マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Photo Blog: 世界選手権2011 Twitter写真館 1日目

Photo Blog: 世界選手権2011 Twitter写真館 1日目

by Event Coverage Staff


/

 オープニングセレモニーは、国旗を持った各国のナショナルチャンピオンの入場で始まります。日本のホープ、石田はここでも活躍してくれるのか!?

/

 殿堂のお三方!!

/

 お父様と妹様と。世界を回り続ける生活を支えてくれたご家族がいたからこその、殿堂入り。嬉しそうな3人の顔が印象的です。

/

 第1回戦までもう少し。 会場風景をご紹介。

/

 会場には、今までのプロツアー王者たちの名前が刻まれたプレートが。

/

 サンフランシスコからおはようございます。現在1ラウンド目が始まるところです。イベント中写真ツイートで会場の模様や日本人選手の戦いぶりをお伝えしていきます。写真は開会式です。(瀬尾)

/

 参加者には、《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》がプリントされたTシャツが進呈されます!!

/

 ちなみに、サンフランシスコは坂道の町。そして、路面電車が走る街。凄く情緒のある、素敵な町なのです。

/

 殿堂入りした中修さんは大人気で、いくつもサインを求められていました。しかもすごく手慣れた書き方。(瀬尾)

/

 Round1 から、チャピンvsネルソン!! アメリカの星対決です。 どうやらチャピンが勝った様子。かなり怪しいデッキを使っていたので、デッキ要チェックな模様!

/
/

 角岡がマッチアップしたのは、HOFのフランク・カーステン!! ドヤ岡さんがシークレットテク的なアイテムを使った2-0で勝利したようです。 

/

 2ラウンド目からフィーチャーマッチが始まりました。さっそく中修さんが呼ばれています。(瀬尾)

/

 あとで会場案内記事にも載せますが、バイヤーブースのチャネルファイアーボールのコーナーでTシャツを売っていました。これを着れば一躍トッププレイヤー気分。お土産にいいかも。(瀬尾)

/

 Round 3では、構築劇場のking of interigenceこと伊藤敦が、フランク・カーステンとマッチアップ。

/

 同じくRound 3。日本王者石田とMOCSで権利を獲得した、彌永がフィーチャーエリアに呼ばれる。二人の対決の結果は、観戦記事でどうぞ!!

/

 やばそうなデッキ発見!!《核の占い師、ジン=ギタクシアス》と《ゾンビの横行》が入っている模様。リアニメイト!?!? プレイヤーを捕まえられれば、デッキテックでご紹介します!

/

 プロツアーではおなじみのウォーターサーバー。でも紙コップが三角なのって、初めて見ました。(瀬尾)

/

 現在4ラウンド目に入ったところです。三原槙仁、彌永淳也が3勝中で、並んでプレイしています。(瀬尾)

/

 一方では、角岡利幸VS中村修平という対戦も。こちらは2勝ラインのようです。(瀬尾)

/

 会場にいる人にしか役に立たない小ネタを1つ。会場を出て右、倉庫の突き当たりまで行って左を向くと見える「GREENS」というレストランは、某有名ガイドブックにも載っていますが、そこにテイクアウトコーナーがあります。
 ここは野菜料理で有名なレストランで、全粒粉や野菜をメインにしたクッキーやサンドイッチやスープがあり、ベジタリアン用メニューもそろっています。やや値段は高いですが、「アメリカにいるとなかなか健康的な食事にありつけなくて......」という方にお勧め。(瀬尾)

/

 4ラウンド終了時での集計で、われらが日本チームが首位に立っています。藤本4-0、三原3-1、石田2-2と好調のようですね。(瀬尾)


 そろそろ6ラウンド目。現時点の全勝者は......日本人ではただひとり彌永淳也。このあとMOCSも控えているのでこのままの勢いでいってほしいところ。まためぼしいところではパトリック・チャピンとコーンリー・ウッズの名前が見受けられます。
 ちなみにコーンリー・ウッズってどの人でしたっけ?とカバレージチームの若山さんに聞いたら、「変なデッキばかり作るプレイヤーで、"チャネル・ファイアーボールのらっしゅ"とも呼ばれている」と教えてくれました。(瀬尾)

/

 国別対抗戦が始まりました。日本は現在トップと6点差につけており、初戦の対戦相手はフィンランドです。(瀬尾)

/

 国際色豊かな国別対抗戦。全員おそろいの帽子をかぶっているのは、コロンビアのチームです。(瀬尾)

/

 本戦のほうに忙しくてなかなか見に行けないのですが、併催イベントも各種行なわれていまして、同時進行中の3つのイベントを巨大なTVにまとめて表示しています。これは便利。(瀬尾)

/

 そういえばすごく気になっているのが、会場を出たところの壁にひっついている赤い椅子。たぶん現代アート的なものだと思うんですけど、突然ぽつんとあるのでなんとも謎めいた雰囲気です。(瀬尾)

/

 日本チーム好調です!こちらは「うおー」とか言いながらチーム写真を撮影しているところ。石田さんはこういうのが似合いますね。(瀬尾)

/

 MOチャンピオンシップのスタンダードラウンドが現在進行中です。参加者は合計10ラウンドやらなければいけないので、大変タフな日程となります。(瀬尾)

前の記事: (翻訳記事) スタンダード・メタゲームブレイクダウン | 次の記事: (翻訳記事) 多様なメタゲームへの異なったアプローチ
世界選手権11 一覧に戻る