マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第15回戦:Oliver Tiu(アメリカ) vs. 八十岡 翔太(日本)

【観戦記事】 第15回戦:Oliver Tiu(アメリカ) vs. 八十岡 翔太(日本)

calderaro.jpg

Marc Calderaro / Tr. Tetsuya Yabuki

2016年4月23日

原文はこちら

オリヴァー・ティウ/Oliver Tiu(グリクシス・コントロール) vs. 八十岡 翔太(エスパー・ドラゴン)

 プロツアーでの戦いは一筋縄ではいかない。まだ高校生でこの舞台に立つというなら尚更だし、その相手が殿堂顕彰者の八十岡 翔太ならより厳しいことだろう。「その上」、彼が用いるデッキは得意のコントロール。こちらの不利は明白だ。

 オリヴァー・ティウは今、プロツアー2日目の終盤にしてそのような状況にあった。同じ状況でも、他の人はこう言うかもしれない。「こんな終盤でトップ8の芽が残っているなんて、それだけで十分じゃないか」と。だがティウはそれでは満足しない。トップ16ならすでに、プロツアー『ゲートウォッチの誓い』で達成した。

 ティウは「メタゲーム的に強い」という「グリクシス・コントロール」を選択した――黒赤コントロールをベースに《ヴリンの神童、ジェイス》をメイン・デッキに採用し、《龍王シルムガル》をサイドボードに入れた形だ。そしてこれまでのところ、その狙いは成功している。

 だがここへ来てついに、彼はメタゲーム的な報いを受けることになった。「エスパー・ドラゴン」は悪夢のようなマッチアップだ。しかもその使い手が八十岡 翔太であるという状況だけは、避けたかったことだろう。殿堂顕彰者にしてプロツアー・チャールストン2006王者の八十岡は、プレイの一貫性や戦術観、その他勝利に必要なことに熟知した達人だ。マジック・プレイヤー選手権2012の大舞台で、《永遠の証人》と《謎めいた命令》、《霊気の薬瓶》を用いた再利用デッキを組み上げてしまうほどに。

r15_tiu_yasooka.jpg
若きMagic Online Championship出場者オリヴァー・ティウが、デッキ相性最悪の状況でマジック界の偉人――殿堂顕彰者、八十岡 翔太と対峙する。

 このマッチアップは、八十岡にとって夢のような好相性だった。ティウのデッキも基本的な部分は八十岡のものと同じだが、こちらには打ち消し呪文が入っていないのだ。「1ゲーム目は不戦敗みたいなものですね。残る2ゲームで手札破壊をたくさん引き込むしかない」と、ティウはこの試合の勝率を悲観的に語った。

ゲーム展開

 両者とも稲妻のごとき速さで戦いを進めた。カードがテーブルを打つ音を響かせ、呪文が飛び交う。音はさらに多くなっていく。

 両者とも遅いコントロール・デッキを使用しており、時間をかけるつもりがないからかもしれない。ティウが不利な状況を打破する道を探るべく、次々と脅威を繰り出しているからかもしれない。あるいは、ティウがこの地獄の時間を早く終わらせたいからかもしれない。

 2分ほどで、ティウの墓地には《ゲトの裏切り者、カリタス》が3枚並ぶことになった。同様に、八十岡の墓地にも《ヴリンの神童、ジェイス》や《龍王オジュタイ》が複数枚落ちていた。だが八十岡がついに、《龍王オジュタイ》を捨てられたり除去されたりせず盤面に残すことに成功した。

 両者とも手当たり次第に呪文を投げ合っていたゲームだったが、《龍王オジュタイ》の能力が解決されると、八十岡が動きを止めた。彼はそのまま1分ほど考える。最終的に《龍王シルムガル》を選択すると、それを戦場へ送り出しティウの《ヴリンの神童、ジェイス》を奪った。

 ターンが返ってきたところで、ティウは重要な場面を迎えた。彼の手札には《破滅の道》があり、相手側の盤面には2体の「龍王」と奪われた《ヴリンの神童、ジェイス》がいる。ここでの選択が、このゲーム最大の分岐点となった。

r15_tiu.jpg
扉が閉まる前にその隙間へ滑り込むべく、先の見えない道を行くティウ。

 《龍王シルムガル》を除去すれば《ヴリンの神童、ジェイス》を取り戻せるが、《龍王オジュタイ》の攻撃を再び受け、八十岡にカードを与えることになる。《龍王オジュタイ》を除去した場合も他に取れる手はなく、盤面の不利は変わらない。さらに八十岡の手札にはまだ余裕がある。ティウのライフはすでに残り10点。どちらを選んでも厳しいのかもしれない。

 ティウは《龍王オジュタイ》を除去し、攻勢に出た。八十岡のプレイ速度が、試合開始時のものに戻る。彼はそのまま、ティウが倒れるまで《乱脈な気孔》と《龍王シルムガル》で攻撃を続けたのだった。

 ティウのサイドボード戦略は、《龍王シルムガル》をめぐるものだった。このクリーチャーを通して、カードを引けるクリーチャーや奥義間近のプレインズウォーカーを奪ってやれば、それが退場するまで圧倒的な優位を得ることができる。

 2ゲーム目、両者は「ドロー、手札破壊、ゴー」を繰り返した。だがやはり、ティウが不利のように見える。八十岡は多くのカードを引き、常に打ち消しのプレッシャーを与えていた。このゲーム初めてのタップ・アウトは、《死の宿敵、ソリン》を繰り出したときだった。試合を決めるのに十分過ぎるカードだ。

 ティウに脱出の道はほとんど残されていなかった。一方の八十岡は除去と打ち消しをしっかりと蓄え、リラックスした様子だ。それも当然だろう。《死の宿敵、ソリン》は1枚でゲームに勝てるカードであり、他に警戒すべきものと言えば《さまよう噴気孔》くらいのもので、彼はそれへの対処手段も確保していた。彼は肘をテーブルにつけ、頭を手を添えながら、ゆっくりと手札を増やしていく。

r15_yasooka.jpg
コントロール使いとしての腕前を披露する八十岡。

 だがそれでも、ティウにはまだ策があった。八十岡の手札から打ち消し呪文を抜き去り《龍王シルムガル》を通せば、《死の宿敵、ソリン》の最終奥義を使ってこれを退場させつつ大量の吸血鬼が得られる。

 彼は《骨読み》でライブラリーを掘り進め始めた。1枚目で2枚目の《骨読み》を引き込むと、2枚目の《骨読み》は《ゴブリンの闇住まい》2枚を提示した。ティウはここで立ち止まる。

 ティウは墓地を確認し、策が成就するかどうか考えた。そして決断する。ここは勝負に出て、最高の結果――《龍王シルムガル》を引き込むことを狙う。彼は2枚の《ゴブリンの闇住まい》をライブラリーの底へ送り、改めて2枚引いた。

 それらは土地だった。

 このゲーム、ティウは多くの土地を引いた。解答を多く持つデッキを相手にする場合は、脅威を展開し続けなければならない。ティウはそれが果たせなかった。間もなくして、吸血鬼の群れが彼を襲ったのだった。

 八十岡 翔太、自身3度目のプロツアー・トップ8入賞まで、あと1勝。

ティウ 0-2 八十岡

Oliver Tiu - 「グリクシス・コントロール」
プロツアー『イニストラードを覆う影』 / スタンダード
5 《沼》
4 《凶兆の廃墟》
4 《燻る湿地》
3 《進化する未開地》
3 《シヴの浅瀬》
3 《さまよう噴気孔》
2 《窪み渓谷》
1 《島》
1 《山》

-土地(26)-

4 《ヴリンの神童、ジェイス》
3 《ゲトの裏切り者、カリタス》
4 《ゴブリンの闇住まい》

-クリーチャー(11)-
4 《焦熱の衝動》
2 《闇の掌握》
2 《精神背信》
2 《究極の価格》
4 《コラガンの命令》
3 《骨読み》
3 《破滅の道》
3 《炎呼び、チャンドラ》

-呪文(23)-
4 《強迫》
2 《竜使いののけ者》
1 《引き裂く流弾》
2 《精神背信》
4 《光輝の炎》
2 《龍王シルムガル》

-サイドボード(15)-
八十岡 翔太 - 「エスパー・ドラゴン」
プロツアー『イニストラードを覆う影』 / スタンダード
4 《詰まった河口》
4 《島》
4 《窪み渓谷》
4 《沼》
3 《コイロスの洞窟》
3 《大草原の川》
2 《港町》
2 《乱脈な気孔》
1 《水没した骨塚》

-土地(27)-

4 《ヴリンの神童、ジェイス》
4 《龍王オジュタイ》
2 《龍王シルムガル》

-クリーチャー(10)-
4 《シルムガルの嘲笑》
3 《究極の価格》
2 《意思の激突》
2 《闇の掌握》
2 《精神背信》
3 《忌呪の発動》
2 《苦い真理》
1 《骨読み》
3 《衰滅》
1 《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》

-呪文(23)-
3 《強迫》
2 《死の重み》
2 《否認》
1 《苦渋の破棄》
1 《無限の抹消》
1 《悪性の疫病》
2 《ゲトの裏切り者、カリタス》
1 《闇の誓願》
1 《龍王の大権》
1 《死の宿敵、ソリン》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【英語記事】 Full Circle | 次の記事: 【英語記事】 Round 16: (2) Seth Manfield (Esper Control) vs. (14) Ondřej Stráský (G/W Tokens)
プロツアー『イニストラードを覆う影』 一覧に戻る