マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

(現地取材) 清水直樹のフィラデルフィア写真日記・2日目~3日目

(現地取材) 清水直樹のフィラデルフィア写真日記・2日目~3日目

by Naoki Shimizu

/

 昨日は中島主税さんの活躍を特集しましたが、今日は2、3日目の写真日記をお送りします!

/

 全マジックプレイヤー垂涎ものの対決。渡辺雄也対ジョン・フィンケル、新旧のスーパースター対決!
 そして勝ったのは渡辺!!

/

 勿論この人も忘れてはなりません。殿堂入り、おめでとうございます!

/

 会場横では、アーティストサイン会がいつもどおり大盛況でした。

/

 この2日間は、会場近くにある「Reading Terminal Market」という市場へお昼を買いに行きました。

/

/

/

 こんな感じで色々な食材が、ところ狭しと並んでいます。
 土日ということもあってか、人出はまるで日本の大都市のような多さでした。

/

 その中に、「サラダバー」を発見!!
 アメリカに行くとどうしても野菜不足になりがちだったので、これは本当にありがたかったですね。

/

 中島さん、プロツアートップ8おめでとう!ということで皆でちょっと高そうなレストランへ。
 こちらはそのデザートです。

/

 トップ8をやっている横で、Channel Fireball勢はチームドラフトに興じていました。

/

 最後まで魅せてくれたSam Black(アメリカ)も、さっそくドラフトに参加しています。
 やっぱりこの人もマジックが大好きなのです。

/

 Reading Terminal Market内でお土産屋さんを発見したので、しっかり確保しておきました。
 休暇をもらっているので、こういうのは大切です(笑)

/

 なかちかさん、お疲れ様でした! 夢と感動をありがとうございました!



 というわけで、僕の取材もここで終わることとします。

 今回は「権利がないのにフィラデルフィアまでお金も時間もかけて行く」という正直言って無謀としかいえない挑戦でした。
 確かに本戦への参加は叶わなかったものの、プロツアーというイベントの楽しさは200%以上得ることができたと思います。

 自分のことを慕ってくれる海外のプレイヤーがいる。新しく友達となる海外のプレイヤーがいる。感動を与えてくれる日本人プレイヤーが目の前にいる。
 こんなに素晴らしいことは他にありません。膨大なお金と時間をかける価値が、間違いなくあったと思っています。

 これまでプロツアーというイベントに対して「敷居が高い」という印象を持っていたプレイヤーの方は恐らく少なくないと思います。
 ですが、今回の企画を通じて「自分もプロツアーに参加してみたいな」と思う方が増えれば嬉しいです。

前の記事: (英語記事・動画) Video Feature: Day Three Wrap-up
プロツアー・フィラデルフィア11 一覧に戻る