マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 18: Luis Scott-Vargas(アメリカ) vs. 彌永 淳也(東京)

Round 18: Luis Scott-Vargas(アメリカ) vs. 彌永 淳也(東京)

By Takeshi Miyasaka


 三日間にわたるスイスラウンドもいよいよ最後の18回戦が始まろうとしている。

 すでに多くの選手たちがサバイバルから脱落していったなか、日本勢で唯一日曜日へ進出するラインに踏みとどまった彌永 淳也が最終ラウンドにアリーナへ呼び出された。

 栄光のプレイオフ進出をかけて、アメリカの至宝チャネル・ファイヤーボールの総帥Luis Scott-Vargasと対戦することになった彌永。
 
 すでにプレイオフ進出を決めているLSVに勝つ以外に選択肢がない。

 LSVは下から上がれるかもしれない友人のために、そして上位者が先手を獲得できるプレイオフのアドバンテージのためにも、彌永に勝ちを譲ることはできないと断ったからだ。彼が使用するスタンダードのデッキは《鍛えられた鋼/Tempered Steel》であり、先手が重要なアーキタイプだ。

 勝てば最終日へ、負ければここで終わり。分かりやすいラストゲームを前にして、多くの観客がこのゲームを見守っている。途中で敗れていった彌永の仲間たちが彼の勝利を願って最後のゲームが始まるのを待っていた。

Round 18


Game 1

 ペイライフして《蒸気孔/Steam Vents》から《密林の猿人/Kird Ape》スタートのLuis Scott-Vargas。
 ついで《沸騰する小湖/Scalding Tarn》から《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》ペイライフで《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と景気よく展開したLSVのライフはすでに15だ。

 ターン終了時に《湿地の干潟/Marsh Flats》で《湿った墓/Watery Grave》をサーチしてライフを17とした彌永は《孤立した礼拝堂/Isolated Chapel》をセットすると、《真髄の針/Pithing Needle》で《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を禁止する。

 《霧深い雨林/Misty Rainforest》をセットして、《密林の猿人/Kird Ape》と《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を攻撃に向かわせたLSVは、ダメージ解決前に《稲妻/Lightning Bolt》を彌永へキャストし、クリーチャーと合わせて7ダメージが入り彌永のライフは10と半減する。

 《島/Island》セットでターンを返す彌永に、《霧深い雨林/Misty Rainforest》で《寺院の庭/Temple Garden》をサーチしたLSVは、ふたたび2体で攻撃して彌永のライフを6にする。

 ターン終了時に《エスパーの魔除け/Esper Charm》で2枚のカードを入手した彌永は、《沼/Swamp》セットで4マナを揃えて《滅び/Damnation》でクリーチャーを一掃するが、そこに突き刺さる《稲妻のらせん/Lightning Helix》。
 これで彌永のライフは3、LSVは18点まで回復。
 そこまで追い込むと、さらに《野生のナカティル/Wild Nacatl》をキャストし、彌永へ早急な対処を要求する。

 《湿地の干潟/Marsh Flats》をセットした彌永はすぐに起動してライフを2としながら《平地/Plains》を入手すると、5マナフルタップで《弱者の消耗/Consume the Meek》で対応する。

 もう一度《野生のナカティル/Wild Nacatl》を展開するLSVだが、《神秘の指導/Mystical Teachings》で《疲弊の休息/Rest for the Weary》を入手し、ライフを8点獲得し10まで引き上げる。

 《野生のナカティル/Wild Nacatl》が殴って彌永のライフを7に減らすが、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》が《疲弊の休息/Rest for the Weary》にフラッシュバックを与え、彌永のライフは安全圏の15へ上昇する。

 一息ついた彌永は《思考囲い/Thoughtseize》でLSVの手札を確認すると、3枚の《流刑への道/Path to Exile》が示される。一枚を2ライフと交換しライフは13へ。さらにLSVのアップキープに《野生のナカティル/Wild Nacatl》を《流刑への道/Path to Exile》して攻撃を抑制し《森/Forest》がLSVのボードへ追加される。

 一方、引いてきた《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が戦場へ投入されるが、メインに《エスパーの魔除け/Esper Charm》で2枚のカードを補充した彌永は、《破滅の刃/Doom Blade》でこれを排除し、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》で攻撃開始。
 17、15、13、と削りながら《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》をプレイすると、LSVはカードを片付けた。

Luis Scott-Vargas 0-1 彌永 淳也


Game 2

彌永 淳也

 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》から《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》ペイ2ライフで《野生のナカティル/Wild Nacatl》、続くターンに《沸騰する小湖/Scalding Tarn》から《神聖なる泉/Hallowed Fountain》ペイ2ライフで《野生のナカティル/Wild Nacatl》がアタックすれば、彌永 17、LSV 14 というズーおなじみのスタート。

 彌永は《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》《平地/Plains》とセットして《死の印/Deathmark》を《野生のナカティル/Wild Nacatl》へキャストするが、これは《否認/Negate》で却下される。

 攻撃を受けた彌永のライフは14へ。さらに《乾燥台地/Arid Mesa》からの《血の墓所/Blood Crypt》ペイ2ライフで11となったLSVだが、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》を戦場に加えてライフを2点差し戻す。

 《機を見た援軍/Timely Reinforcements》によって彌永を守る兵士・トークンが3体戦場へ現れるが、気にせずLSVは全軍をレッドゾーンへ。

 《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》が兵士・トークン2体にキャッチされ、《野生のナカティル/Wild Nacatl》がダメージを与えると、彌永のライフは11へ。一方のLSVは頑強した《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》でライフを15へ引き上げる。

 《涙の川/River of Tears》をセットして終了する彌永へ《稲妻/Lightning Bolt》《稲妻のらせん/Lightning Helix》が叩きつけられる。
 ライフ5の彌永へ、ちょうど死んでしまう攻撃力を持つ《野生のナカティル/Wild Nacatl》と頑強した《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》が攻撃するが、それぞれ《燻し/Smother》と兵士・トークンでキャッチして脅威に対応する。

 窮地を凌いだ彌永はドローゴーでターンを返す。

 ターン終了時に《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》をキャストしたLSVは《稲妻のらせん/Lightning Helix》をフラッシュバックし、彌永のライフを2とすると、たらまず彌永は《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》で《燻し/Smother》をフラッシュバックして《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》を排除する。

 そこへ、LSVがキャストするは《部族の炎/Tribal Flames》。

Luis Scott-Vargas 1-1 彌永 淳也


Game 3

 行ったり来たりの好ゲーム、シーソーゲームを見せてくれた18回戦のフィーチャーマッチもいよいよ大詰め。
 ここまで素晴らしいゲームを展開してきた両者だが、最後の最後でダブルマリガンに見舞われてしまうLSV。

 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》でスタートした彌永に対し、《沸騰する小湖/Scalding Tarn》《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》ペイ2ライフで《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》というスタートのLSV。

 彌永は《涙の川/River of Tears》をプレイすると、将来の脅威である《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》を《破滅の刃/Doom Blade》で事前に摘み取っておく。

 ダブルマリガンゆえに少ないリソースでの戦いを余儀なくされているLSVは、ここで追加の脅威を展開できず《繁殖池/Breeding Pool》をタップインしてターン終了となる。その隙に《湿地の干潟/Marsh Flats》をセットすると《平地/Plains》をサーチし、《エスパーの魔除け/Esper Charm》で手札を2枚補充する。

 土地祭りを起こしているLSVが《乾燥台地/Arid Mesa》を2ターン続けてプレイする合間に、彌永はマナベースを整えて《神秘の指導/Mystical Teachings》で《否定の契約/Pact of Negation》を確保する。

 ターン終了時に《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》をキャストしたLSVだが、攻撃へ転じる直前に飛んできた《流刑への道/Path to Exile》によって《平地/Plains》へと変えられてしまう。

 《乾燥台地/Arid Mesa》2枚を《血の墓所/Blood Crypt》《蒸気孔/Steam Vents》へ、合計6ライフ支払って変換すると《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をキャスト。《野生のナカティル/Wild Nacatl》2体を入手したLSVは《霧深い雨林/Misty Rainforest》をセットして《森/Forest》をサーチしこの《野生のナカティル/Wild Nacatl》を戦場へ投入する。
 しかし代償は大きくライフは10となった。

 ターン終了時に《湿地の干潟/Marsh Flats》を《沼/Swamp》に変えたのち、2枚目の《神秘の指導/Mystical Teachings》で《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》を手札にくわえた彌永は、《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》でLSVのハンドを検閲する。

 《野生のナカティル/Wild Nacatl》に2枚の《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》という手札から《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》を1枚奪うと、LSVがライフを支払って展開した脅威をまとめて《滅び/Damnation》の餌食とする。

 あらためてLSVが《野生のナカティル/Wild Nacatl》2体をプレイすれば、《機を見た援軍/Timely Reinforcements》で兵士・トークンを3体投入し、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》で《流刑への道/Path to Exile》を片方の《野生のナカティル/Wild Nacatl》へ打ち込む彌永。

 除去されたクリーチャーはまた展開すればいい。引いてきた《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャストしてふたたび脅威を突きつけるLSV。


 しかし、ダブルマリガンで奮闘してきたLSVの勢いもここまでだった。

 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を《流刑への道/Path to Exile》した彌永は《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》で攻撃してライフを7とする。

 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx(ZEN)》をLSVがプレイする間に、《神秘の指導/Mystical Teachings》をフラッシュバックして《エスパーの魔除け/Esper Charm》を入手し、これでLSVの手札2枚を刈り取ることに。

 しかたなくいぶし出された《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》が戦場へ出るも、《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》は止められず、LSVのライフを4へと減少させる。

 完全に彌永がボードを掌握したことを認めたLuis Scott-Vargasは、右手を差し出すと「Good luck tomorrow!」と彌永の勝利を称えるのだった。

Luis Scott-Vargas 1-2 彌永 淳也


 マジック・オンライン・チャンピオンシップ・シリーズ(MOCS) で世界選手権の出場権を手に入れ、交通費がペイできるからと一ヶ月前に出場することを決めた若者が、栄光の世界選手権最終日へのキップを手にした瞬間、それまで戦っていた両者の間に流れていたピンと張り詰めた空気が緩和したのが分かった。

 それまで硬い表情をしていた若者は、観戦していた八十岡 翔太が祝福の言葉をかけるととたんに破顔し笑顔を浮かべた。

八十岡 「おめでとう。」
彌永 「ビートでもコンボでもなくコントロールで勝ったのは強者の証ですよね。」
八十岡 「ははは。そうだね。」

 世界最高レベルのプロチームを率いる総帥を前に、落ち着いて丁寧にプレイをし、値千金の勝利を手にした彌永は、その試合が終わったとたんにデッキの内容とサイドボードについて八十岡と検討を開始した。

 この貪欲さこそが、彼を世界選手権へと導き、そしていま、世界王者へ続く道へと誘ったのだろうか。

 彌永はこれから MOCSの最終ラウンドを戦い、そして明日は世界選手権の決勝ラウンドに挑む。

 会場にいる359人の参加者の中で、もっとも多く、もっとも過酷な4日間を過ごす一人となった。その過酷な道の終着点に、世界チャンピオンの称号が待っていることを、祈念してやまない。

 18回戦終了後、彌永は最終順位7位で明日のプレイオフへ進出したことが発表された。

 また、日本代表チームがリーダーボード最上位で最終戦を終え、チーム戦決勝戦に進むこともあきらかとなった。

前の記事: Round 17: 彌永 淳也(東京) vs. Ben Stark(アメリカ) | 次の記事: (翻訳記事) モダン・メタゲームブレイクダウン
世界選手権11 一覧に戻る