マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

(現地取材) 中島主税 トップ8への道

(現地取材) 中島主税 トップ8への道

by Naoki Shimizu


 第13ラウンド終了時点、日本勢でトップを走っていたのはやはり中島 主税(東京)であった。
 初日を1敗で終えた後、2日目で2敗を喫してしまい3敗となってしまったところだったが、まだまだトップ8の目は充分に残っている。

/

 彼が操るデッキは赤単の『親和』だ。《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》《エイトグ/Atog》といったクリーチャーを、《投げ飛ばし/Fling》するという非常に爽快なデッキでありつつサイドボードから《血染めの月/Blood Moon》を用意するという、いかにもモダンなデッキである。

 そんな中島の最終3ラウンドを追ってみた。


 まず第14ラウンド。ここで登場するのがこの男。
 Brian Kibler(アメリカ)である。

/

 昨年のグランプリ・仙台を制したことでも恐らく日本の多くの方に知られているプレイヤーであろうかと思う。
 まさしく「強豪」という言葉が相応しい人物。2009年にプロツアー・オースティンを優勝したときの『Zoo』を思い起こさせる新デッキ、『Counter Cat』を引っさげて中島を迎え撃つ。

/


Game 1

 Kibler、痛恨、ダブルマリガン。
 中島は容赦なく、《メムナイト/Memnite》《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》から、《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》《金属ガエル/Frogmite》とつなげKiblerを攻め立てる。

 守るしかないKiblerは《流刑への道/Path to Exile》で《電結の荒廃者/Arcbound Ravager(DST)》を退けるが、その後中島が組み上げた《頭蓋囲い/Cranial Plating》に対する解答を、2枚ハンデのKiblerは持ち合わせていなかった。

中島 1-0 Kibler


Game 2

 両者7枚でキープ。
 らしくない展開となってしまったKiblerから、今度こそはという強い思念が伝わってくるようだ。
 そんな思いを乗せて、《野生のナカティル/Wild Nacatl》が滑り出す。

 だが中島は落ち着いてこれを《感電破/Galvanic Blast》の2点で退ける。
 そして続くターンにはお返しとばかりに超展開! 《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》をからめつつ《頭蓋囲い/Cranial Plating》《オパールのモックス/Mox Opal》、そして《金属ガエル/Frogmite》!!

 さきほどのようにはやられまいと《金属ガエル/Frogmite(MRD)》を《稲妻のらせん/Lightning Helix》で退けるKiblerは、続いて5/5の《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を送り出す。
 だが中島の展開は止まらない。
 《頭蓋囲い/Cranial Plating》の2枚目から、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》を置きつつ《信号の邪魔者/Signal Pest》《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》と展開。一気に毒殺も見えてくるという状況だ。

 Kiblerは手札に《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を抱えている。なんとかここまで辿りつきさえすれば!というところ。
 そして戦場に《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を加え、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》とあわせて10点のクロックを作り出す。2回攻撃を通すことができれば勝利する算段だ。

 その前に、と中島は《頭蓋囲い/Cranial Plating》を纏わせた《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》と《信号の邪魔者/Signal Pest》で攻撃し、Kiblerの残る最後の《稲妻/Lightning Bolt》を使わせる。毒殺こそできなくなったが、《頭蓋囲い/Cranial Plating》2枚があれば充分Kiblerを倒すのに事足りる。

 Kiblerは力強くドローし、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で10点ダメージを決めつつ、とうとう《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を着地させる。+2能力を使っても《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》は一撃で倒されてしまうが、チャンプブロッカーさえ出されなければ次の攻撃でKiblerは勝つというプランだ。もしチャンプブロッカーを出されてしまっても、それを除去する呪文を引けばよい。

 だがそのKiblerのプランを完全に粉砕する一枚が降臨した。

 金属術を達成しているこの勇者は、「ドラゴンマスター」Brian Kiblerの望みをまさしく1枚で完封してのけた!

中島 2-0 Kibler


 3敗キープとなった中島。この次のラウンドを勝てば、その次をIDしてトップ8というラインに立てる。
 大事な大事な第15ラウンド。立ちはだかったのは今年のプロツアー・パリでもトップ8入賞を果たしているVincent Lemoine(ベルギー)だ。

/

 この山のように大きな男が操るデッキは赤緑の《雲上の座/Cloudpost》。《原始のタイタン/Primeval Titan》が5枚デッキに入っているのではないかとすら思わせる雰囲気だ。
 一方その内面はとっても気さく。中島を相手に「よろしくおねがいします」と非常に流暢な日本語でご挨拶。「日本の漫画が好きなんだ」とのことだ。
 これには中島もニッコリ。円満な雰囲気で、決戦が始まる。

/

Game 1

 またしてもダブルマリガンとなったLemoine。それに対して中島は《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》から《金属ガエル/Frogmite》3連打の猛攻!!
 《エイトグ/Atog》こそ《内にいる獣/Beast Within》するLemoineだったが、もちろんこのカエル軍団を押しとどめる術はなかった。

中島 1-0 Lemoine


Game 2

 両者7枚キープ。Lemoineは《森/Forest》を用意しつつの《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》、さらに《炎渦竜巻/Firespout》で中島の軍勢を一掃する立ち上がり。
 中島はキラーカード《血染めの月/Blood Moon》でVincentの動きを封じにかかるが、《草茂る胸壁》と《森》あわせて{G}{G}が出る状況では《血染めの月/Blood Moon(CHR)》は無力。
 《原始のタイタン/Primeval Titan》が降臨し、《内にいる獣/Beast Within》で月が獣となると、伝説のエルドラージが永劫を引き裂くまでには時間がかからなかった。

中島 1-1 Lemoine


Game 3

 中島は土地さえ引ければ2ターン目に《血染めの月/Blood Moon》が置けるという手札に賭ける。
 しかしVincentの対応は完璧だった。見事2ターン目に《血染めの月/Blood Moon》を置いた中島をあざ笑うように《グルールの印鑑/Gruul Signet》、そして《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》と展開し、さらに《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》で《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》を追加して加速。
 2ターン目の《血染めの月/Blood Moon》以降元気の無い中島をよそに、《原始のタイタン/Primeval Titan》を進撃させ、あとは《原基の印章/Seal of Primordium》で月をさばくと、あっという間に中島の希望を撃ち砕いたのだった。

中島 1-2 Lemoine


 だがLemoine、運が無かった。このラウンドで勝利しトップ8を確定させたかと思われたのだが、次のラウンドで対決したのはIDが許されないSam Black(アメリカ)。
 ここで相性の悪い「モダン感染」とマッチングされ、敗北。トップ8を逃すと言う憂き目に遭うのだった。


 一方の中島。敗れはしたものの、オポーネントマッチパーセンテージではトップ。もし最終戦を勝てば、8位に滑り込める可能性が残っている!
 最終戦、この戦いさえ勝てば!!

 Round 16、対戦相手はJosh Hakakian(アメリカ)。

/

 勿論、相手にとっても勝てばトップ8、というところを賭けた大一番だ。
 泣いても笑ってもこれが最終戦。中島が最後の望みを賭けて、最終戦のフィーチャーマッチエリアの席につく。

 対戦相手のデッキは青赤。ストームコンボ、《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》、そして《欠片の双子/Splinter Twin》とバリエーションが豊富だがどれもみな「コンボ」であることは変わらない。今大会でも「青赤」という括りでは最多勢力だ。


Game 1

 ダイスロールの結果先手は中島。
 土地が1枚だが、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》と《メムナイト/Memnite》が2体というまずまずの初手をキープ。
 なかなか土地が伸びない中島だが、こつこつと3点ずつのクロックを刻む。

 なおも、土地が引けない。

 僕はこの光景に覚えがある。日本選手権決勝、石田龍一郎(愛知)が、ダブルマリガン後、細いクロックながらも決して諦めずに攻撃し続け勝利を得た瞬間だ。
 土地が止まってしまっても、盤面にいるクリーチャーが1/1だけだったとしても、決して諦めない。次のドローこそは、必要なカードを引いて見せるんだ!

 中島のクロックが遅いうちに、とHakakianは3ターン目に《知識の渇望/Thirst for Knowledge》で青赤のコンボとしての手札を整えにかかる。

 4ターン目。念願叶い、ついに《オパールのモックス/Mox Opal》を手に入れた中島は、《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を追加することでなんとか次のターンには相手を倒せる「詰めろ」の状態を作り上げることに成功する! 先ほどの《知識の渇望/Thirst for Knowledge》でHakakianのコンボが完成していなければ或いは・・・?

 土地が4枚となったHakakikan。なんと、自らを倒そうとする中島の《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》が膨れ上がるのを、ただ見ているしかなかったのだった。

中島 1-0 Hakakikan


 中島の視点でみると、まだHakakianがどういったコンボをプレイしているのかはわからないかもしれない。
 なんにせよ、《知識の渇望/Thirst for Knowledge》以外は目立った呪文をプレイしていないのだ。

 ただ、中島は見抜いていた。試合後、こう語ってくれた。
「相手は《滝の断崖/Cascade Bluffs》を置いていた。ということは、{U}{U}か{R}{R}が必要になるデッキ。ということは・・・《欠片の双子/Splinter Twin》!」


Game 2

 そして中島に「神の手」が舞い降りた。

 《信号の邪魔者/Signal Pest》《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
 《オパールのモックス/Mox Opal》《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
 《感電破/Galvanic Blast》
 そして、

 《倦怠の宝珠/Torpor Orb》!!!

 1ターン目に《倦怠の宝珠/Torpor Orb》を置きながら、更にそれが対処されても《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》を撃ち落とせる《感電破/Galvanic Blast》がある!
 相手の《定業/Preordain》の返し、すぐさま1ターン目に《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》《オパールのモックス/Mox Opal》から、《倦怠の宝珠/Torpor Orb》を設置! 動揺するHakakikan。なぜデッキがバレているんだ・・・。と。

 中島は、これで終わりではないとばかりに《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》《信号の邪魔者/Signal Pest》《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》で攻め立てる。
 ブロッカーとして登場した《やっかい児/Pestermite》はすぐ《感電破/Galvanic Blast》で撃ち落とし、クロックとして《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》も追加していく。
 《倦怠の宝珠/Torpor Orb》で完全に手が止められてしまったHakakian、《信号の邪魔者/Signal Pest》で強化された「ちらつき蛾」軍団を止めることはできなかったのだった・・・!!

中島 2-0 Hakakian

/

Hakakian "I made a lot of mistakes in the last couple of games, you are better. I hope you win tomorrow."
(この試合、僕は沢山のミスを犯したと思う。君のほうが上手だ。明日、君に勝って欲しい。)

 彼もまた、素晴らしいスポーツマンシップの持ち主であった。


 人事は尽くした。あとは、天命を待つのみだ。
 スタンディングが発表される。そのとき中島は、仲間の中でただひたすら祈るしかなかった。

/

 そして・・・

"8th Place, 36 points...."


"From Japan!!!"

/


 おめでとう、中島 主税!

前の記事: (翻訳記事) ジャッジ! | 次の記事: (特集記事) 日本勢 2日目の結果
プロツアー・フィラデルフィア11 一覧に戻る