マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5: Craig Wescoe(アメリカ) vs. 浅原 晃(東京)

Round 5: Craig Wescoe(アメリカ) vs. 浅原 晃(東京)

By Takeshi Miyasaka


 1敗ラインからフィーチャーマッチに選ばれたのはアメリカ・シカゴをホームとする Craig Wescoe と浅原 晃のマッチアップ。

 mtg-jp 誌上で連載している浅原の記事にはファンが多 く、彼の活躍を期待する読者も多いことだろう。
 筆者もそんなファンの一人である。

 日頃はキーボードから紡ぎ出す文字で我々を楽しませてくれている浅原には、マジックの試合での美技も期待したい。


Game 1

 先攻のWescoeが《平地/Plains》《金属海の沿岸/Seachrome Coast》から《清浄の名誉/Honor of the Pure》というスタートに対し、浅原は《金属海の沿岸/Seachrome Coast》《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》で2マナ立ててターンを終える。

 Wescoeは《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》をセットすると《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》をプレイ。カウンターはなく、浅原はターン終了時に《熟慮/Think Twice》をカードに変えると、ドローして《闇滑りの岸/Darkslick Shores》をセット、ゴーでターンをすぐさま終える。

 4マナ目に《島/Island》を追加したWescoeは、《清浄の名誉/Honor of the Pure》のバックアップを受けた《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》をレッドゾーンへ。攻撃状態の 5/5 天使・トークンが現れて、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》とともに浅原へ襲いかかり8点のダメージを与える。さらに《教区の勇者/Champion of the Parish》をプレイするWescoeだが、たまらず浅原は《雲散霧消/Dissipate》する。

 毎ターン8点のダメージを産み出す《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》をなんとかしないと死んでしまう浅原は、《審判の日/Day of Judgment》をプレイするのだが、《マナ漏出/Mana Leak》の餌食となり、脅威は依然として目の前にある。
 
 Wescoeがもう一度《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》と天使・トークンで殴りかかるのを見届けたのち、浅原はドローを確認したうえでカードを片付けた。

 わずか5ターンの瞬殺劇であった。

Wescoe 1-0 浅原


Game 2

浅原 晃
浅原 晃

 《孤立した礼拝堂/Isolated Chapel》《闇滑りの岸/Darkslick Shores》というスタートの浅原に対し、《金属海の沿岸/Seachrome Coast》から《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》スタートのWescoeは、2ターン目に追加の土地こそプレイできなかったものの、レッドゾーンへ《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》を送り込んでから、2体目の《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》を戦場へ追加する。

 浅原は《熟慮/Think Twice》をエンドにプレイしてから《金属海の沿岸/Seachrome Coast》セットでターン終了。Wescoeは1ターン遅れの《平地/Plains》から《清浄の名誉/Honor of the Pure》をプレイするが、浅原はこれを《マナ漏出/Mana Leak》。《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》2体が浅原のライフをもぎ取り17とする。

 メインに《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》をプレイして《島/Island》を手に入れた浅原に対し、Wescoeはふたたび《清浄の名誉/Honor of the Pure》をプレイ。《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》はサイズアップして浅原に4点ダメージを与え、ライフを13とする。一気にクロックが大きくなってしまったので、浅原はここで《審判の日/Day of Judgment》をプレイして戦場を平らにする。

 《島/Island》をプレイしたWescoeは《宿命の旅人/Doomed Traveler》を戦場へ。浅原は《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》をセットするのみだ。《宿命の旅人/Doomed Traveler》が浅原のライフを11とすると、《精鋭の審問官/Elite Inquisitor》を戦場へ投入してターンを終える。

 浅原は《熟慮/Think Twice》をフラッシュバックすると、《精鋭の審問官/Elite Inquisitor》へ《破滅の刃/Doom Blade》。さらにメインで《金属海の沿岸/Seachrome Coast》セットから《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》! [-2]能力によりタップ状態の《宿命の旅人/Doomed Traveler》は 2/2 のスピリットへと姿を変える。

 Wescoeは《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を《忘却の輪/Oblivion Ring》で追放すると、スピリット・トークンで攻撃。浅原のライフは9となった。

 だが、浅原は《太陽のタイタン/Sun Titan》をプレイして《氷河の城砦/Glacial Fortress》を拾いこんで反撃の体制を整える。Wescoeはスピリット・トークンで攻撃して浅原のライフを7へ落とし込むと、《平地/Plains》プレイから《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》を戦場へ投入する。

 しかし、浅原は慌てずに、まずはスピリット・トークンを《破滅の刃/Doom Blade》、さらに《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》の[-2]能力をWescoeに使用し、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》を排除することに成功する。戦場からクリーチャーを駆逐した後で無人の荒野を《太陽のタイタン/Sun Titan》が駆け抜ける。
 浅原は《島/Island》を回収し、Wescoeのライフは14へ。

 一気に攻撃できる先鋒たちを失ってしまったWescoeは、さらなる刃として《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》を戦線へ投入するが、浅原は《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》の[+1]能力でお互いにディスカード、ついで《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》をプレイ! 8/8 となった《太陽のタイタン/Sun Titan》がWescoeへ襲いかかり、Wescoeのライフは6となった。

 しばらく逡巡はしたものの、目の前に展開されているモンスターたちがどうしようもないWescoeは、カードを片付けるのだった。

Wescoe 1-1 浅原


Game 3

Wescoe

Craig Wescoe

 先攻のWescoeは《金属海の沿岸/Seachrome Coast》から《宿命の旅人/Doomed Traveler》でスタート、続く土地が《氷河の城砦/Glacial Fortress》でいったんお休みするが、3ターン目に《平地/Plains》セットから《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》と殴り値は十分、殺る気十分な申し分ない展開だ。

 《宿命の旅人/Doomed Traveler》が2回殴って浅原のライフは18となる。
 一方の浅原は《氷河の城砦/Glacial Fortress》《闇滑りの岸/Darkslick Shores》《平地/Plains》から《機を見た援軍/Timely Reinforcements》がファーストアクション。ライフを24へ戻し、1/1 兵士トークンが3体戦場へ登場する。浅原のライフをカバーしてくれる頼もしい兵士たちだ。

 Wescoeは《清浄の名誉/Honor of the Pure》でバックアップした《宿命の旅人/Doomed Traveler》と《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》をレッドゾーンへ送り込む。《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》は兵士トークンでチャンプして、《宿命の旅人/Doomed Traveler》はスルーした浅原のライフは22となる。

 《金属海の沿岸/Seachrome Coast》をプレイして《清浄の名誉/Honor of the Pure》を《忘却の輪/Oblivion Ring》する浅原に対して、Wescoeは《金属海の沿岸/Seachrome Coast》からさらに《清浄の名誉/Honor of the Pure》! 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》と《宿命の旅人/Doomed Traveler》が攻撃へ繰り出される。《宿命の旅人/Doomed Traveler》は兵士トークン2体と相討ちとなるが 2/2 スピリットへと転生を果たし、浅原のライフは《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》の二段攻撃によって16となる。

 たまらず浅原は《審判の日/Day of Judgment》をプレイするが、《マナ漏出/Mana Leak》で浅原の望みを漏出させるWescoe。無人のレッドゾーンへ《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》とスピリット・トークンが送り込まれ、浅原のライフは8となった。

 《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》をなんとかできなければ、ジ・エンド。《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》をプレイしてWescoeの顔色をうかがう浅原だが・・・Wescoeの手札からは当然のように《マナ漏出/Mana Leak》が、ぽろり。

 浅原は敗北を認め、右手を差し出すのだった。

Wescoe 2-1 浅原

前の記事: Round 4: Paulo Vitor da Rosa(ブラジル) vs Raphael Levy(フランス) | 次の記事: Round 6: 彌永 淳也(東京) vs. Marcelino Freeman(メキシコ)
世界選手権11 一覧に戻る