マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 準々決勝:Jon Finkel(アメリカ) vs. Andrea Mengucci(イタリア)

【観戦記事】 準々決勝:Jon Finkel(アメリカ) vs. Andrea Mengucci(イタリア)

henke_author.jpg

Tobi Henke / Tr. AOKI Chikara

2016年4月24日

原文はこちら

ジョン・フィンケル/Jon Finkel(過ぎ去った季節・コントロール) vs. アンドレア・メングッチ/Andrea Mengucci(バント・カンパニー)

 ジョン・フィンケルはトップ8の中で、もしかするとこのゲームの歴史においても、最も偉業あるプレイヤーだろう。殿堂顕彰された2005年の時点で、プロツアー決勝ラウンドに11回進出していたのだ。前回のプロツアー『ゲートウォッチの誓い』(アトランタ)までにもう4回追加し、さらに今回が16回目のトップ8だ!

 アンドレア・メングッチは2年前のプロツアー『ニクスへの旅』で一度トップ8に入賞している。さらなる輝かしい戦歴として、昨年のワールド・マジック・カップ2015でイタリア代表の一員として優勝している。

 2人ともこのプロツアーへプロ・プレイヤーズ・クラブのシルバー・プロとして参加した。ちなみにプロポイントもお互い29点だ。準々決勝に進んだことにより18点を追加して、プラチナへの昇格を実質確定させた。(47点とプロツアー『異界月』の参加点3点でプラチナに必要な50点が保証される。)

「今日勝つことが重要なんだ」 メングッチは言う。「次のプロツアーをプラチナ・プロとして迎えるためにね」

「今日勝てばすべてを手に入れることができるよ」 フィンケルが付け加える。過ぎ去った季節の成功は繰り返すのか、印象的な彼の経歴に4つ目のタイトルを追加することを見据えているようだ。一方で彼の《過ぎ去った季節/Seasons Past(SOI)》デッキの成功は疑問視されている。チーム「CFB The Pantheon」の革新的な黒緑コントロールデッキは、日曜日に至るまでにたくさんのバント・カンパニーを打ち破ってきた。しかし完全なデッキリストが公開されてしまった今、メングッチのバージョンに勝つことはできるのだろうか。

「正直最悪の対戦相手なんだ」 フィンケルは後になって教えてくれた。

 始まりの合図を待つまでに2人はおしゃべりを交わす。メングッチはフィンケルが殿堂プレイヤーの中でも長年にわたって結果を残し続ける数少ない1人であることを話題に挙げる。フィンケルは何人かの名前を上げて反論し、特にウィリアム・ジェンセン/William Jensenのここ2年の成績に注目する。

qf_finkel_mengucci.jpg
ジョニー・マジックことジョン・フィンケルは、ワールド・マジック・カップ優勝チームのメンバー、アンドレア・メングッチと準々決勝の第1セットで対戦する。

「私の勝率はかつてより高いだろうね」 フィンケルは言う。「最近は間違いなく下手になっているのに。控えめでなくね」

ゲーム展開

 メングッチは2ターン目に《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》から始めるが、フィンケルの初動は3ターン目の《骨読み/Read the Bones(ORI)》。4ターン目をパスしたメングッチはフィンケルが唱えた《無限の抹消/Infinite Obliteration(ORI)》に《跳ねる混成体/Bounding Krasis(ORI)》で応える。

 《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》が指定されて追放され、《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer(ORI)》、もう1枚の《跳ねる混成体/Bounding Krasis(ORI)》、《集合した中隊/Collected Company(DTK)》、そして2枚の《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》がメングッチの手札から公開される。フィンケルがメングッチのデッキ全体を眺めている時に、イタリア人は《進化する未開地/Evolving Wilds(DTK)》を指差す。

「《森/Forest(ORI)》とってもらっていいですかね?」

「もちろんだとも」

 数千ドルが懸かっている試合でも、ここの空気は和やかだ。

 フィンケルは次の自分のターンに《衰滅/Languish(ORI)》で戦場を一掃するが、《集合した中隊/Collected Company(DTK)》が《跳ねる混成体/Bounding Krasis(ORI)》と《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》をメングッチに提供する。続く攻撃でフィンケルのライフを9にしたメングッチは、4/5の《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》2体を追加する。

qf_mengucci.jpg
最初のプロツアートップ8から多大な成長を遂げたメングッチは、2回目を極上のものにするつもりだ。

 フィンケルは《闇の誓願/Dark Petition(ORI)》でさらなる《衰滅/Languish(ORI)》。メングッチには2体の《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》が残る。メングッチは自分のターンに手掛かり・トークンを生け贄に捧げて、9点目のダメージとなる《ドロモカの命令/Dromoka's Command(DTK)》を見つけた。

「こいつらを指定されるんじゃないかってヒヤヒヤしてました」

 メングッチは《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》たちを指差して言う。結果論に関わる気のないフィンケルはうなずいただけだ。

 第2ゲームはフィンケルにとって良いものだった。《強迫/Duress(DTK)》が《オジュタイの命令/Ojutai's Command(DTK)》を捨てさせ、《衰滅/Languish(ORI)》は戦場を一掃し、《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》がダメージを与え始めてライフも稼いでくれる。

 続く数ターン、メングッチは《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》とそのゾンビ・トークン相手に果敢に戦った。ある時点でフィンケルが5/6の《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》と5体のソンビ・トークンをコントロールしており、《過ぎ去った季節/Seasons Past(SOI)》も唱えられていたが、《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer(ORI)》と《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》のおかげでメングッチは耐えていた。負けは明白だったが、それでも彼のデッキはゲームを長引かせられることを示したのだ。

qf_finkel.jpg
16回目のプロツアートップ8は、フィンケルが達人であることを端的に表している。

 2度めの《過ぎ去った季節/Seasons Past(SOI)》で、ようやくメングッチは投了した。

 第3ゲームは、メングッチの最初の2体のクリーチャーを両方ともフィンケルが《闇の掌握/Grasp of Darkness(OGW)》する立ち上がり。イタリア人の《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》が生き残ると、《進化する未開地/Evolving Wilds(DTK)》で複数の手掛かりを作り始める。

 このゲームの《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》は《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》されて《オジュタイの命令/Ojutai's Command(DTK)》で打ち消されてしまう。《衰滅/Languish(ORI)》で戦場を片付けたフィンケルだが、メングッチは増援として4/5の《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》を呼び出す。

 続けてメングッチは《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer(ORI)》を変身させてエレメンタル・トークンを作成。フィンケルは出血を食い止めるために、メングッチのクリーチャーを2体除去して、《風切る泥沼/Hissing Quagmire(OGW)》でニッサを襲おうとする。メングッチは《跳ねる混成体/Bounding Krasis(ORI)》でそれを防ぎ、ターン終了時に《集合した中隊/Collected Company(DTK)》!

 見つかって《反射魔道士/Reflector Mage(OGW)》で《風切る泥沼/Hissing Quagmire(OGW)》を手札に戻されて、フィンケルはやられ放題。一緒に出てきた《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》が次のターンに致死ダメージを叩きだした。

qf_mengucci2.jpg
メングッチのバント・カンパニー・デッキは《過ぎ去った季節/Seasons Past(SOI)》デッキ相手にカード・アドバンテージを積み上げて歩調を合わせる。

 第4ゲームはお互いにマリガン。メングッチは、《伐採地の滝/Lumbering Falls(BFZ)》、《梢の眺望/Canopy Vista(BFZ)》と《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》から《集合した中隊/Collected Company(DTK)》までマナカーブの揃った手札をキープ。フィンケルは《森/Forest(SOI)》、《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes(ORI)》、《闇の掌握/Grasp of Darkness(OGW)》、《究極の価格/Ultimate Price(DTK)》、《骨読み/Read the Bones(ORI)》という5枚をキープ。

 不利な状態で始めたフィンケルだが、しばらくはうまくいっていた。《強迫/Duress(DTK)》で《否認/Negate(DTK)》を落とし、《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy(ORI)》には《死の重み/Dead Weight(SOI)》、《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》には《究極の価格/Ultimate Price(DTK)》。

 しかしメングッチがカードアドバンテージのギアを上げると、1対1交換は永遠には続かない。《不屈の追跡者/Tireless Tracker(SOI)》の手掛かり作成は穏やかなスタート。《集合した中隊/Collected Company(DTK)》からの《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer(ORI)》と《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》は決定的で、《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》への《オジュタイの命令/Ojutai's Command(DTK)》はひどいものだ。

「2回とも《オジュタイの命令/Ojutai's Command(DTK)》がうまく決まりましたね」

 重要なサイドボードをメングッチは指差す。驚くことに、フィンケルのデッキには4枚以上のクリーチャーがいた。すなわち5枚目がサイドボードに。

「最後のゲームは、あなたが《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》を唱えるちょうど前のターンに引いたんです」

 フィンケルがメングッチの準決勝の健闘を祈る。

「ありがとう。そして楽しいゲームをありがとう」

アンドレア・メングッチがジョン・フィンケルを3-1で破って準決勝へ!

Jon Finkel - 「黒緑コントロール」
プロツアー『イニストラードを覆う影』 トップ8 / スタンダード
12 《沼》
5 《森》
4 《風切る泥沼》
2 《ラノワールの荒原》
3 《進化する未開地》

-土地(26)-

2 《巨森の予見者、ニッサ》
2 《ゲトの裏切り者、カリタス》

-クリーチャー(4)-
2 《強迫》
1 《死の重み》
4 《闇の掌握》
2 《精神背信》
2 《究極の価格》
4 《骨読み》
3 《破滅の道》
1 《無限の抹消》
4 《衰滅》
4 《闇の誓願》
2 《過ぎ去った季節》
1 《ニッサの復興》

-呪文(30)-
1 《ゲトの裏切り者、カリタス》
3 《死の重み》
2 《強迫》
3 《帰化》
1 《翼切り》
1 《究極の価格》
2 《悪性の疫病》
1 《無限の抹消》
1 《護法の宝珠》

-サイドボード(15)-
Andrea Mengucci - 「バント・カンパニー」
プロツアー『イニストラードを覆う影』 トップ8 / スタンダード
4 《森》
3 《平地》
2 《島》
3 《梢の眺望》
4 《大草原の川》
3 《伐採地の滝》
2 《ヤヴィマヤの沿岸》
4 《進化する未開地》

-土地(25)-

4 《薄暮見の徴募兵》
4 《ヴリンの神童、ジェイス》
4 《森の代言者》
4 《跳ねる混成体》
4 《反射魔道士》
2 《巨森の予見者、ニッサ》
2 《不屈の追跡者》
2 《大天使アヴァシン》

-クリーチャー(26)-
4 《ドロモカの命令》
4 《集合した中隊》
1 《オジュタイの命令》

-呪文(9)-
2 《狩猟の統率者、スーラク》
1 《龍王ドロモカ》
2 《払拭》
2 《侵襲手術》
3 《否認》
2 《石の宣告》
3 《悲劇的な傲慢》

-サイドボード(15)-

前の記事: 【観戦記事】 準々決勝:Luis Scott-Vargas(アメリカ) vs. 八十岡 翔太(日本) | 次の記事: 【英語記事】 Quarterfinals: (2) Seth Manfield (Esper Control) vs. Luis Salvatto (R/W Eldrazi Goggles)
プロツアー『イニストラードを覆う影』 一覧に戻る