マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

国別対抗戦 Round 2: スイス代表 vs. 日本代表

国別対抗戦 Round 2: スイス代表 vs. 日本代表

By Takeshi Miyasaka


 互いに国別対抗戦の初戦を制して42点となり、現在3位の日本と4位のフィンランドの対戦がフィーチャーマッチに選ばれた。互いにチームメイトにアドバイスしたい彼らは、フィーチャーエリアではなく、一般のプレイエリアで隣同士にプレイできる環境を望み、その希望は叶えられた。

Team Round 2

レガシー:Dario Vicedomini vs 藤本 知也
モダン:Matthias Künzler vs 三原 槙仁
スタンダード:Matteo Rusconi vs 石田 龍一郎


モダン:Matthias Künzler vs 三原 槙仁 Game 1

 三原が《霧深い雨林/Misty Rainforest》、Matthias Künzlerが《蒸気孔/Steam Vents》から《血清の幻視/Serum Visions》という立ち上がり。

 三原は《島/Island》をプレイすると《霧深い雨林/Misty Rainforest》をフェッチして《島/Island》をサーチしてから《呪文滑り/Spellskite》をプレイ。

 Matthias Künzlerは《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》で三原のハンドを確認し、ついで《血清の幻視/Serum Visions》でライブラリを掘り進めてから《霧深い雨林/Misty Rainforest》をプレイ。フェッチして《島/Island》を入手してライブラリを再構成し、さらに《血清の幻視/Serum Visions》をプレイしてターンを終える。

 《蒸気孔/Steam Vents》をプレイしてターンを返した三原は、Matthias Künzlerのアップキープに《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》を瞬速でプレイしてMatthias Künzlerの《蒸気孔/Steam Vents》をタップしてマナを縛る。

 そのままターンを返すだけのMatthias Künzlerに対して三原は《欠片の双子/Splinter Twin》を《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》にエンチャントして、4ターンキルを決めたのだった。

Matthias Künzler 0-1 三原 槙仁


レガシー:Dario Vicedomini vs 藤本 知也 Game 1

 先攻の藤本は《沸騰する小湖/Scalding Tarn》フェッチから《Volcanic Island》をセットして《思案/Ponder》をプレイ、対するDario Vicedominiも同じく《Volcanic Island》から《思案/Ponder》という鏡うちでスタートするレガシー対決。

 続く2ターン目に藤本は《島/Island》をセットするのみ、Dario Vicedominiは《不毛の大地/Wasteland》をセットしてターンを終える。
 
 藤本は《古えの墳墓/Ancient Tomb》をセットするとフルタップして《騙し討ち/Sneak Attack》をプレイ! たまらずDario Vicedominiは《目くらまし/Daze》するが、藤本も《目くらまし/Daze》で通しにかかる。そこへDario Vicedominiは《Force of Will》するが、藤本もこれに《Force of Will》を合わせてみせるという、これぞまさにレガシー!というカウンター合戦のすえ、《騙し討ち/Sneak Attack》が戦場へ着地する。

 カウンター合戦に敗れたDario Vicedominiは、《霧深い雨林/Misty Rainforest》をフェッチして《Tropical Island》を入手し、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を戦場へ送り込む。

 無事に設置された《騙し討ち/Sneak Attack》から飛び出す弾丸はもちろん史上最強にして最大、伝説のクリーチャー《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》である。

 騙し討たれたDario Vicedominiはすべてのパーマネントを失い、残りライフはわずかに3となる。墓地へ行った《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》は藤本が消費したカードたちを伴ってライブラリへと舞い戻る。

 自分だけリスタート、しかもライフが3というハードモードを余儀なくされたDario Vicedominiは、《霧深い雨林/Misty Rainforest》をフェッチして《Volcanic Island》をインプレイ、《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を召喚という 1 ターン目としてはなかなかグッドな動きをしてターンを終える。

 ただ、Dario Vicedominiのライフは残り2だし、藤本は依然《騙し討ち/Sneak Attack》をコントロールしているのだが。

 《渦まく知識/Brainstorm》して《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を調達した藤本は、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を戦場へ降臨させる。どの能力を使用するか司令官の三原と相談し、[+2]能力で自分のライブラリを確認することに決めた。

 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を変身させることができなかったDario Vicedominiだが、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》へ殴って忠誠度を減少させてから《不毛の大地/Wasteland》をプレイしてターンを終える。
 さすがに一人だけニューゲームは分が悪すぎるとDario Vicedominiも思っていることだろう。

 危なげなくターンが帰ってきた藤本は、三原に確認を取ってから《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の[0]能力で《渦まく知識/Brainstorm》をし、無事に弾丸である《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を入手したのだった。

Dario Vicedomini 0-1 藤本 知也

 時を同じくして石田も勝利し、日本代表は全員がそろって先勝してみせた。要所要所で三原がアドバイスを両脇を固めるチームメイトに送りながら、彼らにとって大事な勝ち星を一つずつ積み重ねている。少年マンガでよく見かけるチームプレイとはかくや、というシーンを目の前で実践されているような錯覚を感じる筆者である。

 現に、3人そろってサイドボードを迎えて、対戦相手のスイスと同様に彼らの話し声でフィーチャーテーブルは賑やかになっているのだから。


モダン:Matthias Künzler vs 三原 槙仁 Game 2

Team Japan R2

 先攻のMatthias Künzlerは《島/Island》から《血清の幻視/Serum Visions》という立ち上がり。一方の三原は《島/Island》セットからマナを支払って《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》というライフを守るプレイング。

 ふたたび《血清の幻視/Serum Visions》をプレイしたMatthias Künzlerは、《蒸気孔/Steam Vents》セットから《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》をプレイして、こちらも相手のハンドを確認しておく。

 三原は《血清の幻視/Serum Visions》プレイから《霧深い雨林/Misty Rainforest》をセットしてターンを返す。《島/Island》をセットするのみでMatthias Künzlerがターンを終えると、ターン終了時に三原は《霧深い雨林/Misty Rainforest》をフェッチして《蒸気孔/Steam Vents》をインプレイ、メインで《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》とマナを充実させる。

 Matthias Künzlerは三原のターン終了時に《深遠の覗き見/Peer Through Depths》をプレイして《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》を入手する。

 Matthias Künzlerのアップキープに《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》を瞬速でプレイした三原は、Matthias Künzlerの《蒸気孔/Steam Vents》をタップしてマナを縛る。

 Matthias Künzlerはペイライフして《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》をプレイして三原のハンドをもう一度確認してターンを終える。三原はかまわずフルタップして《欠片の双子/Splinter Twin》を《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》にプレイ!
 
 頼りがいのある日本のエースが、連続で4ターンキルを決めてみせた。

Matthias Künzler 0-2 三原 槙仁


レガシー:Dario Vicedomini vs 藤本 知也 Game 2

Team Switzerland R2

スイス代表

 《Volcanic Island》《渦まく知識/Brainstorm》という立ち上がりのDario Vicedominiに対して、藤本も《霧深い雨林/Misty Rainforest》をフェッチして《島/Island》を入手し《思案/Ponder》でハンドを整えるというスタートを見せる。

 《Tropical Island》から《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を戦場へ投入するDario Vicedomini。藤本は《霧深い雨林/Misty Rainforest》をセットし、とりあえず《思案/Ponder》する。

 すでにゲームを終えた両方のセンターがそれぞれのプレイヤーにアドバイスを送る形でレガシーのマッチは進行しており、レガシーに不慣れな藤本は悩むたびに三原のアドバイスを得たうえでカードを選択していた。

三原のアドバイス

 Dario Vicedominiの《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が藤本に3点のダメージを与えてライフは16となる。ターン終了時に藤本は《霧深い雨林/Misty Rainforest》を起動するが、そこに突き刺さる《もみ消し/Stifle》!

 「もってたー。」と苦笑いする藤本と三原。「まあ、しゃーないよ。」という三原のなぐさめに頷きながら、残った《島/Island》で《渦まく知識/Brainstorm》をプレイ。いくつかの選択肢を三原に提示して、確認を取りながらカードをライブラリへと戻す。

 「ディスカード。」と発声してDario Vicedominiの了解を取ってから、藤本はあふれた手札から《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を捨ててライブラリを回復させる。

 ソーサリーを失った《タルモゴイフ/Tarmogoyf》は藤本に2点のダメージを与えてライフを14とする。《古えの墳墓/Ancient Tomb》をセットからライフを12に減らしつつ《実物提示教育/Show and Tell》をプレイする藤本だが、Dario Vicedominiは《赤霊破/Red Elemental Blast》でがっちりキャッチ。

 ソーサリーをふたたび獲得した《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が 3/4 に成長して藤本のライフを9とする。Dario Vicedominiは《思案/Ponder》すると《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を入手、これをフェッチして《Tropical Island》を戦場へ。

 藤本は《渦まく知識/Brainstorm》で手札の内容を整えると《Volcanic Island》をプレイしてターンを終える。Dario Vicedominiは《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をレッドゾーンに送り込み、藤本のライフを6に落とし込む。

 ここで石田がマッチに勝利して日本チームが勝利が決まった! ・・・が、黙って目線で藤本にプレイを続けるよう促すスパルタな三原。スイス側も止める気は無いようで、そのままゲームは続いていく。

三原 「いいからお前は練習しろ。」
藤本 「わかりました。」

 そう答えると、ターン終了時に《渦まく知識/Brainstorm》をプレイする。Dario Vicedominiはしばらく考えていたが、これにはなにもしないことを選ぶ。メインにライフを4に減らしながらの《実物提示教育/Show and Tell》をプレイする藤本。

 Dario Vicedominiもチームメイトと相談しながらこれをどうするか悩んでいる。お互いにとって実戦がなによりの練習の場、ということなのだろう。早口な上に異国の言葉で何を言っているかはわからないが、カウンターをするだろうことだけは雰囲気で分かった。

 結局《目くらまし/Daze》を追放して《Force of Will》することを選んだDario Vicedominiに対し、藤本もいちおう《赤霊破/Red Elemental Blast》してみるが、さらに《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》をコストにした《Force of Will》でカウンターし、レガシーのスコアをタイに戻すことに成功したスイスチームだった。

Dario Vicedomini 1-1 藤本 知也


 すでにチームの勝敗は決まっているが、練習のためにチームメイトからプレイすることを要求されているレガシー担当の両者。

 当然のようにサイドボードが行われ、スイスチームはジャッジに「これ(チームの勝敗は決まってても)プレイしてていいんだよね?」と確認する念の入りようである。

 そんなスパルタなチームメイトにたいして勝利を捧げられるのは、藤本か、Dario Vicedominiか。


レガシー:Dario Vicedomini vs 藤本 知也 Game 3

Round 2 Final Game

 先攻の藤本は《島/Island》から《思案/Ponder》という立ち上がり。一方《Volcanic Island》をプレイするのみのDario Vicedomini。藤本は《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を追加してターンを終える。

 ターン終了時にDario Vicedominiが《渦まく知識/Brainstorm》すると、三原が「スタック!」と発言して、ちょっと慌てる藤本。サイドボード中に指摘されたプレイについて忘れかけていたらしい。「練習していて良かったね」と三原につっこまれながら、対応して《渦まく知識/Brainstorm》をプレイする藤本、ついで《もみ消し/Stifle》されないうちに《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を《Volcanic Island》へ変換する。

 Dario Vicedominiはメインで《不毛の大地/Wasteland》をプレイして藤本が入手したばかりの《Volcanic Island》を破壊すると《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を召喚する。

 おかわりの《Volcanic Island》を手札からプレイしてターンを返すだけの藤本に対して、Dario Vicedominiはアップキープにみごと《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration》へと変身させ、またも《不毛の大地/Wasteland》で藤本の《Volcanic Island》を破壊する。

 対応して《赤霊破/Red Elemental Blast》で《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration》を破壊しようと試みるが、これは《呪文嵌め/Spell Snare》を切っての《Force of Will》でカウンターされる。変身したばかりの《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration》がレッドゾーンへ送り込まれて藤本のライフは 16 へ。

 今度は《古えの墳墓/Ancient Tomb》をセットする藤本は、これもみたび襲いかかる《不毛の大地/Wasteland》によって失うこととなった。《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration》に襲われ藤本のライフは 13 となる。

 藤本は苦笑しながら《古えの墳墓/Ancient Tomb》をプレイし、ペイライフしながら《実物提示教育/Show and Tell》するが、Dario Vicedominiは《目くらまし/Daze》でカウンター。

 《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration》が攻撃して藤本のライフはすでに8。Dario Vicedominiは《目くらまし/Daze》で手札に戻した《Volcanic Island》をプレイすると《思案/Ponder》し、チームメイトと相談しながらプレイを考える。チームメイトと相談できるのはチーム戦の醍醐味である。

 もはやライフに猶予のない藤本は、《沸騰する小湖/Scalding Tarn》をセットしてから、ライフを6に減らしながらの《実物提示教育/Show and Tell》を再び。Dario Vicedominiはしばらく考えるがこれを通す。

 それぞれ提示したカードは《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》と《沸騰する小湖/Scalding Tarn》。Dario Vicedominiは提示した《沸騰する小湖/Scalding Tarn》をフェッチするが、スタックして藤本も《沸騰する小湖/Scalding Tarn》をフェッチして《Volcanic Island》をサーチ。藤本のライフは5となる。Dario Vicedominiは《Tropical Island》をサーチして、目の前に佇む怪物へ挑む手段を考える。

 祈るようにDario Vicedominiの動向を見守る藤本に、Dario Vicedominiは手札から引いてきた《Volcanic Island》をプレイすると右手を差し出した。

Dario Vicedomini 1-2 藤本 知也

 日本代表完全勝利!

前の記事: 国別対抗戦 Round 1: フィンランド代表 vs. 日本代表 | 次の記事: Photo Blog: 世界選手権参加プレイヤー紹介 (前編)
世界選手権11 一覧に戻る