マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 スタンダード・メタゲームブレイクダウン2日目

【戦略記事】 スタンダード・メタゲームブレイクダウン2日目

hosler.jpg

Corbin Hosler / Tr. Tetsuya Yabuki

2015年8月1日

原文はこちら

 プロツアー『マジック・オリジン』2日目へようこそ! 昨日1日を通して、マジックはその面白さを私たちに余すところなく見せてくれた。そして、ここバンクーバーの地に集った300を超えるプレイヤーたちも、期待通りの戦いを見せてくれた。

 『マジック・オリジン』がスタンダード環境に大きな影響を与えたのは、もはや疑いようがない。それは2日目に進出したデッキの数が物語っている。「赤緑信心」は最大勢力を維持しているものの、1日目に成功した唯一のデッキとは到底言えないだろう。アグレッシブなデッキは全体的に安定した成績を収め、「赤アグロ」と「青赤《アーティファクトの魂込め》」のふたつのデッキは、使用者の多くを2日目へ送り込んでいる。

 見るべき数字はたくさんある。まずは、2日目のメタゲームにおいて1%以上を占めるデッキ全体の、使用者数と使用率を見ていこう。

デッキ名使用者数使用割合
赤緑信心3815.51%
赤アグロ3514.29%
アブザン・コントロール3012.24%
青赤《アーティファクトの魂込め》2811.43%
青黒コントロール208.16%
アブザン・ラリー145.71%
ジェスカイ104.08%
スゥルタイ・コントロール104.08%
アブザン・アグロ72.86%
アタルカ・レッド52.04%
ゴブリン41.63%
ジェスカイ・トークン41.63%
白青「英雄的」41.63%
4色結集31.22%
マルドゥ・ドラゴン31.22%
白緑「星座」31.22%
その他2610.61%

 上位5つのデッキが、初日を終えてその順位を維持している。その一方で、初日に25人の使用者を集めた「スゥルタイ・コントロール」はそのうち10人しか2日目に送り出せず、24人中14人を2日目へ進出させた「アブザン・ラリー」に順位を譲ることになった。

 無論、単純な使用者の数だけですべてを語ることはできない。会場で人気を集めたデッキを知るにはうってつけだが、やはり進出率――そのデッキを使用したプレイヤーが2日目に進出した割合――についても見るべきだろう。以下に2日目進出率上位10デッキを挙げよう。

デッキ名2日目進出者進出率
青赤《アーティファクトの魂込め》33人中28人84.85%
アブザン・アグロ9人中7人77.78%
赤アグロ54人中35人64.81%
青黒コントロール31人中20人64.52%
赤緑信心59人中38人64.41%
アブザン・コントロール47人中30人63.83%
ジェスカイ17人中10人58.82%
アブザン・ラリー24人中14人58.53%
スゥルタイ・コントロール25人中10人40.00%
アタルカ・レッド15人中5人33.33%

 ご覧の通り、先の表とは大きく異なる結果が出ている。「赤緑信心」は2日目進出率も悪くない数字を出しているが、2日目最大勢力にも関わらず、最高の活躍を見せたデッキとは言えない。同じデッキ同士が当たって食い合った、という理由は確かにあるものの、それでもこの統計に意味はある。とりわけ、他のデッキの数字を見れば明白だ。

 初日に大きな活躍を見せたのは、アグレッシブなデッキだった。「アブザン・アグロ」の人数(9人中7人が進出)はサンプルとしてやや少ないかもしれないが、33人が使用しそのうち28人が2日目に残っている「青赤《アーティファクトの魂込め》」デッキが、今大会で頭ひとつ抜けているのは疑いようがないだろう。さらに54人中35人を2日目へ送り込んだ「赤アグロ」を合わせると、初日に活躍した上位3デッキはすべてアグレッシブなもの、という結果になったのだ。

 とはいえ、それはコントロール・デッキが息をしていない、という意味ではない。「アブザン・コントロール」と「青黒コントロール」は2日目進出率60%を超え、使用者数の上では「青赤《アーティファクトの魂込め》」にも負けていないのだ。

 以上、プロツアー『マジック・オリジン』2日目のメタゲームについて最も顕著な情報をお送りした。他にも興味深いデータが出ているので、以下にいくつかご紹介しよう。

  • 「《ジェスカイの隆盛》コンボ」デッキを使用した2名のプレイヤーは、どちらも2日目に進出した
  • (バント、ジェスカイ、あるいは素直に白青など)「英雄的」系のデッキを用いたプレイヤーは、10人のうち6人が2日目に進出した
  • 「星座」デッキ――アブザンのものや白緑のもの――は、6人中5人が2日目に進出した
  • 《先祖の結集》を駆使するデッキで、アブザンのものは初日のトップ・パフォーマンス・デッキにならなかったが、実は色を加えたものが活躍している。6人中5人のプレイヤーが、4色あるいは5色の「《先祖の結集》」デッキを操り2日目に進出している
  • 「その他」のカテゴリーについて。使用率3%未満のデッキを(便宜上「その他」として)すべてこのカテゴリーに分類すると、全体の22.38%にのぼる。2日目には24.5%まで伸びているところを見ると、この環境では勝利のために必ずしもトップメタのデッキを使う必要はないようだ。

前の記事: 【英語記事】 Round 8: Joel Larsson vs. (9) Shaun McLaren | 次の記事: 【英語記事】 ドラフトビューワー:第2ドラフト、ポッド1
プロツアー『マジック・オリジン』 一覧に戻る