マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

第6回戦の失格について

第6回戦の失格について

Trick Jarrett / Tr. YONEMURA "Pao" kaoru

2012年10月19日

原文はこちら

 プロツアー「ラヴニカへの回帰」の第6回戦で、参加者のジャッキー・リー/Jackie Leeが〔故意の違反 ― 詐欺行為〕によって賞も得られない【失格】処分となりました。彼女は彼女と対戦相手の記録しているライフ総量に齟齬があることを気付きながら、指摘しなかったことが判明しました。計画的な犯行ではなかったので、この【失格】に基づく資格停止を受けることはありません。

 プレイヤーは、ライフ総量を明確に示す必要があるとともに、対戦相手の意識している値が食い違っている場合には指摘する必要があります。そうしなければ、状況は悪化し、過ちを修正するのがより難しくなってしまいます。

前の記事: 特集:リヴ・フォーエヴァー | 次の記事: 第7回戦:電術師さん抱きしめて
Reid Duke(アメリカ) vs. Denniz Rachid(スウェーデン)

プロツアー「ラヴニカへの回帰」 一覧に戻る