マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Deck Tech: 白緑トークン

Deck Tech: 白緑トークン

by Shiro Wakayama


 グランプリ・広島では白いビートダウンが跋扈した。どうやら世界選手権の会場も、白緑のビートダウンや白青の人間ビートダウン。最近流行のイリュージョンも含めれば、かなりの数のビートダウンデッキがいるだろう。

 そんな中でも、既存のアーキタイプとは少し違う形のビートダウン?デッキを見つけたので、ご紹介しよう。

森田 雅彦
世界選手権2011 / スタンダード
9 《平地/Plains》
2 《森/Forest》
4 《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
4 《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
4 《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove(M12)》
2 《幽霊街/Ghost Quarter》

-土地(25)-

2 《宿命の旅人/Doomed Traveler》
4 《刃の接合者/Blade Splicer》

-クリーチャー(6)-
4 《無形の美徳/Intangible Virtue》
4 《忠実な軍勢の祭殿/Shrine of Loyal Legions》
4 《深夜の出没/Midnight Haunting》
3 《忘却の輪/Oblivion Ring》
4 《審判の日/Day of Judgment》
3 《迫撃鞘/Mortarpod》
3 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
4 《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》

-呪文(29)-
3 《はらわた撃ち/Gut Shot》
2 《天界の粛清/Celestial Purge(M12)》
3 《帰化/Naturalize(M12)》
4 《機を見た援軍/Timely Reinforcements(M12)》
2 《内にいる獣/Beast Within》
1 《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》

-サイドボード(15)-

 よくよく見ると、「トークンでないクリーチャー」が2種類しかいない。そして、この2種類は言ってみれば攻撃要員ではない。トークンを生み出すための残りカスと、トークンに生まれ変わるためのサナギでしかない。

 そして、数々のトークンを生み出すためのカードたち。

 さらに、トークンを出すだけじゃない、ユーティリティなトークン製造カードのオンパレードである。
 少し重く構成されているデッキの低マナ域を支えつつ、マナが潤沢になると連射可能な砲台となる《迫撃鞘/Mortarpod》。
 トークンを出しつつ、白緑というカラー的に苦手とする除去も出来る《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》。
 トークンを製造しつつ、ライフゲインも、余裕があれば、《審判の日/Day of Judgment》の上位互換として動けるというマルチプレイヤー、《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》。
 2種類のプレインズウォーカーは当然ながらフィニッシャーとしても圧倒的な力を持っている。

 極め付けは、トークン限定《清浄の名誉/Honor of the Pure(M12)》。

 比較的重めのカードで構成されているため、白青の人間ビートダウンやイリュージュンデッキには物量、質ともに上回っているし、カードの選択の仕方が一般的なクリーチャーデッキとは異なる分、《審判の日/Day of Judgment》を4枚用意できているところが特徴的だ。
 クリーチャーデッキにはかなり優位にゲームを進めることができるだろう。

 仕事が忙しく、あまりマジックの大会等には顔を出さなくなった森田だが、誰と調整したのか聞いてみたところ、週刊連載でもおなじみの津村と、MOで毎晩調整を行ったそうだ。


 田崎も、森田も、「ビートダウンに勝てる構成のデッキを作る」というコンセプトを強烈に意識してデッキを作っている。
 結果として出来上がったレシピは全く違う形であれど、《審判の日/Day of Judgment》を4枚メインから採用し、MOで流行したクリーチャーデッキに対する意識の高さが窺える。

 今後さらに跋扈していくであろうクリーチャーデッキに耐性のあるこのデッキ。未だ使っている人が少ないうちに、いち早く調整をしてみてはどうだろうか?

前の記事: Dech Tech: 田崎亮のリアニメイト | 次の記事: (英語記事・動画) Grixis Control with Patrick Chapin (Standard)
世界選手権11 一覧に戻る