マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【トピック】 2日目ステージ1組み合わせの紹介

【トピック】 2日目ステージ1組み合わせの紹介

authorpic_FrankKarsten.jpg

Frank Karsten / Tr. Keiichi Kawazoe / TSV Yusuke Yoshikawa

2017年12月1日

原文はこちら

 2日目に進出するためには4勝が必要だったが、初日を終えてみると数々の有力なチームが塵と消えまた。パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ/Pauro Vitor Damo da Rosa、ルーカス・エスペル・ベルサウド/Lucas Esper Berthoud、そしてカルロス・ロマオ/Carlos Romãoの3名で構成されるブラジル代表、そして他にもオランダ代表、カナダ代表が2日目に駒を進められなかった。一方で、マークされていなかったチームが初日に輝かしい結果を残している。

 通過した32チームは8つのプールに分けられた。明日、各チームはプールの中でダブル・エリミネーションの3回戦――おおむね先に2勝したチームが勝ち抜け――を戦う。トップ8のチームが日曜に進出するが、フォーマットは両日ともチーム共同デッキ構築・スタンダードである。

 以下に、各8プールの内訳を確認しよう。特に初日を4勝0敗、4勝1敗で通過したチームについては簡単な紹介をしてある。これらのチームは4勝した時点で自動的に初日通過となり、初日の残りのラウンドは不戦勝扱いになっている。彼らは初日の結果を踏まえ、タイトル獲得に近いと目されている。

プールA

1日目の成績国/地域プレイヤー1プレイヤー2プレイヤー3
4-0ドイツMarc TobiaschPhilipp KriegerMoritz Templin
4-2アメリカ合衆国Reid DukeOliver TomajkoGerry Thompson
4-2アイルランドMichele GravinaDavid MurphyDavid Wolfe
4-3グアテマラFernando Jose Juarez OlivaJose AndresKevin Perez
Germany.jpg
2017年ドイツ代表

 ドイツ代表は4-0で通過した4チームのうちの1つである。プロツアー『アモンケット』でトップ8に入賞したヨーロッパ屈指のデッキビルダー、マルク・トビアシュ/Marc Tobiaschがキャプテンを務める。チームメイトのフィリップ・クリーガー/Philipp Kriegerとモリッツ・テンプリン/Moritz Templinはプロツアーの経験を持たないものの、トビアシュが率いた昨年のドイツ代表は今年ほどの良いスタートではなかったにもかかわらず、9位という成績を残している。

プールB

1日目の成績国/地域プレイヤー1プレイヤー2プレイヤー3
4-0ウェールズPhilip GriffithsSam RolphAaron Boyhan
4-2台湾Huang Hao-ShanChun Bo RuadJhang Jheng Yu
4-2スイスAndreas GanzSimon LeighMarko Milivojevic
4-3スロバキアIvan FlochPeter SnohaOndrej Kedrovic
Wales.jpg
2017年ウェールズ代表

 ウェールズ代表もまた、初日を4-0で通過している。このチームは皆経験豊富なプレイヤーである――ウェールズチームとしての出場が4回目となるフィリップ・グリフィス/Philip Griffithsがキャプテンを務め、またアーロン・ボイヤン/Aaron Boyhanも3回目の出場である。そしてウェールズ・チャンピオンであるサム・ロルフ/Sam Rolphは実にプロツアーに3回出場しているのだ。しかしながら、彼らの最も印象に残るところはその出で立ちだろう。彼らはウェールズの国旗をデザインした竜騎士を身に纏っており、このことでスピリット・アワードを受賞した。

プールC

1日目の成績国/地域プレイヤー1プレイヤー2プレイヤー3
4-0ベルギーPeter VierenKristof Van HolsbeeckGeoffrey Siron
4-1-1イングランドNiels MolleAutumn BurchettRoss Broxup
4-2ポーランドGrzegorz KowalskiRadek KaczmarczykPiotr Glogowski
4-3マレーシアJoe SohWee Pang MingAdwin Lim
Belgium.jpg
2017年ベルギー代表

 ベルギー代表は昨年準優勝し、キャプテンのピーター・フィーレン/Peter Vierenは再びこの場に戻ってきた。今年、彼のチームには2人のベテランが並んでいる。プロツアー・ロンドン2005の覇者ジェフリー・シロン/Geoffrey Sironが復帰し、またクリストフ・ファン・ホルスベック/Kristof van Holsbeeckのグランプリ初出場は1998年である。

プールD

1日目の成績国/地域プレイヤー1プレイヤー2プレイヤー3
4-0イタリアAndrea MengucciAdriano MoscatoMattia Rizzi
4-1-1韓国Nam Sung WookCho Jeong WooJung Ga Ram
4-2セルビアAleksa TelarovMilos PerovicGoran Begovic
4-3フィリピンMike HronPhilip Christopher Rama IIIJan Ang
Italy.jpg
2017年イタリア代表

 イタリアチームは全勝で2日目に進出した最後のチームである。キャプテンのアンドレア・メングッチ/Andrea Mengucciは間違いなくこのチームで最も有名なプレイヤーで、2015年のワールド・マジック・カップ優勝の立役者であった。今年はプロツアー経験も何度かあるアドリアーノ・モスカート/Adriano Moscatoと、最近のグランプリでトップ8に何度か入賞しているゴールドレベル・プロのマティア・リッツィ/Mattia Rizziを率いている。この経験をもってすれば、2015年の栄光の再来も不可能ではないだろう。

プールE

 4-1で第5回戦に2日目進出を決めたチームは8チームあり、彼らは残る2ラウンドが不戦勝となっている。E~Hの各組に、それぞれ2チームずつが割り振られている。

1日目の成績国/地域プレイヤー1プレイヤー2プレイヤー3
4-1パナマManuel SuccariSaul AlvaradoJaime Soriano Salazar
4-1スペインJavier DominguezDaniel Martinez QuerolPedro Lechado
4-2ブルガリアHristiyan IvanovNikola RashkovAngel Pastarmadzhiev
4-3アルゼンチンLuis SalvattoPedro de DiegoAriel Nagy
Panama.jpg
2017年パナマ代表

 昨年のワールド・マジック・カップで、パナマは初めて2日目に進出した。そして、そのまま駆け抜けてトップ8に入るという偉大な物語を成し遂げた。今年は昨年も参加したマニュエル・スッカリ/Manuel Succariとサウル・アヴァラド/Saul Alvaradoに、自身初のプレミア・イベントであった国別選手権で準優勝したハイメ・ソリアノ・サラザール/Jaime Soriano Salazarを加え、昨年の成功の再現を期している。

Spain.jpg
2017年スペイン代表

 スペイン代表のキャプテンを務めるハビエル・ドミンゲス/Javier Dominguezは今年の世界選手権準優勝者である。彼は決勝でウィリアム・ジェンセン/William Jensenに敗れたものの、その名を世界に轟かせたのだ。チームメイトのダニエル・マルティネス・ケロール/Daniel Martinez Querolとペドロ・レチャド/Pedro Lechadoはどちらもプロツアー・グランプリの経験も豊富であり、スペイン代表の層の厚さを示している。

プールF

1日目の成績国/地域プレイヤー1プレイヤー2プレイヤー3
4-1ハンガリーGabor KocsisTamas NagyFerenc Nagy
4-1チェコ共和国Martin JůzaTomas LangerTomas Jirkal
4-2中国Liu YuchenLu ChaoGao Tan
4-3ウルグアイLeandro CabreraChristian AlicoLópez
Hungary.jpg
2017年ハンガリー代表

 ハンガリーはワールド・マジック・カップで常に好成績を残しており、特に2013年には決勝に進出している。そして、今年のチームメンバーのレベルに関して言えば、驚異的な経験を持っているのだ。ガボール・コチシュ/Gabor Kocsisとタマス・ナギー/Tamas Nagyはどちらも8回目の代表チーム入りであり、フェレンツ・ナギーもまた3回目なのだ。今回またトップ8に進出したとしても、驚くことではないだろう。

CzechRepublic.jpg
2017年チェコ共和国代表

 チェコ共和国代表は、生涯通じての素晴らしい功績により最近プロツアー殿堂に顕彰されたばかりのプラチナ・プロ、マーティン・ジュザ/Martin Jůzaに率いられている。残る2人のトマス・ジルカル/Tomas Jirkalとトマス・ランガー/Tomas Langerはともにまだプロツアーの出場は2回に過ぎないが、チェコ共和国には強いプレイヤーを育て上げてきた歴史がある。

プールG

1日目の成績国/地域プレイヤー1プレイヤー2プレイヤー3
4-1日本渡辺 雄也原根 健太八十岡 翔太
4-1オーストラリアDavid MinesMatthew SherlockRyan Cubit
4-2リトアニアGaudenis VidugirisGabrielius KaklauskasDomantas Zavadzkis
4-3ペルーFrancisco SifuentesDiego Hurtado SanchezMarco Sakugawa
Japan.jpg
2017年日本代表

 日本はかつてワールド・マジック・カップであまりにも酷い結果を残してきたが、それでも今大会の注目チームのひとつに数えられている。その理由は簡単で、このチームには1人にとどまらず2人までも殿堂顕彰者――渡辺雄也と八十岡翔太の両名――が属しているからだ。そして、日本王者の原根健太もまた、2度のグランプリ・トップ8経験を持つゴールドレベル・プロである。

Australia.jpg
2017年オーストラリア代表

 オーストラリア代表は昨年6位に入賞したが、今年も同じかそれ以上の結果を残すかもしれない。昨年に引き続きデヴィッド・マインズ/David Mineとライアン・キュービット/Ryan Cubitが参加し、そして今年はオーストラリア王者としてマシュー・シャーロック/Matthew Sherlockを迎えている。

プールH

1日目の成績国/地域プレイヤー1プレイヤー2プレイヤー3
4-1オーストリアOliver Polak-RottmannElias KlockerAdrian Johann Schrenk
4-1スコットランドBradley BarclayStephen MurrayDuncan Tang
4-2パラグアイOscar Mathias BachmannAndoni AstigarragaArturo Bobadilla Gomez
4-2-1タイSakditat KwanchaitunyaShitipat TantiyanonThirawat Chaovarindr
Austria.jpg
2017年オーストリア代表

 オーストリアのキャプテン、オリヴァー・ポラック=ロットマン/Oliver Polak-Rottmannは非常に経験豊富なプレイヤーで、4回のグランプリ・トップ8やプロツアーの参戦で知られている。オーストリア王者のエリアス・クロッカー/Elias Klockerもまた2度のグランプリ・トップ8を経験している。一方、アドリアン・ヨハン・シュレンク/Adrian Johann Schrenkにとって、このイベントは初めての世界規模のイベントである。

Scotland.jpg
2017年スコットランド代表

 スコットランドはこのワールド・マジック・カップで傑出した記録を持っている。この5年間で4回2日目に進出し、トップ8にも2回進出しているのだ。今年の話をするなら、キャプテンのブラッドレー・バークレイ/Bradley Barclayとスコットランド・チャンピオンのステファン・マレー/Stephen Murrayはどちらも長いキャリアを持っている。今回初参加となるダンカン・タン/Duncan Tangもグランプリ経験が豊富であり、そして彼らは伝統的な柄のフェイスペイントによって、スピリット・アワードを受賞した。


 2日目に進出した各チームの皆さん、おめでとう!

前の記事: 【お知らせ】 第6回戦の失格処分について | 次の記事: 【トピック】 Facebookアルバム:ワールド・マジック・カップ2017 1日目
ワールド・マジック・カップ2017 一覧に戻る