マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 11: 行弘 賢(三重) vs. Luis Scott-Vargas(アメリカ)

Round 11: 行弘 賢(三重) vs. Luis Scott-Vargas(アメリカ)

by Shiro Wakayama


 全ラウンドの折り返しと1ラウンドを終えて、8勝2敗と好調な二人。

 日本国内でこそ、グランプリTOP8や、コラムの執筆、ニコニコ生放送での配信等で有名なプレイヤーだが、世界的にみればまだまだ無名な行弘 賢。

 対するは、世代交代後の強いアメリカのボスとも言うべき、ご存じLuis Scott-Vargas。

 Luis Scott-Vargasが一時期と比べるとゲキ痩せしたようで、一見すると、行弘も恰幅では追いついたように見えるのだが、マジックのプレイはどうだろう?

 アメリカを背負う男と、日本の期待のホープの戦いを、おとどけしよう。


Game 1

 Luis Scott-Vargasは1/1《物騒な群衆/Unruly Mob》でスタート、行弘は《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate》。
 
 ここでLSVはボム第1号として《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》をX=2でプレイ。

 しかし行弘も負けてはおらず、《霊炎/Geistflame》で《物騒な群衆/Unruly Mob》を退場させると、《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate》でアタック、サイズアップさせる。さらに《不可視の忍び寄り/Invisible Stalker》をプレイして、クロックを準備。

 少し劣勢のLSVは、ここでちょっとだけ悩む。行弘が用意したクロックを捌くのが先か、盤面を作るのが先か。

 数々の修羅場を潜り抜け、無数ともいえるデュエルを経てきた彼の頭脳は、さして時間をかけずに結論を出す。結果としては《もつれ樹/Lumberknot》をプレイ。

 次の行弘の攻撃は全てスルーした上で、ダメージレースで後塵を拝すことを承知で、盤面をがっちり作りだす。LSVのライフは、行弘の攻撃を予定調和で全てスルー。ライフを12とするが、行弘は動けない。

 ここまで耐えていたLSVが、ここで攻勢に出る。《無私の聖戦士/Selfless Cathar》を戦場に追加したうえで、《旅の準備/Travel Preparations》を表裏で、使用。《もつれ樹/Lumberknot》と《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》にカウンターを乗せて、急に肉肉しい場を作る。

 LSVが何とか場を作る前に、ダメージで差し切りたい行弘だったが、《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate》はカウンター5個と大きくなった《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》でブロックされ犬死に。

 さらに後続を展開できずに厳しい状況で、LSVの場に《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》まで追加されてしまっては、到底ゲームをまともに進められる場ではなくなってしまい、投了。

行弘 賢 0-1 Luis Scott-Vargas


Game 2

 LSVは《物騒な群衆/Unruly Mob》、行弘は《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate》スタート。

 LSVが《アヴァシン教の僧侶/Avacynian Priest》をプレイすると、行弘が《霊炎/Geistflame》で《物騒な群衆/Unruly Mob》を除去してアタックと、序盤からめまぐるしい立ち上がり。

 さらに行弘は《スカースダグの信者/Skirsdag Cultist》をプレイして、破滅思考の砲台を準備。前のめりな構成の行弘のデッキに対して、LSVはさらに《待ち伏せのバイパー/Ambush Viper》をプレイして、長いゲームプランをとって、《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》や《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》といったカードが有効活用できるような展開へと行弘を誘い込む。

 そんな悠長なゲームに付き合っていては勝機が薄い行弘は《銀の象眼の短刀/Silver-Inlaid Dagger》をプレイして、《血に狂った新生子/Bloodcrazed Neonate》に装備。《アヴァシン教の僧侶/Avacynian Priest》がいるのですぐに攻撃には参加できないものの、LSVが大きなアクションを取りずらいようにプレッシャーをかける算段だ。

 LSVはここで、《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》を引き当ててセットランド。起動できる状態を作り上げて、ターンを返す。

 行弘は攻撃を宣言。LSVは《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》もあるので何もしない。行弘は《霊炎/Geistflame》フラッシュバックで《待ち伏せのバイパー/Ambush Viper》を葬ろうとするが、これは先ほどセットした《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》でパンプされ、回避。相打ちとなってしまい、《霊炎/Geistflame》を損した上に展開を阻害されてしまった形になってしまう。

 行弘のクロックを処理できて、少し安心したLSVは《灰毛ののけ者/Grizzled Outcasts》をプレイ。土地しか引かない行弘が、何もできずにターンを返すことでこれが即変身。
 
 一気に盤面が圧倒的なものになっていく。

 虎の子の《裏切りの血/Traitorous Blood》+《スカースダグの信者/Skirsdag Cultist》のコンボによって、盤面をひっくり返そうとする行弘だったが、これは《レインジャーの悪知恵/Ranger's Guile》で弾かれてしまい、残った3枚の手札は土地のみ。
 
 行弘の展開との噛み合いも含めてほぼ完璧な立ち回りをしたLSVが、圧勝。

行弘 賢 0-2 Luis Scott-Vargas


行弘 「デッキは弱くないんですけど、相性がめちゃくちゃ悪かったです。LSVもブン回りでしたしね。」

 長丁場の世界選手権。TOP32に入れば、20点で来年のプロツアーの参加権を確約される行弘は6敗ラインで概ね、目的を達成できる。

 残り7ラウンドであと4勝。勝ち越せば、また来年も、世界を相手に戦うことができる。
 
行弘 「圧殺されちゃって、すいませんでした。次勝ってくるんで、またフィーチャーしてくださいね。」

 気持ちを切り替えて、行弘はまた次の戦いへと赴く。

前の記事: Round 10: 渡辺 雄也(神奈川) vs. Andrew Cuneo(アメリカ) | 次の記事: Round 12: 渡辺 雄也(神奈川) vs. Paulo Vitor da Rosa(ブラジル)
世界選手権11 一覧に戻る