マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 マジック・オリジンがプロツアーに与えた影響

【戦略記事】 マジック・オリジンがプロツアーに与えた影響

hosler.jpg

Corbin Hosler / Tr. Chikara Aoki

2015年7月31日

原文はこちら

 マジックのすべての新セットはゲームに新しいなにかをもたらす。それがメカニズムだろうと、効果的なサイドボード用カードだろうと、まったく新しいデッキを作り出すカードだろうと、新セットがスタンダードのメタゲームへ影響を与えることをプレイヤーは期待する。

 『マジック・オリジン』は期待を裏切らない。

 テスト・プレイからフィーチャーマッチまで、今週末のマジックを変えたカードの一部を紹介する。

《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》

 『マジック・オリジン』で《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》以上にスタンダードに影響を与えたカードはない。赤青《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact(M15)》のような新しいデッキの可能性を切り拓き、既存のデッキをアップグレードした。コントロールとアグロの両方で採用されたこのカードは、バンクーバーのいたるところで見うけられる。

《衰滅/Languish(ORI)》

 今日、リセット呪文はとても希少である。そして《衰滅/Languish(ORI)》よりも強力なものは本当に数が少ない。アグロデッキに対しては待望の《審判の日/Day of Judgment(ZEN)》のように機能し、アブザンコントロールは自身の《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》を戦場に残したまま対戦相手のクリーチャーを一掃できるようになった。

《つむじ風のならず者/Whirler Rogue(ORI)》

 ドラフトにおいてたまに現れる「神話レア級アンコモン」として知られる《つむじ風のならず者/Whirler Rogue(ORI)》(と、そのお供の飛行機械・トークン)は、今週末のスタンダードにおいてもまた存在感を示した。小型のアーティファクト・クリーチャーと《幽霊火の刃/Ghostfire Blade(KTK)》、《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact(M15)》とともに、《つむじ風のならず者/Whirler Rogue(ORI)》はトーナメントで4番目に使用者の多いデッキの屋台骨を支える。

 赤青アーティファクトデッキは過去のプロツアーでは良い成績を収められなかったが、33人ものプレイヤーが『マジック・オリジン』で結果を出すために必要なデッキだと考えたのだ。

《飛行機械の諜報網/Thopter Spy Network(ORI)》

 飛行機械が、その複雑な諜報網とともにやってきた。コントロール・デッキが勝利手段として(31人の青黒コントロールプレイヤーのうち8人がこのルートを選んだ)、赤青アーティファクトデッキがサイドボードカードとして、《飛行機械の諜報網/Thopter Spy Network(ORI)》はこの週末で名を上げた。

《悪魔の契約/Demonic Pact(ORI)》

 スタンダードにおいて、1枚のカードがデッキを歪めてしまう事態はめったに起こらない。《悪魔の契約/Demonic Pact(ORI)》は、必要な時に戦場から取り除くことができないと即座に敗北してしまうので、プレイするのは非常に危険である。

 しかし、そんなことを物ともしないバンクーバーのプレイヤーたちが、なんとか《悪魔の契約/Demonic Pact(ORI)》デッキを形にしようとベストを尽くした。《悪魔の契約/Demonic Pact(ORI)》の良い面だけを見るならば、プレイヤーが《悪魔の契約/Demonic Pact(ORI)》を利用するためのデッキを作ろうとしても不思議ではない。それが《悪魔の契約/Demonic Pact(ORI)》を手札に戻すために《侵入する生物種/Invasive Species(M15)》を使うことを意味しても、だ。

 勝つにせよ負けるにせよ、《悪魔の契約/Demonic Pact(ORI)》が唱えられたら、たとえそれが「契約」を巡るサブゲームとなっても、ゲームはより面白くなることは否定できない。『マジック・オリジン』からの、フレーバーに満ちて強力な、そしてバンクーバーで勘定に入れておくべき脅威だ。


 これらはマジックの一番新しいセットのハイライトであり、影響のあるカードの一部でしかない。《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver(ORI)》はそこかしこにいるし、《紅蓮術師のゴーグル/Pyromancer's Goggles(ORI)》でさえバンクーバーでは試されている。

 カナダで誰が、どんなデッキで頂点に立つかは未だ不明であるが、『マジック・オリジン』のカードが存在感を持つことに疑問はない。

前の記事: 【英語記事】 The First Pro Tour | 次の記事: 【観戦記事】 第6回戦:Christian Calcano(アメリカ) vs. Paul Rietzl(アメリカ)
プロツアー『マジック・オリジン』 一覧に戻る