。昨日のフィーチャー・マッチでも、殿堂顕彰者、ジョン・フィンケル/Jon Finkelとプロツアー『ギルド門侵犯』トップ8入賞のメリッサ・デトラ/Melissa Detoraが当たり、この環境のアグレッシブなデッキがどれほどの速さでスピードに劣るミッドレンジ系のデッキを打ち倒すのか、という最高の例を見せてくれた。

PTM15-Day2-Meta.jpg
注記:「白青コントロール」系には、「エスパー・コントロール」と「バント・コントロール」も含まれる。ミッドレンジ系には「白黒ミッドレンジ」をはじめ様々な形が含まれ、アグロ系にもあらゆる色や形のものが含まれている。

 このように実に様々なデッキが活躍したことで、この週末に向けてプレイヤーたちが取れる選択肢の幅とは関係なく決まるトップ8の予想は難しくなった。本日終盤に最高の舞台へ上がるデッキを、君たちはどれだと考えているだろうか?

前の記事: 【英語記事】 Round 11: Neil Reeves vs. Neil Rigby | 次の記事: 【英語記事】 Quick Question #1
プロツアー『マジック2015』 一覧に戻る