マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 クイックインタビュー:チーム・シールドと個人戦シールドの最大の違いは?

【戦略記事】 クイックインタビュー:チーム・シールドと個人戦シールドの最大の違いは?

authorpic_joshbennett.jpg

Josh Bennett / Tr. Yusuke Yoshikawa

2013年8月2日

原文はこちら

ラヴニカへの回帰・ブロックにおける、チーム・シールド・デッキと個人戦との最大の違いは何ですか?
UnitedStates.jpg
アメリカ代表

 デッキがドラフトのものみたいになりますね。このフォーマットは個人戦シールドよりかなり速いものになりますから、マナ・カーブがより重要になります。また「門」がたくさん手に入りますから、《門の維持/Hold the Gates(GTC)》と《はじける境界線/Crackling Perimeter(GTC)》が大活躍するような5色デッキを組めますね。

England.jpg
イングランド代表

 ベストのカードをすべてプレイするようにすることがより重要になります。個人戦では、爆弾カードを引いても、マナの問題やその色にプレイに値するカードが少ないという理由で、しばしばデッキに入れられないことがあります。チーム・シールドでベスト3のカードがデッキに入らないなら、デッキを組み直すべきでしょうね。

Ireland.jpg
アイルランド代表

 個人戦だと単に自分がプレイすべきカードを見つければいいだけですが、チーム戦ではどのデッキにカードを入れるべきかを考える必要があります。多色をサポートするカードがあるので、色を散らすのにも非常に多くの選択肢がありますし、少なくともひとつは色が重なるデッキがあります。例えば、『基本セット2014』で白いデッキを作ろうとしたら、白いカードをアグロ・デッキとコントロールに分ける必要があり、それからそれぞれのグループのカードをよりうまく使えるデッキに振り分けていくことになります。

Singapore.jpg
シンガポール代表

 非常にややこしいですね。デッキの組み方が何通りもあり、それぞれに多くの選択肢があります。一番大事なのは、除去をうまく共有することですね。各デッキが除去を持てるように、色を分ける必要があります。

Australia.jpg
オーストラリア代表

 最も大切なのは、デッキをパワフルに、かつ一貫性のあるものにすることです。高コストの爆弾カードを抜くことを恐れないように――このフォーマットは個人戦より速いものですから。例えば、《溶鉄の始源体/Molten Primordial(GTC)》や《ボロスの布陣者/Boros Battleshaper(DGM)》を抜いて、土地16枚で良質のボロス・アグロを組むこともできます。

Belgium.jpg
ベルギー代表

 個人戦ではマナと爆弾カード次第でデッキが決まるということがありますが、チーム戦には当てはまりません。デッキを組むにも非常に多くの方法があります。特に重要なのは、3つの良いデッキを組むことです。ときおり、カードを見ると2つの超強力デッキと1つの並以下デッキを組みたくなりますが、それは負けにつながる戦略ですよ。

前の記事: 【英語記事】 Know Your Pools | 次の記事: 【英語記事】 Stage 1 Round 2: Team Australia vs. Team Brazil (Team Sealed)
ワールド・マジック・カップ2013 一覧に戻る