マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 プロツアー『イクサランの相克』ドラフト・ラウンド全勝者たち

【戦略記事】 プロツアー『イクサランの相克』ドラフト・ラウンド全勝者たち

chapman.jpg

Chapman Sim / Tr. Tetsuya Yabuki / Edit. Yusuke Yoshikawa

2018年2月3日

原文はこちら

 昨日は58人のプレイヤーが最初のドラフト・ラウンド3回戦を全勝で切り抜けた。そして本日、7人のプレイヤーが再び全勝を果たし、今大会のドラフト・ラウンド6-0の大成功を収めた。そこで、輝かしい成績を残した7人に話を聞き、彼らの成功の理由に迫ろう。あわせてデッキリストも確認すれば、『イクサラン』ブロック・ドラフトの環境を見抜く一助となるはずだ。

エリオット・ブウサー/Eliott Boussaud

 エリオット・ブウサーは、グランプリ・プラハ2015優勝を含めグランプリ・トップ8入賞3回を記録する28歳のフランス人プレイヤーだ。プロツアー『イクサラン』で11勝5敗の好成績を収め、今大会の参加権利を獲得した。彼が今大会でドラフトしたのは、2日とも除去が豊富なデッキだった。対戦相手の序盤の攻勢をしのぎ、《Juzam Djinn》(《薄暮の軍馬》)の群れのような強力な脅威で終盤を圧倒することに成功したのだ!

Eliott Boussaud - 「白黒」
プロツアー『イクサランの相克』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月2日)
9 《平地》
7 《沼》

-土地(16)-

2 《短角獣の歩哨》
1 《薄暮軍団の盲信者》
1 《猛竜の相棒》
1 《太陽の歩哨》
2 《軍団の征服者》
1 《日の出の使者》
1 《永暁の勇者》
1 《縄張り持ちの槌頭》
1 《凶兆艦隊の侵入者》
2 《日の出の追求者》

-クリーチャー(13)-
1 《旅行者の護符》
1 《渇望の時》
2 《強者鏖殺》
2 《弱者成敗》
1 《不敬の行進》
1 《女王の任命》
1 《略奪者の急襲》
1 《イクサランの束縛》
1 《依頼殺人》

-呪文(11)-
Eliott Boussaud - 「青黒昇殿」
プロツアー『イクサランの相克』 2日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月3日)
8 《島》
8 《沼》

-土地(16)-

1 《セイレーンの嵐鎮め》
2 《薄暮軍団の盲信者》
1 《自暴自棄の漂流者》
1 《深海艦隊の船長》
1 《探求者の従者》
1 《深海艦隊の移乗要員》
1 《財力ある船乗り》
1 《セイレーンの見張り番》
2 《薄暮の軍馬》
1 《尖塔這い》
2 《裕福な海賊》
1 《急流の魂》
1 《原初の潮流、ネザール》

-クリーチャー(16)-
1 《潜水》
1 《船慣れ》
1 《卑怯な行為》
1 《渇望の時》
1 《黄金の死》
1 《黄金都市の秘密》
1 《水結び》
1 《刺突》

-呪文(8)-

ジャン=エマニュエル・ドゥプラ/Jean-Emmanuel Depraz

 興味深いことに、ジャン=エマニュエル・ドゥプラもブウサーと同じ道をたどって成功を収めた。同じくフランスのドゥプラもまた、グランプリ優勝経験を持つプレイヤーだ。彼はブウサーと同様に1日目は「白黒」、2日目は「青黒」のデッキをドラフトし、見事全勝を果たした。さらに、奇しくも両者のデッキには共通して《原初の潮流、ネザール》が入っている!

 両プレイヤーとも、この新環境では黒が最も強い色のひとつであると認識していた。その認識は、他の6-0プレイヤーにも見受けられる。

Jean-Emmanuel Depraz - 「白黒」
プロツアー『イクサランの相克』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月2日)
8 《沼》
7 《平地》
1 《オラーズカの拱門》
1 《進化する未開地》

-土地(17)-

3 《薄暮軍団の盲信者》
1 《恐竜ハンター》
1 《軍団の副官》
1 《軍団の飛び刃》
2 《貪食の吸血鬼》
1 《縄張り持ちの槌頭》
2 《鮮血の賛美者》
1 《薄暮の勇者》

-クリーチャー(12)-
1 《制覇の時》
1 《卑怯な行為》
1 《板歩きの刑》
1 《船長の鉤》
1 《光明の縛め》
1 《女王の任命》
1 《強者鏖殺》
1 《従者の献身》
1 《弱者成敗》
1 《刺突》
1 《吸血鬼の印》

-呪文(11)-
Jean-Emmanuel Depraz - 「青黒昇殿」
プロツアー『イクサランの相克』 2日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月3日)
8 《沼》
6 《島》
1 《進化する未開地》
1 《廃墟の地》
1 《山》

-土地(17)-

1 《恐竜ハンター》
1 《薄暮軍団の盲信者》
1 《探求者の従者》
1 《指名手配の獄道者》
4 《薄暮の軍馬》
1 《尖塔這い》
1 《裕福な海賊》
1 《原初の潮流、ネザール》

-クリーチャー(11)-
1 《旅行者の護符》
1 《否認》
1 《宝物の地図》
1 《板歩きの刑》
1 《砲撃》
1 《闇の尋問》
1 《黄金の死》
1 《詐取》
1 《略奪者の急襲》
1 《弱者成敗》
1 《海賊の獲物》
1 《恐竜変化》

-呪文(12)-

アンドレア・メングッチ/Andrea Mengucci

 プロツアー・トップ8入賞2回を誇るゴールド・レベル・プロのアンドレア・メングッチがまたやってくれた! チーム「Connected Company」や「MTG Mint Card」の仲間とともに練習を重ね十分な知識を蓄えた彼は、2日ともよく似た形の「白黒吸血鬼」デッキを作り上げ、ドラフト・ラウンドで力強く前進したのだ! 彼らは環境の攻略に成功したのだろうか?

「うん、ある程度は」とメングッチは答える。「白黒は本当に懐が深く、最高の色の組み合わせだ。白黒をやるのに特定のカードは必要なく、除去もよりどりみどりで、《短角獣の歩哨》やチキンで盤面も固められる」

 チキン?

「ああ、2/5の鳥型恐竜(《太陽冠のプテロドン》)のことを僕らは『チキン』って呼んでいるんだ。リミテッドに精通しているカルカノ(クリスティアン・カルカノ/Christian Calcano)が、《太陽冠のプテロドン》の凄さに気づいた。やがて彼は、白を使わないデッキにもタッチするほどになった。彼が毎回欠かさず『チキン』をデッキに入れているのを見て、チーム全員が真似するようになったんだ」

 おめでとう、夕飯はチキンで決まりだね!

Andrea Mengucci - 「白黒」
プロツアー『イクサランの相克』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月2日)
9 《平地》
8 《沼》

-土地(17)-

2 《短角獣の歩哨》
1 《這い回る心止虫》
2 《薄暮軍団の盲信者》
1 《アダントの先兵》
1 《猛竜の相棒》
1 《軍団の先駆け》
1 《貪食の吸血鬼》
1 《帝国のエアロサウルス》
1 《血潮隊の聖騎士》
1 《鮮血の賛美者》
2 《太陽冠のプテロドン》
1 《選定された助祭》

-クリーチャー(15)-
1 《吸血鬼の士気》
2 《渇望の時》
1 《不可解な終焉》
1 《征服者の誇り》
1 《復活》
1 《崇高な阻止》
1 《神聖なる評決》

-呪文(8)-
Andrea Mengucci - 「白黒」
プロツアー『イクサランの相克』 2日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月3日)
8 《平地》
8 《沼》
1 《放棄された聖域》

-土地(17)-

2 《短角獣の歩哨》
1 《司教の兵士》
1 《薄暮軍団の盲信者》
3 《軍団の征服者》
1 《軍団の先駆け》
1 《駆り立てる僧侶》
1 《縄張り持ちの槌頭》
1 《プテロドンの騎士》
1 《貪欲なチュパカブラ》
1 《鮮血の賛美者》
1 《選定された助祭》
1 《霊廟のハーピー》
1 《太陽冠のプテロドン》

-クリーチャー(16)-
1 《鉤爪の切りつけ》
1 《アゾールの門口》
1 《渇望の時》
1 《征服者の誇り》
1 《海賊のカットラス》
1 《復活》
1 《刺突》

-呪文(7)-

ジョン・スターン/Jon Stern

 チーム「Massdrop West」のジョン・スターンは、先頭集団に身を置きながら自身初のトップ8入賞を虎視眈々と狙っている。今大会でドラフトした「赤緑恐竜」と「青緑マーフォーク」デッキはふたつとも、欲しいカードがすべて揃った教科書のように理想的なものだった。

 どんな「赤緑恐竜」ができたのかって? 完全に狂ってるやつだ! 《怒り狂うレギサウルス》2枚と《怒り狂う長剣歯》2枚が入っていることを特筆しておこう。

 ドラフト・ラウンド全勝により最後のモダン・ラウンドへ向けて間違いなく確かな一歩を踏みしめたスターン。プロツアー・サンデー進出まであと一歩だ。

Jon Stern - 「赤緑」
プロツアー『イクサランの相克』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月2日)
9 《森》
7 《山》

-土地(16)-

1 《狂信的扇動者》
1 《オテペクの猟匠》
1 《太陽襟の猛竜》
3 《オラーズカの襞背》
1 《貪欲な短剣歯》
1 《打ち壊すブロントドン》
2 《黄金の守護者》
2 《怒り狂うレギサウルス》
1 《針歯の猛竜》
2 《怒り狂う長剣歯》
1 《轟く棘背びれ》

-クリーチャー(16)-
2 《両手撃ち》
1 《恐竜との融和》
1 《無謀な怒り》
1 《垂直落下》
1 《襲撃》
1 《雷群れの渡り》
1 《火炎砲発射》

-呪文(8)-
Jon Stern - 「青緑」
プロツアー『イクサランの相克』 2日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月3日)
9 《森》
8 《島》

-土地(17)-

3 《霧まといの川守り》
1 《翡翠をまとう者》
1 《クメーナの語り部》
3 《金林の追跡者》
1 《深根の戦士》
1 《マーフォークの枝渡り》
1 《風雲艦隊の空中要員》
2 《ジャングル生まれの開拓者》
1 《貪欲な短剣歯》
1 《自然形成師》
2 《巧射艦隊の帆綱引き》
1 《翡翠細工の職工》
1 《嵐を変容する者》

-クリーチャー(19)-
2 《川守りの恩恵》
1 《攻撃的衝動》
1 《弱者狩り》

-呪文(4)-

パスカル・フィーレン/Pascal Vieren

 チーム「Cardmarket」のパスカル・フィーレンは、グランプリ・トップ8入賞2回を記録するシルバー・レベル・プロだ。彼はドラフト・ラウンドを制覇しただけでなくモダン・ラウンドでも勝利を重ね、ひと足早くトップ8入賞を決めている。

Pascal Vieren - 「青緑」
プロツアー『イクサランの相克』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月2日)
7 《森》
7 《島》
2 《進化する未開地》

-土地(16)-

3 《翡翠をまとう者》
3 《金林の追跡者》
1 《深根の戦士》
1 《帆凧の海賊》
1 《マーフォークの霧縛り》
1 《戦凧の匪賊》
1 《ジャングル生まれの開拓者》
1 《自然形成師》
1 《俊敏な番人》
2 《翡翠細工の職工》
2 《セイレーンの略奪者》
1 《川守りの先駆け》
1 《嵐を変容する者》

-クリーチャー(19)-
1 《選択》
1 《粉砕する潮流》
1 《欲望の深み》
1 《水中からの侵略》
1 《座礁》

-呪文(5)-
Pascal Vieren - 「白黒」
プロツアー『イクサランの相克』 2日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月3日)
9 《平地》
7 《沼》

-土地(16)-

2 《司教の兵士》
2 《軍団の副官》
1 《薄暮軍団の盲信者》
1 《飢えた聖騎士》
1 《誓いを立てた吸血鬼》
2 《歓喜する空渡り》
2 《貪食の吸血鬼》
1 《薄暮の使徒、マーブレン・フェイン》
1 《束縛の司教》
1 《薄暮の軍馬》
1 《鮮血の賛美者》
1 《吸血鬼の亡霊》

-クリーチャー(16)-
1 《強迫》
1 《制覇の時》
1 《卑怯な行為》
1 《鉤爪の切りつけ》
1 《光明の縛め》
1 《女王の任命》
1 《従者の献身》
1 《吸血鬼の印》

-呪文(8)-

エリアス・ワッツフェルト/Elias Watsfeldt

 エリアス・ワッツフェルトもまた、ここで紹介している他のプレイヤーと同様に経験豊富なプレイヤーだ。グランプリ・トップ8入賞は4回を数え、プロツアー『イクサラン』で11勝5敗の好成績を残したことで今大会への参加権利を得た。プロツアー『イクサラン』のドラフト・ラウンドでも大成功を収めたことを考えると、『イクサラン』ブロックは彼が得意とする環境のようだ!

 そんな彼が組み上げた「赤緑恐竜」と「青緑マーフォーク」をご覧あれ!

Elias Watsfeldt - 「赤緑」
プロツアー『イクサランの相克』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月2日)
9 《森》
8 《山》

-土地(17)-

1 《凶兆艦隊の向こう見ず》
1 《屈強な古参兵》
1 《イクサーリの守り手》
1 《オテペクの猟匠》
1 《オラーズカの襞背》
1 《貪欲な短剣歯》
1 《俊敏な番人》
1 《打ち壊すブロントドン》
2 《葉を食む鞭尾》
2 《怒り狂うレギサウルス》
1 《針歯の猛竜》
1 《鬱蒼たるアルマサウルス》
1 《暴走する角冠》
1 《巨大な戦慄大口》

-クリーチャー(16)-
2 《恐竜との融和》
1 《無謀な怒り》
2 《襲撃》
2 《弱者狩り》

-呪文(7)-
Elias Watsfeldt - 「青緑」
プロツアー『イクサランの相克』 2日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月3日)
8 《森》
8 《島》

-土地(16)-

1 《翡翠をまとう者》
1 《霧まといの川守り》
2 《金林の追跡者》
1 《屈強な古参兵》
1 《マーフォークの霧縛り》
1 《川潜み》
1 《難破船あさり》
1 《銀エラの達人》
1 《ティシャーナの道探し》
1 《蔦形成師の神秘家》
1 《水罠織り》
1 《巧射艦隊の帆綱引き》
1 《秘滝の軍使》
1 《切り裂き顎の猛竜》
1 《セイレーンの略奪者》
1 《鬱蒼たるアルマサウルス》

-クリーチャー(17)-
1 《攻撃的衝動》
1 《提督の命令》
1 《塁壁壊し》
1 《黄金都市の秘密》
1 《小綺麗なスクーナー船》
2 《弱者狩り》

-呪文(7)-

マティア・ザッパローリ/Mattia Zapparoli

 最後に紹介するのは、マティア・ザッパローリだ。この7人の中では経験の浅いザッパローリだが(これがプロツアー初出場だ)、その彼がプロツアーのドラフト・ラウンドを全勝で切り抜けたことは驚くべきだろう。残念ながらモダン・ラウンドでの活躍はできずトップ8入賞を逃すことになったが、きっと才能の開花を実感できる手応えを得たはずだ。

「まさか初めてのプロツアーでドラフト全勝できるとは。思い出に残るデビューでした!」

Mattia Zapparoli - 「白黒」
プロツアー『イクサランの相克』 1日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月2日)
9 《沼》
8 《平地》

-土地(17)-

1 《薄暮まといの空渡り》
1 《這い回る心止虫》
2 《薄暮軍団の盲信者》
1 《飢えた聖騎士》
1 《女王湾の兵士》
1 《探求者の従者》
1 《軍団の飛び刃》
1 《歓喜する空渡り》
1 《軍団の征服者》
1 《流血の空渡り》
3 《鮮血の賛美者》
1 《吸血鬼の亡霊》
1 《霊廟のハーピー》
1 《不死の古き者》

-クリーチャー(17)-
1 《卑怯な行為》
1 《吸血鬼の士気》
2 《従者の献身》
1 《鮮血流》
1 《弱者成敗》

-呪文(6)-
Mattia Zapparoli - 「グリクシス」
プロツアー『イクサランの相克』 2日目ドラフト 3勝0敗 / 『イクサランの相克』『イクサラン』ブースタードラフト (2018年2月3日)
6 《沼》
4 《島》
4 《山》
2 《高地の湖》

-土地(16)-

1 《勇敢な海賊》
1 《狂信的扇動者》
1 《欲深い悪漢》
1 《恐竜ハンター》
1 《凶兆艦隊の貯め込み屋》
1 《深海艦隊の扇動者》
1 《帆凧の掠め盗り》
1 《猛竜の幼生》
2 《風雲艦隊の疾走者》
1 《稲妻砲手》
1 《変幻の襲撃者》
1 《財力ある船乗り》
1 《セイレーンの見張り番》
1 《鉄面連合の掠め取り》
1 《巧射艦隊の喧嘩屋》
1 《尖塔這い》
1 《凶兆艦隊の首折り》
1 《巧射艦隊の略取者》

-クリーチャー(19)-
1 《反逆》
1 《船慣れ》
2 《略奪者の急襲》
1 《弱者成敗》

-呪文(5)-

 2017-2018年シーズンの個人戦プロツアーは全3回で、今大会はそのふたつ目にあたる。個人戦プロツアーのドラフト・ラウンドで最も多くのマッチ・ポイントを獲得したプレイヤーに与えられる「ドラフト・マスター」の称号をめぐるレースは、現在エリアス・ワッツフェルトが6点ものリードを得ている。

所属国獲得マッチ・ポイント
EliasWatsfeldtスウェーデン36
CraigWescoeアメリカ30
AlexanderHayneカナダ30
PascalVierenベルギー30
ZileYao中国27
AriLaxアメリカ27
ReidDukeアメリカ27
IvanFlochスロヴァキア27
Paulo VitorDamo da Rosaブラジル27
KentaroYamamoto日本27
MartinDangデンマーク27
ArneHuschenbethドイツ27
JarvisYuアメリカ27
LuisSalvattoアルゼンチン27
BernardoSantosポルトガル27
AndreaMengucciイタリア27
JonSternカナダ27
EliottBoussaudフランス27

前の記事: 【戦略記事】 プロツアー『イクサランの相克』2日目モダン・メタゲームブレイクダウン | 次の記事: 【英語記事】 Round 14: Pascal Vieren (U/R Pyromancer) vs. Jean-Emmanuel Depraz (Traverse Shadow)
プロツアー『イクサランの相克』 一覧に戻る