マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 プロツアー『マジック・オリジン』 トップ5カード

【トピック】 プロツアー『マジック・オリジン』 トップ5カード

wizards_authorpic_larger.jpg

Wizards of the Coast / Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru

2015年8月2日

原文はこちら

 この3日間に繰り広げられた何千というマッチの中で飛び交ったカードを通してこのイベントを振り返ってみたい? このプロツアー『マジック・オリジン』を定義づけた上位5枚、いや6枚のカードを紹介しよう(どうしても絞りきれなかったのだ)。

《巨森の予見者、ニッサ》

クリックで変身

 この週末を通して、すべての新しい両面プレインズウォーカーがフィーチャー・マッチ・エリアで非常に多く見かけられた。赤のプレイヤーは火力とともに《カラデシュの火、チャンドラ》を使い。《先祖の結集》使いは《異端の癒し手、リリアナ》を何度も戻し、《ヴリンの神童、ジェイス》は墓地デッキを自在に操る。しかしそのどれも《巨森の予見者、ニッサ》ほどに強烈にして静かな影響を与えはしなかった。《巨森の予見者、ニッサ》は、トップ8で最も使われていたプレインズウォーカーである。上位でも下位でも、アブザン・コントロール、緑基調の信心デッキに順応し、様々な活躍を見せていた。《ヴリンの神童、ジェイス》も注意を惹いた(チーム「Pantheon」がさまざまなジェイス・デッキを使っていたのは有名だ)が、最上位に輝いたのは《精霊信者の賢人、ニッサ》だった。

《ナントゥーコの鞘虫》

 《ナントゥーコの鞘虫》は一見すると無害だが、スタンダードに登場するたびに輝きを放つ。今回の場合、《先祖の結集》デッキの鍵として心臓(と墓地)をばたばたさせた。ピエール・ダジャン/Pierre Dagen、ティモテ・シモノ/Timotee Simonot、津村健志らが《先祖の結集》デッキに《ナントゥーコの鞘虫》と《不気味な腸卜師》を入れ、安定したドロー・エンジンを作っていた。

 さらに、《ナントゥーコの鞘虫》はドラフトの黒赤の生け贄アーキタイプの鍵でもあり、多くのプレイヤーが信頼を置いていた。まさに存在感を示していたといえよう。

《トーパの自由刃》

 リミテッドを見ると、40枚デッキで一番働いたのは《トーパの自由刃》だろう。この週末の上位2つのアーキタイプが赤白と白青で、《トーパの自由刃》は誰もが使いたいと思う白のコモンなのだ。高名で加速したこの環境では、第2ターンに攻撃を仕掛けるのが勝利の条件と言える。そして《トーパの自由刃》はその第一候補なのだ。対戦相手がまごついていたら3/3に育ち、序盤の戦闘を支配してしまうだけでなく、その後でも充分な脅威となる。ドラフトで白を選ぶのが最善手なら(実際そうだった)、《トーパの自由刃》はその大きな理由の1つに挙げられる。

《搭載歩行機械》

 『マジック・オリジン』の強烈なアーティファクトの《搭載歩行機械》は、リミテッドに与えた影響だけではなく、構築における青赤《アーティファクトの魂込め》デッキの結果もあって、このリストに名を連ねた。

 ステフェン・ベリオス/Stephen Berrios、準優勝者にして2014-2015年プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのマイク・シグリスト/Mike Sigristはどちらも自分の青赤デッキに《搭載歩行機械》を4枚デッキに投入してトップ8に入賞している。そして、その両方で、《搭載歩行機械》は重要な役割を果たしているのだ。

 《搭載歩行機械》はこのデッキで序盤から中盤へ、そして中盤から終盤へとゲームをつなぐ数少ないカードの1つである。さらなるブロッカーを生み出すチャンプ・ブロッカーであり、攻撃クリーチャーを生み出す攻撃クリーチャーであり、ブロッカーを生み出す攻撃クリーチャーである。実際にその全ての役割を果たすのだ。そして、この多目的な万能カードを、早ければ第2ターンに5/5速攻飛行クリーチャーを生み出せる《アーティファクトの魂込め》などと組み合わせると、何でもできるデッキのできあがりだ。

 《搭載歩行機械》がリミテッドの王者なのは誰でも知っていたが、まだ評価が足りなかったのは明らかだ。

《ケラル砦の修道院長》/《極上の炎技》

 『マジック・オリジン』は誰にでも得るものがあるセットだが、このセットが発売されたとき、世界中の赤使いは山が想像を絶する力で揺れていることを感じたのだ。《ケラル砦の修道院長》と《極上の炎技》が、赤デッキを次のレベルに押し上げる力を持った道具なのは明らかだった。プロツアー『マジック・オリジン』に参加したプロたちは、赤単デッキが存在するというところまでは予想していたが、しかしそれでもまだ過小評価だったのだ。

 最初にこのセットを見たとき、《極上の炎技》を軽視してしまうことはよくあることだ。非常に単純なカードだ。3マナで4点のダメージ、ときどき打ち消されないようになる。問題は、実際に使う段になると4点というのは大きいダメージなのだ。そして《かき立てる炎》とあわせると赤デッキは8枚の4点火力を手にすることになる。これはこの世界のチャンドラの化身、パトリック・サリバン/Patrick Sullivanのお墨付きだ。

 《ケラル砦の修道院長》はそれよりもずっとエキサイティングだ。果敢つきで戦闘にも強い。19枚の1マナ呪文が入ったデッキでは、第3ターンにもカードを1枚追加で使えることが充分期待できる。3枚目の土地を引けなかったなら、これで手に入れられるかもしれないし、少なくとも1枚掘り進むことはできる。序盤に戦場を支配し、そして火力で決めていくには完璧なカードだ。

 多くのプレイヤーが前のプロツアーで優勝したデッキを元に調整した結果、これはこのプロツアー2日目で2番目に多いデッキとなった。

 そして、この2種類それぞれ4枚が、ヨエル・ラーション/Joel Larssonを初めてのプロツアー王者に押し上げたのだ。その理由と、それ以外の様々な燃え上がる理由から、我々は《ケラル砦の修道院長》と《極上の炎技》をプロツアー『マジック・オリジン』代表カードだと認定する。

前の記事: 【観戦記事】 決勝:Joel Larsson(スウェーデン) vs. Mike Sigrist(アメリカ)
プロツアー『マジック・オリジン』 一覧に戻る