マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 プロツアー『イニストラードを覆う影』ドラフト全勝者たち

【戦略記事】 プロツアー『イニストラードを覆う影』ドラフト全勝者たち

henke_author.jpg

Tobi Henke / Tr. Tetsuya Yabuki

2016年4月23日

原文はこちら

 378人のプレイヤーの中で、今大会リミテッド部門6戦全勝を果たしたプレイヤーは8人しかいない。殿堂顕彰者ジョン・フィンケル/Jon Finkel、2013-2014年度プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのジェレミー・デザーニ/Jeremy Dezani、プラチナ・レベル・プロのマルシオ・カルヴァーロ/Marcio Carvalho、グランプリ王者のマット・セヴェラ/Matt Severaとタイラー・ライトル/Tyler Lytle、2013-2014年度ルーキー・オブ・ザ・イヤーのレイモンド・ペレスJr/Raymond Perez, Jr、グランプリ・トップ8入賞経験者のルイス・サルヴァート/Luis Salvatto、そして長年にわたりマジックを楽しみプロツアー出場経験も多数あるジョナサン・モロウスキー/Jonathan Morawski。

 さて、6戦全勝。そこには一体どんな秘密があるのだろうか?

「ラッキーだったよ」とジョン・フィンケルは皮肉めいた口調で言う。「いや、冗談とかではないんだ。(練習中に)3-0できたのは1度きりだ」

 彼は第1ドラフトにおいても強力な緑青のデッキを組み上げた。しかし第2ドラフトのデッキは、今大会を通しても最も印象深いもののひとつだと言えるだろう。彼は《大天使アヴァシン》1枚を除いて、黒単色のデッキを組んでみせたのだ。

「最初は黒から始めたわけじゃなかった」とフィンケルは回想する。「第1ピックは《近野の司祭》を置いて《ラムホルトの平和主義者》を取った。それから《ファルケンラスの後継者》、3手目は《エルドワルの照光》だったかな。そして、緑のカードが取れたのは、記憶が確かなら4手目の《針毛の狼》が最後だったと思う」

 その後、黒のカードが次々と流れてきた。そして3つ目のパックを開封すると、《大天使アヴァシン》が登場したというわけだ。

「その時点で優秀な黒のカードが17枚ほど集まっていて、検討したい緑のカードも2枚あった。もう十分じゃないか?と思ったものだよ」と、フィンケルは続ける。「他に優れた緑のカードがあればそっちをピックしていたのだが、そのパックにはなかった」

 こうして《大天使アヴァシン》をピックした彼は、《歯牙収集家》と《闇告げカラス》を流すことになった。だがそれらはのちに、9手目に戻ってきた。黒は完全に空いていたのだ。

Jon Finkel
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト1日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
8 《森》
8 《島》

-土地(16)-

1 《死天狗茸の栽培者》
1 《薄暮見の徴募兵》
1 《エルドワルの照光》
1 《針毛の狼》
1 《裏道の急使》
1 《墓モグラ》
1 《縫合の刻み獣》
1 《枝細工の魔女》
1 《溺墓の探検者》
1 《沈黙の観察者》
1 《もう一人の自分》
1 《ゲラルフの傑作》
1 《茨隠れの狼》
1 《巣網から見張るもの》

-クリーチャー(14)-
2 《ウルヴェンワルド横断》
2 《ジェイスの精査》
2 《ただの風》
1 《回答の強要》
2 《目録》
1 《行方不明》

-呪文(10)-
Jon Finkel
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト2日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
11 《沼》
6 《平地》

-土地(17)-

1 《療養所の骸骨》
3 《ファルケンラスの後継者》
1 《グール呼びの共犯者》
1 《オリヴィアの血誓い》
2 《闇告げカラス》
2 《吸血貴族》
1 《親切な余所者》
4 《流城の導師》
1 《灰口の雄馬》
1 《大天使アヴァシン》
1 《マウアー地所の双子》

-クリーチャー(18)-
1 《死の重み》
1 《悪意の調合》
1 《死の円舞曲》
1 《殺人衝動》
1 《絞首》

-呪文(5)-

 マット・セヴェラがドラフトしたデッキも、実に興味深いものだ。彼は徹底的にひとつの戦略を追い求めた。2回のドラフトを合わせて《秋の憂鬱》3枚に《黴墓のゴミあさり》4枚というピックは、彼がそれだけ「昂揚」戦略を狙っていたということだ――《ガラスの破片》をピックすることも厭わないほどに!

Matt Severa
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト1日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
9 《森》
7 《島》

-土地(16)-

2 《壌土のドライアド》
1 《スレイベンのガーゴイル》
2 《内陸の木こり》
1 《ラムホルトの平和主義者》
1 《黴墓のゴミあさり》
2 《縫合の刻み獣》
2 《招かれざる霊》
1 《ナッターノールズの隠遁者》
1 《縫い翼のスカーブ》

-クリーチャー(13)-
1 《未知との対決》
1 《忘れられていた家宝》
1 《ガラスの破片》
1 《発生の器》
1 《狙いは高く》
1 《継続する調査》
1 《回答の強要》
1 《狂気の一咬み》
2 《秋の憂鬱》
1 《疑惑の裏付け》

-呪文(11)-
Matt Severa
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト2日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
8 《森》
7 《沼》
1 《穢れた果樹園》

-土地(16)-

3 《黴墓のゴミあさり》
1 《薄暮見の徴募兵》
1 《偏執的な皮剥ぎ人》
2 《裏道の急使》
1 《闇告げカラス》
1 《鬱後家蜘蛛》
2 《マルコフの戦慄騎士》
1 《グール馬》
1 《マウアー地所の双子》

-クリーチャー(13)-
4 《死の重み》
1 《ウルヴェンワルド横断》
1 《発生の器》
1 《狙いは高く》
1 《奇怪な突然変異》
1 《死の円舞曲》
1 《狂気の一咬み》
1 《秋の憂鬱》

-呪文(11)-

 全勝した《ガラスの破片》入りの「昂揚」デッキをさらにご紹介しよう。

Tyler Lytle
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト1日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
8 《平地》
7 《沼》
1 《放棄された聖域》

-土地(16)-

1 《療養所の骸骨》
1 《スレイベンの検査官》
1 《倒し霊》
1 《町のゴシップ屋》
1 《グール呼びの共犯者》
1 《腐臭ネズミ》
1 《物騒な群衆》
1 《不屈の聖戦士》
1 《親切な余所者》
1 《敬虔な福音者》
1 《歯牙収集家》
1 《薬剤師の霊》
1 《鼓舞する隊長》
1 《遁走する馬車》
3 《遠沼の猟犬》

-クリーチャー(17)-
1 《死の重み》
1 《爆発性の機器》
1 《ガラスの破片》
1 《合鍵》
1 《腕っぷし》
1 《刺し込む光》
1 《餌食》

-呪文(7)-
Tyler Lytle
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト2日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
9 《山》
7 《森》

-土地(16)-

2 《村の伝書士》
1 《傲慢な新生子》
1 《燃えさし眼の狼》
1 《内陸の木こり》
1 《ラムホルトの平和主義者》
1 《苛虐な魔道士》
1 《首折れ路の乗り手》
1 《枝細工の魔女》
2 《ヴォルダーレンの決闘者》
1 《巨体の悪魔》
1 《孤独な狩人》
1 《上弦の月の教団》

-クリーチャー(14)-
1 《忘れられていた家宝》
1 《アドレナリン作用》
2 《無差別な怒り》
1 《狙いは高く》
1 《溶岩の地割れ》
1 《月夜の狩り》
1 《信条の香炉》
1 《癇しゃく》
1 《悪意ある動機》

-呪文(10)-

 《遠沼の猟犬》を駆使したのは、(先ほど見ていただいた)タイラー・ライトルのデッキだけではない。レイモンド・ペレスJrもまた、「白黒『昂揚』」デッキに複数枚採用している。

Raymond Perez Jr
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト1日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
8 《平地》
8 《沼》
1 《放棄された聖域》

-土地(17)-

1 《療養所の骸骨》
1 《スレイベンの検査官》
1 《町のゴシップ屋》
2 《腐臭ネズミ》
1 《グール呼びの共犯者》
1 《ムーアランドの流れ者》
1 《枝細工の魔女》
1 《荒原のカカシ》
1 《薬剤師の霊》
1 《灰口の雄馬》
2 《遠沼の猟犬》
1 《マウアー地所の双子》
1 《ドラグスコルの騎兵》

-クリーチャー(15)-
1 《血統の呼び出し》
1 《邪悪の暴露》
1 《死の円舞曲》
1 《刺し込む光》
1 《天使の粛清》
1 《突き刺さる雨》
1 《絞首》
1 《死の宿敵、ソリン》

-呪文(8)-
Raymond Perez Jr
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト2日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
9 《沼》
8 《山》

-土地(17)-

1 《甘やかす貴種》
1 《グール呼びの共犯者》
1 《つぶやく悪鬼》
1 《トロスタッドの死騎手》
1 《貪欲な求血者》
1 《苛虐な魔道士》
1 《血狂いの吸血鬼》
1 《歯牙収集家》
1 《灰口の雄馬》
1 《流城の導師》
2 《マウアー地所の双子》
1 《グール馬》
1 《モークラットの屍蛞蝓》

-クリーチャー(14)-
1 《死の重み》
1 《アドレナリン作用》
1 《死の円舞曲》
1 《苦しめる声》
2 《癇しゃく》
1 《ギサの召集》
1 《床下から》
1 《絞首》

-呪文(9)-

 一方、ジェレミー・デザーニは青赤と黒赤で全勝を果たした。第1ドラフトのデッキは11枚ものインスタントとソーサリーを活かしたものであり、《苛虐な魔道士》3枚に《薄暮のニブリス》、《逸脱した研究者》、さらには《氷の中の存在》まで擁している。

 第2ドラフトのデッキは、《十三恐怖症》が目を引く、見るからに強力なものだ。また、どちらのデッキにも《悪魔の遊び場》が入っているのも興味深い。これで彼が赤好きだと見なすのは、安易すぎるだろうか?

「ああ、そうだよ。赤は大好きな色だ」と、デザーニは答えた。「どの色よりもね」

Jérémy Dezani
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト1日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
10 《山》
7 《島》

-土地(17)-

1 《傲慢な新生子》
3 《苛虐な魔道士》
1 《氷の中の存在》
1 《血狂いの吸血鬼》
1 《薄暮のニブリス》
1 《罪を誘うもの》
1 《逸脱した研究者》
1 《忘れられた作品》
1 《狂気の預言者》
1 《ヴォルダーレンの決闘者》

-クリーチャー(12)-
1 《アドレナリン作用》
2 《回答の強要》
2 《苦しめる声》
1 《ただの風》
1 《収まらぬ思い》
1 《行方不明》
1 《熟読》
1 《灰と化す》
1 《悪魔の遊び場》

-呪文(11)-
Jérémy Dezani
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト2日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
9 《沼》
8 《山》

-土地(17)-

1 《傲慢な新生子》
3 《腐臭ネズミ》
1 《精神病棟の訪問者》
1 《燃えさし眼の狼》
1 《オリヴィアの血誓い》
1 《貪欲な求血者》
2 《吠え群れの狼》
2 《吸血貴族》
1 《闇告げカラス》
1 《戦墓の巨人》
1 《狂気の預言者》

-クリーチャー(15)-
1 《死の重み》
1 《奇怪な突然変異》
1 《悪意ある動機》
1 《十三恐怖症》
3 《灰と化す》
1 《悪魔の遊び場》

-呪文(8)-

 マルシオ・カルヴァーロは、黒赤のテンポ・デッキと黒緑の「昂揚」デッキで全勝を達成した。

Marcio Carvalho
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト1日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
8 《島》
8 《山》

-土地(16)-

2 《隠れるホムンクルス》
1 《貪欲な求血者》
1 《苛虐な魔道士》
1 《災いの狼》
2 《血狂いの吸血鬼》
2 《薄暮のニブリス》
2 《縫合の刻み獣》
2 《招かれざる霊》
1 《無謀な識者》
1 《沈黙の観察者》

-クリーチャー(15)-
1 《稲妻の斧》
2 《抗えない抑止》
1 《かそけき翼》
1 《無差別な怒り》
2 《霊魂破》
1 《癇しゃく》
1 《熟読》

-呪文(9)-
Marcio Carvalho
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト2日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
9 《沼》
7 《森》
1 《穢れた果樹園》

-土地(17)-

1 《精神病棟の訪問者》
1 《死天狗茸の栽培者》
1 《グール呼びの共犯者》
1 《針毛の狼》
1 《腐臭ネズミ》
1 《闇告げカラス》
1 《鬱後家蜘蛛》
1 《歯牙収集家》
2 《神出鬼没な拷問者》
1 《孤独な狩人》
1 《古き知恵の賢者》
1 《モークラットの屍蛞蝓》

-クリーチャー(13)-
2 《発生の器》
1 《爆発性の機器》
1 《忘れられていた家宝》
1 《狙いは高く》
1 《奇怪な突然変異》
1 《死の円舞曲》
1 《秋の憂鬱》
1 《ギサの召集》
1 《道理を超えた力》

-呪文(10)-

 ルイス・サルヴァートの無敗デッキは、緑白と白青だ。

Luis Salvatto
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト1日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
9 《森》
7 《平地》
1 《ねじれ地帯》

-土地(17)-

1 《薄暮見の徴募兵》
1 《偏執的な皮剥ぎ人》
1 《針毛の狼》
1 《物騒な群衆》
1 《裏道の急使》
1 《ナッターノールズの隠遁者》
1 《戦闘的な審問官》
1 《敬虔な福音者》
2 《アヴァシン教の宣教師》
2 《群れの守護獣》
1 《剛胆な補給兵》
1 《孤独な狩人》
1 《茨隠れの狼》
1 《巣網から見張るもの》

-クリーチャー(16)-
1 《忘れられていた家宝》
1 《腕っぷし》
2 《狙いは高く》
1 《信条の香炉》
1 《刹那の器》
1 《天使の粛清》

-呪文(7)-
Luis Salvatto
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト2日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
8 《島》
8 《平地》
1 《港町》

-土地(17)-

1 《スレイベンの検査官》
1 《倒し霊》
2 《氷の中の存在》
1 《ムーアランドの流れ者》
1 《薄暮のニブリス》
1 《霊体の羊飼い》
2 《沈黙の観察者》
1 《薬剤師の霊》
1 《縫い翼のスカーブ》
2 《嵐乗りの精霊》
1 《眠れぬ者の使者》

-クリーチャー(14)-
1 《ただの風》
1 《収まらぬ思い》
1 《刺し込む光》
1 《永遠の見守り》
1 《目録》
1 《銀の一撃》
1 《教団の歓迎》
2 《熟読》

-呪文(9)-

 そしてジョナサン・モロウスキーは、《戦争に向かう者、オリヴィア》と《大天使アヴァシン》動員したのだった。

Jonathan Morawski
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト1日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
9 《山》
8 《沼》

-土地(17)-

1 《療養所の骸骨》
1 《村の伝書士》
1 《ファルケンラスの後継者》
1 《ケッシグの鍛冶場主》
1 《オリヴィアの血誓い》
1 《貪欲な求血者》
1 《災いの狼》
1 《既決殺人犯》
1 《吠え群れの狼》
1 《親切な余所者》
1 《戦争に向かう者、オリヴィア》
1 《歯牙収集家》
1 《枝細工の魔女》
1 《灰口の雄馬》
1 《流城の導師》
1 《手に負えない若輩》
1 《マウアー地所の双子》

-クリーチャー(17)-
1 《奇怪な突然変異》
1 《死の円舞曲》
1 《苦しめる声》
1 《放たれた怒り》
1 《悪意ある動機》
1 《絞首》

-呪文(6)-
Jonathan Morawski
プロツアー『イニストラードを覆う影』 ドラフト2日目 3勝0敗 / 『イニストラードを覆う影』 ブースタードラフト
9 《平地》
8 《島》

-土地(17)-

1 《スレイベンの検査官》
2 《ムーアランドの流れ者》
2 《聖戦士の相棒》
2 《薄暮のニブリス》
1 《不屈の聖戦士》
1 《溺墓の探検者》
1 《忘れられた作品》
1 《沈黙の観察者》
2 《嵐乗りの精霊》
1 《大天使アヴァシン》

-クリーチャー(14)-
2 《ジェイスの精査》
1 《抗えない抑止》
1 《邪悪の暴露》
1 《ただの風》
1 《天使の粛清》
1 《金縛り》
1 《執念》
1 《行方不明》

-呪文(9)-

前の記事: 【戦略記事】 2日目構築部門メタゲーム・ブレイクダウン | 次の記事: 【英語記事】 Round 12: Kyle Boggemes (Bant Company) vs. Steve Rubin (G/W Tokens)
プロツアー『イニストラードを覆う影』 一覧に戻る