マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 プロツアー『イクサランの相克』初日モダン・メタゲームブレイクダウン

【戦略記事】 プロツアー『イクサランの相克』初日モダン・メタゲームブレイクダウン

authorpic_FrankKarsten.jpg

Frank Karsten / Tr. Tetsuya Yabuki

2018年2月2日

原文はこちら

 集計終了。カバレージ班のシム・チャップマン/Chapman Simと私は464人分のデッキリストを集計し、分類した。特に人気を集めたのは「5色人間」、「親和」、「バーン」の3デッキだが、そのどれも使用率10%を超えていない。今大会でも多くのアーキタイプがしのぎを削るモダンは、鮮やかなまでの多様性を保っている。

アーキタイプ分析

 まずは5人以上の使用者を集めたアーキタイプを見てみよう。

アーキタイプ使用者数使用率
5色人間439.3%
親和378.0%
バーン347.3%
トロン326.9%
グリクシス「死の影」306.5%
エルドラージ・トロン265.6%
ジェスカイ・コントロール235.0%
青赤けちストーム235.0%
白青コントロール235.0%
ドレッジ173.7%
タイタン・シフト163.4%
《献身のドルイド》搭載型カンパニー143.0%
マルドゥ・パイロマンサー132.8%
《ウルヴェンワルド横断》搭載型「死の影」132.8%
アブザン102.2%
黒緑ミッドレンジ91.9%
ランタン・コントロール91.9%
ボーグルズ81.7%
タイタン・ブリーチ61.3%
虚ろな者61.3%
グリクシス・コントロール51.1%
マッドキャップ・ムーン51.1%
青赤(タッチ白)ブリーチ51.1%

 使用率上位3デッキのゲーム・プランにおける鍵は、《教区の勇者》、《大霊堂のスカージ》、《ゴブリンの先達》といった1マナ域で共通している。「親和」と「バーン」は以前からモダンでよく知られたアーキタイプだが、「5色人間」は比較的最近台頭した勢力だ。

 「5色人間」は、『イクサラン』で《手付かずの領土》が登場したことで成立した。マナの安定性に不安を抱えることなく、モダンで使える人間を5色すべてから厳選し採用できるようになったのだ。また、同じく『イクサラン』で《帆凧の掠め盗り》が登場したことも大きな追い風だった。《翻弄する魔道士》や《スレイベンの守護者、サリア》と組み合わせることで、「青赤けちストーム」のようなコンボ・デッキに対する妨害手段を豊富に持つことができるようになった。

 4番人気は「トロン」。緑単色と黒緑のものが多い。直近に行われた個人戦のモダン・グランプリで3名の使用者をトップ8へ送り出したこのアーキタイプは、今大会でも人気を集めている。早ければ3ターン目に《解放された者、カーン》を繰り出せるこのアーキタイプに、多くのプレイヤーが望みを託しているのだ。

 上位層から目を移すと、実にさまざまなアーキタイプが見受けられる。「グリクシス『死の影』」、「ジェスカイ・コントロール」、「ドレッジ」――画面をスクロールする手はまだまだ止まらない。このまま使用者数4人以下のアーキタイプを見てみよう。

アーキタイプ使用者数使用率
バント・ナイトフォール40.9%
デス&タックス30.6%
感染30.6%
むかつき20.4%
エルフ20.4%
アイアンワークス20.4%
ジャンド20.4%
赤緑土地破壊20.4%
青黒フェアリー20.4%
青赤パイロマンサー20.4%
緑白ターボランド20.4%
マーフォーク20.4%
4色カンパニー10.2%
5色コピーキャット10.2%
アブザン・カンパニー10.2%
バント・カンパニー10.2%
バント・エヴォリューション10.2%
ブルー・ムーン10.2%
《白日の下に》搭載型「風景の変容」10.2%
奇襲隊Zoo10.2%
ドメインZoo10.2%
エルドラージ&タックス10.2%
エルドラージ・スピリット10.2%
エスパー・コントロール10.2%
エスパー「御霊の復讐」10.2%
エスパー「死の影」10.2%
緑白カンパニー10.2%
緑白ヘイトベアー10.2%
グリーン・ムーン10.2%
グリショールブランド10.2%
ジェスカイの隆盛10.2%
キキ・コード10.2%
死せる生10.2%
赤緑エルドラージ10.2%
赤緑エヴォリューション10.2%
氷雪コントロール10.2%
青赤キキジキ10.2%
青赤「窯の悪鬼」10.2%
白黒エルドラージ10.2%
白黒ゾンビ10.2%
白青「予言により」10.2%

 表を眺めているだけで楽しくなる。奇抜な戦略の多さという点で、モダンは決して期待を裏切らないのだ。

カード採用枚数ランキング

 もちろん他にもデータを用意している。以下に、プロツアー『イクサランの相克』にて提出された全デッキリストから合計150枚以上採用されたカードをご紹介しよう(モダンの主力カードがわかるだろう)。なおメインデッキとサイドボードを合わせて集計しており、基本土地は除いている。

  1. 《稲妻》
  2. 《思考囲い》
  3. 《流刑への道》
  4. 《沸騰する小湖》
  5. 《血清の幻視》
  6. 《血染めのぬかるみ》
  7. 《致命的な一押し》
  8. 《瞬唱の魔道士》
  9. 《樹木茂る山麓》
  10. 《コジレックの審問》
  11. 《集団的蛮行》
  12. 《貴族の教主》
  13. 《大祖始の遺産》
  14. 《溢れかえる岸辺》
  15. 《地平線の梢》
  16. 《魂の洞窟》
  17. 《探検の地図》
  18. 《ウルザの鉱山》
  19. 《ウルザの魔力炉》
  20. 《ウルザの塔》
  21. 《謎めいた命令》
  22. 《吹きさらしの荒野》
  23. 《新緑の地下墓地》
  24. 《汚染された三角州》
  25. 《四肢切断》
  26. 《古えの遺恨》
  27. 《稲妻のらせん》
  28. 《通りの悪霊》
  29. 《墓掘りの檻》
  30. 《蒸気孔》
  31. 《安らかなる眠り》
  32. 《選択》
  33. 《ヴェールのリリアナ》
  34. 《スレイベンの守護者、サリア》
  35. 《オパールのモックス》
  36. 《踏み鳴らされる地》
  37. 《幽霊街》
  38. 《石のような静寂》
  39. 《天界の列柱》
  40. 《血染めの月》
  41. 《古きものの活性》
  42. 《死の影》
  43. 《歩行バリスタ》
  44. 《反射魔道士》
  45. 《難題の予見者》
  46. 《教区の勇者》
  47. 《サリアの副官》
  48. 《帆凧の掠め盗り》
  49. 《手付かずの領土》
  50. 《産業の塔》
  51. 《翻弄する魔道士》
  52. 《霊気の薬瓶》
  53. 《カマキリの乗り手》
  54. 《解放された者、カーン》
  55. 《ダークスティールの城塞》
  56. 《廃墟の地》
  57. 《外科的摘出》
  58. 《儀礼的拒否》
  59. 《信仰無き物あさり》
  60. 《頭蓋囲い》
  61. 《羽ばたき飛行機械》
  62. 《バネ葉の太鼓》
  63. 《タルモゴイフ》
  64. 《僧院の速槍》

 上位には「フェッチランド」と、モダンで最も強力かつ効率的で印象的な1マナ呪文――《稲妻》、《思考囲い》、《流刑への道》、《血清の幻視》、《致命的な一押し》の姿が見受けられる。《致命的な一押し》は最近のカードだが、モダンというフォーマットに大きな影響を与えている。

 それぞれのアーキタイプについての詳細は、明日また見ていこう。ゲームプランの解説や結果の分析も行うので、お楽しみに!

前の記事: 【英語記事】 ドラフトビューワー:1日目 ポッド49 | 次の記事: 【戦略記事】 『イニストラードを覆う影』から『イクサランの相克』までのモダンの進化
プロツアー『イクサランの相克』 一覧に戻る