マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 15: 渡辺 雄也(神奈川) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

Round 15: 渡辺 雄也(神奈川) vs. Josh Utter-Leyton(アメリカ)

By Takeshi Miyasaka


渡辺 「すごいすよ、ファイブズーですよファイブズー。どうなってるのよ、このフィーチャー!」

 渡辺のテンションが上がりに上がって、対戦相手のJosh Utter-Leytonを含めて茶化したくなるのも無理はないだろう。

 渡辺とJoshのほか、フィーチャーマッチに呼ばれたのは、Brian Kibler vs Owen Turtenwald、Paulo Vitor da Rosa vs Luis Scott-Vargasという組み合わせ。
 チャネル・ファイヤーボール・オールスターズとでも言うべき彼ら三組のフィーチャーマッチは、渡辺以外の面々であるチャネル・ファイヤーボール勢が選択したデッキがズーであると言うことなのだ。

 今回の世界選手権を迎えるに当たり、中村 修平を交えたチャネル・ファイヤーボール勢は、調整のすえにもっとも勝率の高いデッキをチームメンバーで選択しチームとしての勝率を上げることを選んできたという。それが初日は中村を含む「白単《鍛えられた鋼/Tempered Steel(SOM)》」であり、最終日の本日はズーである。

 一方の渡辺は先に紹介した浅原と同じくヤソコンを使用している。前日夜にチャネルズーで特攻するのをあきらめた中村とともに、遅くまで八十岡ブランドを「難しい」と言いながらも練習を繰り返し、八十岡に助言を受けながらシェアされた一品だ。

 プレイヤー・オブ・ザイヤーを取るためには、同じフィーチャーエリアにいるオーウェン越えを果たす必要があり、本日4勝する必要があるということ。渡辺にとって負けられない戦いがいま始まる。


Game 1

Round 15

 《繁殖池/Breeding Pool》タップインの渡辺に対し、Joshは《霧深い雨林/Misty Rainforest》で《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》をアンタップインして《野生のナカティル/Wild Nacatl》というズーお決まりのスタート。

 《闇滑りの岸/Darkslick Shores》をセットして《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》をブロッカーとして召喚すると、《野生のナカティル/Wild Nacatl》からの2ダメージを軽減しつつ《森/Forest》へ変換する渡辺。Joshは追加の土地をプレイできないが代わりに《密林の猿人/Kird Ape》でダメージソースを追加する。

 《沼/Swamp》をセットし、頑強を持ちパワー3というズー相手には最高のクリーチャー《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を戦場へ投入し、ライフを22へ引き上げる渡辺。《密林の猿人/Kird Ape》と相討ちとなるが、《野生のナカティル/Wild Nacatl》によるダメージは頑強によるリターンで相殺する。Joshは《野生のナカティル/Wild Nacatl》をさらに追加してターンを終える。

 渡辺は《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》ゴー。《稲妻/Lightning Bolt》でブロッカーを排除すると、Joshは《野生のナカティル/Wild Nacatl》2体で渡辺を襲いライフを18とする。渡辺はメインで片方を《罰する火/Punishing Fire》で焼いてターンを終えた。

 Joshは待望の《乾燥台地/Arid Mesa》を入手し《神聖なる泉/Hallowed Fountain》をペイライフで使用、ライフを14にしつつ《野生のナカティル/Wild Nacatl》(3/3)でアタックして渡辺のライフを15にすると、さらに《タルモゴイフ/Tarmogoyf》(3/4)を加えてプレッシャーをかける。

 しかし、ここに突き刺さる《滅び/Damnation》。リセットされた戦場に3体目となる《野生のナカティル/Wild Nacatl》を展開すると、ターン終了時に《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》でJoshのライフを15にして《罰する火/Punishing Fire》を回収した渡辺は、メインで《燻し/Smother》を《野生のナカティル/Wild Nacatl》へ。

 Joshの追加戦力《タルモゴイフ/Tarmogoyf》も《破滅の刃/Doom Blade》の餌食となる。さらに《全ての太陽の夜明け/All Suns' Dawn》により《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》《破滅の刃/Doom Blade》を回収と、アドバンテージの獲得に余念が無い。

 ついに弾切れを起こしたJoshはドローゴー。渡辺は回収した《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》と《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》をそれぞれ再召喚しライフを17に引き上げる。《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》は《流刑への道/Path to Exile》されて《沼/Swamp》へ姿を変える。

 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》からの《血の墓所/Blood Crypt》ペイライフで14として《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を新たな戦力として戦場へ投入するJosh。

 だが、ターン終了時に《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を《島/Island》に変えて土地を8枚にした渡辺は、メインに土地をフルタップして《粗野な覚醒/Rude Awakening》を双呪したのだった。

渡辺 雄也 1-0 Josh Utter-Leyton


Game 2

渡辺 雄也

 《湿地の干潟/Marsh Flats》フェッチから《神聖なる泉/Hallowed Fountain》ペイライフで《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》というスタートを見せたJoshは、続くターンに《霧深い雨林/Misty Rainforest》フェッチで《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》ペイライフと景気よくライフを14まで減らしながら上陸を二度誘発させ、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》を 4/5 として攻撃へ繰り出した。さらに《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を追加して最高のスタートを見せた。

 一方の渡辺は《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をフェッチして《湿った墓/Watery Grave》《森林の墓地/Woodland Cemetery》からの《燻し/Smother》で《タルモゴイフ/Tarmogoyf》除去といった第2ターン。

 Joshは《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を、渡辺は《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》をそれぞれ追加してターンを終えたのち、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》(3/4)が渡辺へ攻撃して渡辺のライフは早くも13となる。

 《知識の渇望/Thirst for Knowledge》により手札を充実させた渡辺は、土地を2枚捨てて《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を育てることなく《霧深い雨林/Misty Rainforest》をセットしてブロッカーとして《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を戦場へ。《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャッチして3点のライフロスを軽減させてから《沼/Swamp》へと変換した。

 ターン終了時に《霧深い雨林/Misty Rainforest》を《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》に変換して、ライフは12、土地は5 枚となる。さらにメインで《偶像の石塚/Graven Cairns》をセットして6マナにすると、《永遠の証人/Eternal Witness》をキャストし《燻し/Smother》を回収してクリーチャーによる攻撃をシャットアウトするかまえだ。

 《平地/Plains》をセットして久しぶりに上陸を達成したJoshは、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》と《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をレッドゾーンへ。《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を《燻し/Smother》た渡辺のライフは10。除去されても代わりはいるさと《タルモゴイフ/Tarmogoyf》3号機を展開してターンを終える。

 7枚目の土地として《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》をセットして中空を見上げながら考えをまとめる渡辺は、やがて《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をキャスト。
 《強情なベイロス/Obstinate Baloth》《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》《消耗の蒸気/Consuming Vapors》《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》という4枚を提示する。

 Joshはライフゲインする2枚を渡辺に贈ることにした。贈られた《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を召喚するが、これは《流刑への道/Path to Exile》によって《森/Forest》へ変換される。

 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》からの《血の墓所/Blood Crypt》ペイライフでライフを11としたJoshは《永遠の証人/Eternal Witness》をも《流刑への道/Path to Exile》し、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》(4/5)《タルモゴイフ/Tarmogoyf》(4/5)両方のクリーチャーを送り込む。

渡辺 「テイク8?」

 フェッチしたJoshのライブラリをシャッフルしながら渡辺が確認すると、《部族の炎/Tribal Flames》をハンドからJoshが公開した。

渡辺 雄也 1-1 Josh Utter-Leyton


 熱戦を繰り広げる渡辺とJoshの試合は、すでに多くのギャラリーが固唾を呑んで行方を見守っていた。金を払っても見たい試合というのがプロスポーツの興行であり、ファンたちの楽しみではあるが、アリーナで繰り広げられる熱戦を生で見られるのは、会場に遊びに来た人たちの特権である。

Round 15

 自身の試合が終わってしまえば、彼らもまたマジックファンの一人。世界のトッププレイヤーとして戦う彼らの試合を生で観戦できるのなら、そばで見ていたいと思うのは人情というものだろう。


Game 3

 後攻のJoshはテイクマリガンながら、ライフ18で《繁殖池/Breeding Pool》をアンタップインすると《野生のナカティル/Wild Nacatl》スタート。渡辺は《湿った墓/Watery Grave》《偶像の石塚/Graven Cairns》からメインで《罰する火/Punishing Fire》をキャストしてこの《野生のナカティル/Wild Nacatl》へ対処する。

 弾が切れたら補充すればいいさ。《沸騰する小湖/Scalding Tarn》から《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》を用意すると《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を戦線へ投入するJosh。すでにライフは15だ。

 《霧深い雨林/Misty Rainforest》をセットしたのち渡辺は顎に手を当て考えをまとめると、《森/Forest》をフェッチで入手すると自身も《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を用意する。

 《乾燥台地/Arid Mesa》をセットしたJoshはかまわずに《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で攻撃。渡辺はしばし考えてからこれをブロック。ライフを失うよりは、Joshの手札にある火力を《タルモゴイフ/Tarmogoyf》へ引きつけることを選んだのだろう。
 予定調和に《稲妻/Lightning Bolt》が向けられて、渡辺の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》は墓地へ。

 《血の墓所/Blood Crypt》をタップインしてターンを終える渡辺のターン終了時に《乾燥台地/Arid Mesa》で《血の墓所/Blood Crypt》をサーチするJosh。すでにライフは14だ。ようやく《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が3点のダメージを与えて渡辺のライフは16へ。

 《知識の渇望/Thirst for Knowledge》でカードを求めようとする渡辺だが、そこに《呪文貫き/Spell Pierce》が突き刺さる!
 しかたなく渡辺は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》2号機をブロッカーとして戦場へ投入する。

 《湿地の干潟/Marsh Flats》フェッチ(ライフ 13)から《平地/Plains》を入手したJoshは《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》で《野生のナカティル/Wild Nacatl》2体をサーチして渡辺へプレッシャーをかける。土地をプレイできない渡辺は《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》をブロッカー要因として戦場へ追加した。

 しばらく考えたのちJoshは《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を攻撃へ繰り出す。《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で倒し、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャッチした《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》は《島/Island》へ変換される。

 戦闘終了後に《乾燥台地/Arid Mesa》をプレイして《稲妻のらせん/Lightning Helix》を《タルモゴイフ/Tarmogoyf》へ(ライフ 16)打ち込んで処理すると、さらに《野生のナカティル/Wild Nacatl》をプレイしてターンを終える。

 渡辺は《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をセットしてターンを終えると、アップキープに《喉首狙い/Go for the Throat》で《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を倒す。Joshの《野生のナカティル/Wild Nacatl》が渡辺のライフを13とすると、《野生のナカティル/Wild Nacatl》《密林の猿人/Kird Ape》を戦線へ追加して渡辺へプレッシャーをかける。

 渡辺はターン終了時に《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》で《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》をサーチして(ライフ 12)6マナとすると、《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives(5DN)》を X=1で設置し、Joshの戦線を破壊する!

 クリーチャーをすべて失ったJoshは、手札をすべて使って《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》(5/5)と《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》を渡辺にもう一度対処を迫る。

 《偶像の石塚/Graven Cairns》をプレイして7マナへ到達した渡辺は、《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をプレイ。《破滅の刃/Doom Blade》《燻し/Smother》《永遠の証人/Eternal Witness》《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》という4枚をJoshへ提示する。Joshは除去2枚を渡辺に与え、渡辺は《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を《燻し/Smother》てターンを終える。

 《蒸気孔/Steam Vents》をタップインして上陸を達成すると《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》で攻撃し、渡辺に2ダメージを与えライフを10まで落とし込む。渡辺は《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》をプレイし[-2]能力でこれを対処するのだが、手札のなかったJoshが引き当てたのは《タルモゴイフ/Tarmogoyf》。もちろんこれは先ほど入手した《破滅の刃/Doom Blade》の餌食となる。

Josh Utter-Leyton

 しかし、Joshの豪腕は止まらない。次のドローが《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》! 《野生のナカティル/Wild Nacatl》《密林の猿人/Kird Ape》を手札に加えると、残していた《乾燥台地/Arid Mesa》から1点支払いライフを13としながら《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》を入手、一気に3体のクリーチャーを展開してみせた!

 《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を《罰する火/Punishing Fire》で焼いた渡辺は《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》を使い切って[-2]能力を使用し、《密林の猿人/Kird Ape》が墓地へ置かれる。ブロッカーとしてキャストされた《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》は、《野生のナカティル/Wild Nacatl》をキャッチして《沼/Swamp》をサーチして仕事を終える。渡辺のハンドも同じくゼロとなった。

 渡辺が《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をトップデッキすれば、Joshも同じく《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を戦場へ。「やったー。」と思わず漏らしながら、渡辺は待望の《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》を引き当て、自身のライフを狙う動物たちをコントロールする手段を手に入れた。

 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》を召喚したJoshのターンエンドに、Joshのライフを14として《罰する火/Punishing Fire》2枚を回収し《野生のナカティル/Wild Nacatl》を排除した渡辺は《闇滑りの岸/Darkslick Shores》をタップインする。

 Joshがカードを引いたところで試合終了のコールがアリーナにも届く。勝負の行方はあと6ターンの期限を切られてしまう。


ターン 0(Josh):
 Joshのライフを15にして《罰する火/Punishing Fire》で《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》を排除する。《罰する火/Punishing Fire》 1 枚は手札へ加える渡辺。

ターン 1(渡辺):
 《草むした墓/Overgrown Tomb》をタップイン。

ターン 2(Josh):
 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》プレイ。《罰する火/Punishing Fire》がJoshに撃たれ、のちに2枚を回収する。(ライフ15)

ターン 3(渡辺):
 《強情なベイロス/Obstinate Baloth》(ライフ14)

ターン 4(Josh):
 《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》キャストにスタックして《罰する火/Punishing Fire》×2がJoshへ。(ライフ15)

 そして最後のドロー。それが《粗野な覚醒/Rude Awakening》であれば・・・


ターン 5(渡辺):
 《霧深い雨林/Misty Rainforest》

 そこまでドラマティックな展開にはならずに、痛み分けとなった。

渡辺 雄也 1-1-1 Josh Utter-Leyton


 試合終了後に八十岡 翔太と秋山 貴志が渡辺の元へ集い、渡辺が選択したゲームの内容についてそれぞれの意見を提示していた。追加ターンに入る頃に「ミスったなー」と何度も首をひねりながら彼の選択してきた行動を振り返っていた渡辺。

 《けちな贈り物/Gifts Ungiven》の選択やその他の要所要所に関して、デッキ制作者の八十岡に助言を求めていた。それに対して忌憚ない意見を述べる八十岡と秋山。

 ミスしたことはしかたがない。しかし、同じミスを繰り返すことはない。人は経験の分だけ強くなり、高みを目指すことができるのだ。この男、これからも強くなることだろう。どこまで強くなるのだろう。

 もっと強くなった渡辺 雄也という男の姿を、これからも見ていきたい。できうるならば、こうして観戦記録として残していきたい。そういう機会をこれからもこの男は与えてくれることだろう。

前の記事: Round 15: 彌永 淳也(東京) vs 吉岡 祐樹(埼玉) | 次の記事: Round 16: 中島 主税(東京) vs. Ben Stark(アメリカ)
世界選手権11 一覧に戻る