マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 『基本セット2014』チーム・シールド、気になるデッキ集

【戦略記事】 『基本セット2014』チーム・シールド、気になるデッキ集

authorpic_frankkarsten.jpg

Frank Karsten / Tr. Tetsuya Yabuki

2013年8月2日

原文はこちら

 ワールド・マジック・カップ参加者たちが最初に挑むのは、『基本セット2014』チーム・シールドだ。12個のパックからデッキを3つ作るというこのフォーマットでは、6パックで行われる個人戦のシールド・イベントと比べて、特定のカードを複数枚手に入れられる可能性が極めて高い。その上、シナジーやコンボもより面白いものが選びやすいのだ。私はデッキ構築の時間に会場を歩き回っていたが、そこで素晴らしいデッキの数々を目にした。中でも私のお気に入りを、ここでご紹介しよう。

スペイン――マリオ・スニガの「スリヴァー」
『基本セット2014』チーム・シールド・デッキ / ワールド・マジック・カップ2013
9 《森》
4 《平地》
3 《山》
1 《変わり谷》

-土地(17)-

4 《捕食スリヴァー》
2 《歩哨スリヴァー》
1 《マナ編みスリヴァー》
2 《収差スリヴァー》
1 《ルートワラ》
1 《スリヴァー構築物》
1 《鋼体スリヴァー》
1 《大蜘蛛》
1 《戦闘スリヴァー》
1 《森生まれのビヒモス》
1 《大身スリヴァー》

-クリーチャー(16)-
1 《地勢》
1 《巣の活性化》
1 《新緑の安息所》
3 《弱者狩り》
1 《運命の扉》

-呪文(7)-

 スペイン・チームは、《捕食スリヴァー》4枚と《収差スリヴァー》2枚を引き当てた。ひとつ言っておこう。3ターン目に3/3速攻を加えて攻撃に向かうというのは、良い......いや、この上ないスタートだ。これら2マナ、3マナのスリヴァーに加えて、スペイン・チームは《大身スリヴァー》や《戦闘スリヴァー》、《鋼体スリヴァー》、と種類豊かなスリヴァーの数々に恵まれた。もしスニガのデッキに入っているスリヴァーを1枚ずつすべて戦場に出せれば、《変わり谷》が11/10の怪物になるのだ。悪くないね。

 ところが、《変わり谷》はさらに大きくなる可能性がある。スニガのリストに《運命の扉》があるのを見ただろうか? 普通なら上手く使いこなすのは難しいカードだが、スニガのデッキに潜むスリヴァーの大群にぴったりなのだ。

アメリカ――ダニエル・チェケッティの「緑単雄叫び」
『基本セット2014』チーム・シールド・デッキ / ワールド・マジック・カップ2013
16 《森》

-土地(16)-

2 《エルフの神秘家》
2 《マナ編みスリヴァー》
2 《大食のワーム》
1 《命取りの出家蜘蛛》
1 《カロニアの大牙獣》
2 《獣の代言者》
2 《ルートワラ》
2 《大蜘蛛》
1 《轟くベイロス》
2 《胞子塚》
1 《森生まれのビヒモス》

-クリーチャー(18)-
1 《泡立つ大釜》
1 《弱者狩り》
1 《交易所》
1 《三つの願いの指輪》
1 《獣の統率者、ガラク》
1 《夜の群れの雄叫び》

-呪文(6)-

 他に色を足さず緑単色デッキでいくことには、ふたつの利点がある。まず、《カロニアの大牙獣》を安定して2ターン目に出せるようになること。そしてより重要なのは、実直なカードに過ぎない《夜の群れの雄叫び》が、狂ったように強くなることだ。さながらレア・カードが1枚増えたような強さだ。そのため、《夜の群れの雄叫び》を引いたチームの多くが、緑単色でデッキを作ろうと取り組んだ。中でも一番興味深かったのは、アメリカ・チームのデッキだ。《泡立つ大釜》と《交易所》が特徴的なこのデッキは、《大食のワーム》とも非常に上手く噛み合う。2マナで6/6? 悪くない!

中国――リウ・イーリウの「黒単予言」
『基本セット2014』チーム・シールド・デッキ / ワールド・マジック・カップ2013
17 《沼》

-土地(17)-

3 《ただれたイモリ》
2 《執拗な死者》
2 《夜の子》
1 《かじりつくゾンビ》
1 《血の幼子》
2 《凶眼のコカトリス》
1 《荒廃唱え》
1 《リリアナの肉裂き》
1 《夜翼の影》

-クリーチャー(14)-
1 《祭壇の刈り取り》
1 《泡立つ大釜》
1 《破滅の刃》
2 《闇の予言》
2 《泥沼病》
1 《血の儀式文》
2 《堕落》

-呪文(10)-

 《堕落》2枚と《泥沼病》2枚と来れば、すでに黒単デッキを始めるのに十分だ。しかし、このデッキの真の原動力は2枚の《闇の予言》なのだ。《執拗な死者》と《血の幼子》、そして《闇の予言》のコンボには夢がある。この3枚が戦場にあると、2マナで1枚カードを引けるのだ。同時にライフを失うものの、《泡立つ大釜》や《夜の子》、または《堕落》を引き込めば、失ったライフを取り戻せるだろう。

香港――デレク・チャームの「赤緑呪禁」
『基本セット2014』チーム・シールド・デッキ / ワールド・マジック・カップ2013
8 《森》
8 《山》

-土地(16)-

3 《林間隠れの斥候》
2 《捕食スリヴァー》
1 《ゴブリンの近道抜け》
1 《カロニアの大牙獣》
2 《レガーサの火猫》
1 《アカデミーの略奪者》
1 《スリヴァー構築物》
2 《無法の槌角》
1 《轟くベイロス》

-クリーチャー(14)-
1 《巨大化》
1 《ショック》
2 《稲妻の鉤爪》
2 《トロール皮》
2 《チャンドラの憤慨》
2 《溶岩の斧》

-呪文(10)-

 《林間隠れの斥候》は、ドラフトではよく最後までピックされず残るカードだ。1マナ1/1と貧弱なクリーチャーで、呪禁も1/1ではあまり意味がない。だが《稲妻の鉤爪》2枚と《トロール皮》2枚があるなら、もちろん話は別だ。それらをエンチャントしたその瞬間、《林間隠れの斥候》は立派に対処しにくい脅威となる。香港チームはこれらの相互作用を見て、すべて同じデッキに入れることを決定したのだ。

フランス――ラファエル・レヴィの「黒赤反逆の行動」
『基本セット2014』チーム・シールド・デッキ / ワールド・マジック・カップ2013
9 《山》
8 《沼》

-土地(17)-

1 《執拗な死者》
2 《死体運び》
2 《かじりつくゾンビ》
2 《血の幼子》
1 《ドラゴンの卵》
1 《呪われたスピリット》
1 《オーガの戦駆り》
1 《燃え投げの小悪魔》
1 《肉潰しの巨人》

-クリーチャー(12)-
2 《ショック》
1 《祭壇の刈り取り》
1 《漸増爆弾》
2 《反逆の行動》
1 《炬火の炎》
1 《溶鉄の誕生》
1 《チャンドラの憤慨》
1 《交易所》
1 《溶岩噴火》

-呪文(11)-

 本当に多くのデッキが、この生け贄をテーマにした黒赤だった。戦場に《血の幼子》がいれば、《反逆の行動》は追加効果付きの強力な除去に変わる。これは『基本セット2014』リミテッドが生み出す中でも最強のシナジーのひとつで、多くのチームが逃さず使ったものだ。フランスも《反逆の行動》を4枚引いたチームのひとつだが、意外にもそのうち2枚をサイドボードに残した。


ラファエル・レヴィ/Raphael Levyも、黒の生け贄に捧げる能力と赤の《反逆の行動》が生み出すシナジーを使った多くのプレイヤーのひとりだ。

 私は殿堂顕彰者ラファエル・レヴィを探し出し、その理由を尋ねた。「生け贄に捧げる能力を持ったやつの方が足りなかったんだよ」とレヴィは答えた。「そのうち2枚が《かじりつくゾンビ》で、《反逆の行動》コンボを使うには土地が5枚必要になる。それがけっこうキツイんだ。あと、生け贄に捧げる能力を持ったやつがなくて《反逆の行動》3枚みたいな初手を引いたら、どうする?」彼の説明は合理的で、私たちに自制の大切さを教えてくれるものだった。

 と言ったものの、私も素晴らしいシナジーを集めに『基本セット2014』ドラフトを始めたい、という欲求は自制できなさそうだ。

前の記事: 【英語記事】 Looking at the Pro Tour Qualifier Schedule | 次の記事: 【英語記事】 Round 1: Team China vs Team Chinese Taipei (Team Sealed)
ワールド・マジック・カップ2013 一覧に戻る