マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13: 浅原 晃(東京) vs. Ali Aintrazi(アメリカ)

Round 13: 浅原 晃(東京) vs. Ali Aintrazi(アメリカ)

By Takeshi Miyasaka


Round 13

 いよいよ世界選手権も予選最終日を迎えた。プロツアー・フィラデルフィア以来となるモダンを使ったビッグイベントである。10 月から認定フォーマットとして正式採用されモダンを使った初めてのイベント、といってもいいかもしれない。この晴れの舞台に、世界の強豪たちは、各国の代表選手たちはどんなデッキを持ち込んできたのか。

 現在3敗の浅原は、今日4勝以上の成績を残すことができれば三度目の世界選手権最終日へ進むことができる。その大事な日に選んだ相棒は、友人であり同僚でもある八十岡 翔太の作成したモダン版ヤソコン。

 フィラデルフィアではあとわずかに勝ち点が足りず八十岡が入賞することはなかったが、禁止カードのあおりを受けることなく、イニストラードのカードを加えることができた。なにより、八十岡ブランドの安定性は折り紙付きだ。

 浅原のほか、渡辺雄也、中村修平、ベン・スタークがヤソコンを八十岡からシェアされている。中村はレベル 8 を目指して、浅原と渡辺は世界選手権最終日を目指して、鬼才・八十岡が産み出した至高の一品に自身の命運をゆだねることにした。

 モダンラウンド最初のフィーチャーマッチで浅原が呼ばれたのは、スターシティゲームズのシャツを着る巨漢の男、Ali Aintraziとマッチアップしたからだ。Ali Aintraziはプロレベル4のプロプレイヤーにして今年のアメリカ王者。

 現在3敗1分で文字通りアメリカ代表を牽引しているアメリカチャンピオンは、個人・チームの双方で最終日を戦うべく、この席に着いている。強いアメリカがやってきているさなかにアメリカチャンピオンを獲得したAli Aintraziの実力もまた張り子ではない。
 
 世界選手権最終日を目指す男たちの戦いが、いま幕を開ける。


Game 1

 先攻のアメリカ人がテイクマリガンして始まった13回戦のフィーチャーマッチ。

 《ウルザの塔/Urza's Tower》 2 枚から《アゾリウスの印鑑/Azorius Signet》というスタートのAli Aintraziに対して、浅原は《草むした墓/Overgrown Tomb》《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》から《強迫/Duress》で、強力なサーチカード《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をアメリカ人に捨てるよう要求する。
 都合2枚のディスアドバンテージを負ったAli Aintraziは《秘教の門/Mystic Gate》、続くターンには《エスパーのオベリスク/Obelisk of Esper》と展開すれば、浅原も《沼/Swamp》《島/Island》、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》から《沼/Swamp》をサーチとお互いマナベースの構築に余念が無い。

 余剰なマナができたところで浅原の手札から《罰する火/Punishing Fire》が現れ、Ali Aintraziのライフは19へ。

 《黄昏のぬかるみ/Twilight Mire》を加え《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を《森/Forest》に変換と、浅原がコントロールする土地はいつしや7枚に。一方のAli Aintraziは5マナでストップしてしまっている。《けちな贈り物/Gifts Ungiven》を落とされたのが地味に効いているようだ。
 浅原はAli Aintraziのライフを20として《罰する火/Punishing Fire》を回収する。

 浅原が攻撃に転じるべく《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を提示すると、Ali Aintraziは全力の《卑下/Condescend》X=4 で、浅原はマナを支払ってアタッカーを着地させ、Ali Aintraziもまた占術で用がないカードをライブラリの底へ送り込む。さらにメインで《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を《撤廃/Repeal》することでようやく《島/Island》を入手することに成功した。Ali Aintraziに残されたマナは2つ。

 振り出しに戻された浅原は《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》でAli Aintraziにふたたび判断を突きつける。

 定位置についたプレインズウォーカーの[+1]能力でお互いに手札を捨てて忠誠度を4とすると、ふたたび《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を戦場へ。Ali Aintraziはふたたび《卑下/Condescend》を X=1でプレイして占術することを選び、浅原もまた土地をフルタップしてこれに応じる。二度の《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》により浅原のライフは24へ上昇した。

 放置しておくと致命傷になりかねない《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》を《忘却の輪/Oblivion Ring》で追放して急場を凌いだAli Aintraziへ、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を向かわせて3ダメージを与えた浅原は、プレインズウォーカーで捨てた《罰する火/Punishing Fire》を相手にライフを与えて回収する。

 回収した《罰する火/Punishing Fire》はメインに唱えられた《知識の渇望/Thirst for Knowledge》によって《偶像の石塚/Graven Cairns》とともにみたび墓地へ向かう。そうして整えた手札から《地盤の際/Tectonic Edge》をセットしてターンを終える。占術でライブラリを確認済みのAli Aintraziは、ライブラリトップから《金属海の沿岸/Seachrome Coast》をタップインするのみだ。

 《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》がアメリカ人へ襲いかかってライフを15に減らすと、浅原は《永遠の証人/Eternal Witness》を自軍へ追加し、回収した《強迫/Duress》によってクリーチャーたちへの脅威となる《審判の日/Day of Judgment》を捨てさせる。

 Ali Aintraziは手札に残された《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》をコントロール下に展開してターンを終える。Ali Aintraziのライフを16に増やす代わりに《罰する火/Punishing Fire》を手にする浅原。

 《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》と《永遠の証人/Eternal Witness》がレッドゾーンへ送り込まれると、Ali Aintraziは先ほど引いた《流刑への道/Path to Exile》で《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を追放し、ダメージを2点に軽減する。

 戦闘終了後に《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をプレイした浅原は、《永遠の証人/Eternal Witness》《粗野な覚醒/Rude Awakening》《全ての太陽の夜明け/All Suns' Dawn》《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》という4枚をアメリカ人に提示する。

 ここから《粗野な覚醒/Rude Awakening》と《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》をAli Aintraziは選択し、《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》をセットして浅原はターンを終える。ゲームを決めるカードを日本人に託したアメリカ王者は、ドローゴーしかすることができない。

 浅原が《粗野な覚醒/Rude Awakening》をプレイするとAli Aintraziはカードを片付けた。

浅原 晃 1-0 Ali Aintrazi


Game 2

浅原 晃

浅原 晃

 先攻のAli Aintraziがまたもテイクマリガンして始まったセカンドゲーム。

 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》《天界の列柱/Celestial Colonnade》、《霧深い雨林/Misty Rainforest》からの《神聖なる泉/Hallowed Fountain》、《ウルザの鉱山/Urza's Mine》というスタートのAli Aintraziと、《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をフェッチからの《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》、《沼/Swamp》《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》というスタートの浅原。

 ターン終了時に《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を《森/Forest》へ変換すると、3ターン目には《島/Island》をセットして《タルモゴイフ/Tarmogoyf》《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を戦場へ繰り出した。

 ターン終了時に《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を求めたアメリカ王者は、メインで《ウルザの塔/Urza's Tower》をプレイしてウルザトロンからのビッグマナに王手をかける。

 マナベースの構築から早期にダメージでの決着を余儀なくされた浅原は、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を土地に変換することなく《タルモゴイフ/Tarmogoyf》(4/5)とともにレッドゾーンへ送り込み、Ali Aintraziのライフを14とすると、《神聖の力線/Leyline of Sanctity》を破壊するために《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》を X=4で設置し、《草むした墓/Overgrown Tomb》をタップインして次に備える。

 Ali Aintraziはメインで《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をプレイし、《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》《殴打頭蓋/Batterskull》《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》を提示する。ビッグマナを許せない浅原は《殴打頭蓋/Batterskull》《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》をAli Aintraziにわたす。

 《平地/Plains》をセットすると《忘却の輪/Oblivion Ring》で浅原が仕込んだ《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》を追放する。

 《神聖の力線/Leyline of Sanctity》への対抗策を失った浅原は先ほどと同様に5点アタックしライフを9へ落として先を急ぐ。しかし、浅原は自身の希望を奪う2枚のカードを対戦相手に送っているのだ。

 Ali Aintraziは《けちな贈り物/Gifts Ungiven》によって入手したけちではない《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》を戦場へ。ダメージでの決着を求めた浅原のプランを瓦解しにかかる。《霧深い雨林/Misty Rainforest》を《繁殖池/Breeding Pool》に変え、《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》追加と土地を伸ばすものの、モンスターを前にクリーチャーでの攻撃は中止せざるをえない。

 浅原の攻勢をようやく抑止することに成功したアメリカ王者は、《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》をセットすると日本人からもらったもう一つの贈り物である《殴打頭蓋/Batterskull》も戦場へ投入する。

 もはやクリーチャーでの殴り合いプランが消失した浅原は、《壌土からの生命/Life from the Loam》で《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》《霧深い雨林/Misty Rainforest》を回収して土地を伸ばすことを選択し、《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をふたたびセットする。

 Ali Aintraziは《けちな贈り物/Gifts Ungiven》で渡されなかった《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》を《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》で回収して設置すると、最後の一枚《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》を墓地から戦場へプレイしてウルザの力を手にする。
 攻撃はせずにターン終了。

 もはや猶予がない浅原は《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をフェッチして《血の墓所/Blood Crypt》へ変換し、細菌トークンへ《罰する火/Punishing Fire》をキャストして脅威を一つ排除するが、目の前に鎮座するワームに対する解答はいまだ見いだせていない。

 《ウルザの塔/Urza's Tower》2枚に《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》《ウルザの鉱山/Urza's Mine》《平地/Plains》《天界の列柱/Celestial Colonnade》《神聖なる泉/Hallowed Fountain》《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》という土地をコントロールしているAli Aintraziは、メインで《知識の渇望/Thirst for Knowledge》をプレイすると土地を墓地へ送り込み、《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》で墓地から《霧深い雨林/Misty Rainforest》をセットする。

 余ったマナで《殴打頭蓋/Batterskull》を《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》へ装備させて攻撃へと転じる。

 この化け物の攻撃を《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》、次いで《タルモゴイフ/Tarmogoyf》の犠牲により凌いだものの、減らしてきたライフは絆魂により初期状態へと戻ってしまう。

 もはやブロッカーもいない浅原は、そのために伸ばしてきた土地10枚をフルタップして《粗野な覚醒/Rude Awakening》を双呪プレイして一発逆転にかけるが、当然のようにAli Aintraziの手札にはこのゲームで見せていなかった《卑下/Condescend》が鎮座していたのだった。

浅原 晃 1-1 Ali Aintrazi


Game 3

Ali Aintrazi

Ali Aintrazi

 先攻の浅原が《森/Forest》《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》、Ali Aintraziは《金属海の沿岸/Seachrome Coast》《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》《アゾリウスの印鑑/Azorius Signet》という順調な立ち上がり。

 ターン終了時に《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を《沼/Swamp》に変換した浅原は、《強迫/Duress》によって公開された《知識の渇望/Thirst for Knowledge》《流刑への道/Path to Exile》《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》《悪斬の天使/Baneslayer Angel》《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》《アゾリウスの印鑑/Azorius Signet》というAli Aintraziの手札から《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を選んで、カードへのアクセスを抑止する。

 さらに《地盤の際/Tectonic Edge》をセットして《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を戦場へ。Ali Aintraziは引いてきた《天界の列柱/Celestial Colonnade》と《アゾリウスの印鑑/Azorius Signet》をプレイし、5マナへ到達する。

 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で3点のダメージを与えた浅原は《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》をセットするが、Ali Aintraziはまず《悪斬の天使/Baneslayer Angel》を降臨させる。

 浅原の目の前に現れた天使は浅原にとっては悪魔に見えることだろう。天使を前に攻撃ができない浅原は《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》を追加するのみ。

 《悪斬の天使/Baneslayer Angel》が駆け抜けて浅原のライフは15、Ali Aintraziは22となる。さらに引いてきた《神聖なる泉/Hallowed Fountain》をアンタップでプレイしたAli Aintraziは、浅原の望みを断つ2体目の化け物《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》を戦線へ追加し絆魂祭りを展開する。

 浅原がプレイした《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》は、目の前の化け物たちを前には児戯にも等しい。メインに《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を《流刑への道/Path to Exile》してブロッカーを排除したAli Aintraziは、モンスターたちを進軍させる。

 《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を《沼/Swamp》にした浅原は《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》に《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を捧げるものの、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》のダメージを受けてライフは10となる。かたやAli Aintraziのライフは30点を超えた。

 引いてきた《知識の渇望/Thirst for Knowledge》に活路を見いだす浅原は、4枚目の《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》をプレイすると、《原基の印章/Seal of Primordium》を設置して《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》に備える。

 そのターン終了時に《けちな贈り物/Gifts Ungiven》によって、《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》《殴打頭蓋/Batterskull》《トレイリア西部/Tolaria West》を提示したAli Aintraziは、土地 2 枚を獲得する。

 さっそく《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》を設置すると、《天界の列柱/Celestial Colonnade》を起動して《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》《悪斬の天使/Baneslayer Angel》とともにレッドゾーンへ。《原基の印章/Seal of Primordium》が《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》を、《地盤の際/Tectonic Edge》が《天界の列柱/Celestial Colonnade》をそれぞれ対処するが、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》が浅原のライフを5とする。

 浅原は《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をプレイしてライブラリに助けを求めるが、中身をすべて確認すると、アメリカ王者へ右手を差し出した。

浅原 晃 1-2 Ali Aintrazi

前の記事: 国別対抗戦 Round 4: オランダ代表 vs. 日本代表 | 次の記事: (翻訳記事) ホール・ニュー・モダン・ワールド
世界選手権11 一覧に戻る