マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【お知らせ】 第6回戦の失格処分について

【お知らせ】 第6回戦の失格処分について

wizards_authorpic_larger.jpg

Wizards of the Coast / Tr. Keiichi Kawazoe

2017年12月1日

原文はこちら

 ワールド・マジック・カップ2017の第6回戦で、アイルランド代表チームのデイヴィッド・ウォルフ/David Wolfeは《航路の作成/Chart a Course(XLN)》を唱え、カードを2枚捨ててターンを終了しました。捨てた2枚のカードは《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift(HOU)》と、その時点で唯一のリアニメイト先となるクリーチャー・カードで、すなわち次のターンに彼が《復元/Refurbish(KLD)》によって、さらに次の相手のターンでの敗北を防ぐために必要なものでした。

 調査の結果、ジャッジはこの違反――過剰にカードを捨てたというゲームルール抵触行為――は故意かつ有利を得るために行われたと判断しました。結果として、ウォルフはワールド・マジック・カップからの失格処分を受けました。アイルランド・チームは2人のまま2日目に進出することになり、各ラウンド1マッチを落とした状態で始めることとなります。

前の記事: 【観戦記事】 第6回戦:マレーシア代表 vs. ブラジル代表 | 次の記事: 【トピック】 2日目ステージ1組み合わせの紹介
ワールド・マジック・カップ2017 一覧に戻る