マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

国別対抗戦 Round 3: ドイツ代表 vs. 日本代表

国別対抗戦 Round 3: ドイツ代表 vs. 日本代表

By Takeshi Miyasaka & Shiro Wakayama


 2011年世界選手権はいよいよ予選最終日。個人戦は11時からモダンで争われるが、その前に国別対抗戦2ラウンド行われる。各国の国旗を背負って戦う選手たちは、朝9時に集合して試合開始の合図を待っている。

Team Round 3

 日本代表が3回戦で対戦するのはドイツ代表。ともに勝ち点72で現在6位、7位。トップを行くオランダ、デンマークは78点を数えており、少なくともチーム戦を戦っている間は確実に勝ち点9を稼いで上位を維持しておきたい。

 開始時間に遅れていた何組かの代表チーム到着を待って、午前9時過ぎに3回戦の開始が告げられた。

レガシー:Martin Zimmermann vs 藤本 知也
モダン:Helge Nelson vs 三原 槙仁
スタンダード:Tobias Dreger vs 石田 龍一郎


モダン:Helge Nelson vs 三原 槙仁 Game 1

三原 槙仁

 先攻の三原が《蒸気孔/Steam Vents》をタップインしてターンを終えると、Helge Nelsonのファーストターンは《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》《メムナイト/Memnite》《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》という親和らしい立ち上がり。

 三原が《山/Mountain》セットでターンを返すと、続くターンには《空僻地/Glimmervoid》《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と展開して《メムナイト/Memnite》《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》をレッドゾーンへ放り込む。

 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》セットと土地をプレイするだけの三原にHelge Nelsonは《真鍮の都/City of Brass》をセットすると《刻まれた勇者/Etched Champion》をキャスト。

 戦闘に入ったところで《やっかい児/Pestermite》をプレイした三原は《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》の攻撃を抑制するが、《メムナイト/Memnite》《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》が三原へダメージを与える。

 しかし、明くるターンに三原は4マナを揃えて《欠片の双子/Splinter Twin》で無限《やっかい児/Pestermite》による4ターンキルを決めた。

Helge Nelson 0-1 三原 槙仁

 危なげなくコンボを決めてゲームを先取した三原は、サイドボード中に藤本と石田にそれぞれアドバイスする。

 サイドボードを終えてゲームを始めようとしたところで、モダン担当の二人はデッキチェックを受け、これ幸いとそれぞれがレガシーの行方を見守るために本腰を入れた。


レガシー:Martin Zimmermann vs 藤本 知也 Game 1

藤本 知也

 三原に初手を見せて確認を取ったあとで力強くキープした藤本は《沸騰する小湖/Scalding Tarn》スタート。一方のMartin Zimmermannは《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》をフェッチして《冠雪の森/Snow-Covered Forest》をサーチすると《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》をキャストする。

 スタックで《島/Island》をサーチした藤本は《渦まく知識/Brainstorm》でなんらかの妨害手段を探しに行くが、かなわずに《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》は着地する。藤本は《古えの墳墓/Ancient Tomb》をセットしてターンを返す。

 《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》が殴って藤本のライフを17にしたあと、《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》をフェッチして《Savannah》をサーチし、《エルフの幻想家/Elvish Visionary》をプレイしてカードを補充してターンを終える。

 ここで藤本は《直観/Intuition》をキャスト。たったいまコンボを決めてゲームに勝利した三原に相談し、《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を3枚提示する。

 ライブラリをシャッフルした後でメインに《霧深い雨林/Misty Rainforest》をセットしてから《実物提示教育/Show and Tell》。ドイツ代表と日本代表はそれぞれ《遺産のドルイド/Heritage Druid》《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を提示する。

三原 「あとは死なないことを祈るだけだよ。」

 黙ってうなずく藤本はターンを終了する。

 もはや猶予がないことが明らかになったドイツのエルフマスターは、コンボをスタートさせる。

 《冠雪の森/Snow-Covered Forest》《Savannah》《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》《エルフの幻想家/Elvish Visionary》《遺産のドルイド/Heritage Druid》をMartin Zimmermannはコントロールしている。

1. エルフ3体をタップして3マナ用意して《垣間見る自然/Glimpse of Nature》。藤本はスタックしてフェッチを起動し《Volcanic Island》をサーチしてから《渦まく知識/Brainstorm》でカードを求めるがカウンターは見つからずこれが解決される。(残り 2 マナ)

2. 《垣間見る自然/Glimpse of Nature》。クリーチャー呪文がキャストされるたびに、エルフマスターは2枚のカードを入手することができるようになった。(1マナ)

3. 土地をすべてタップして3マナ用意して《遺産のドルイド/Heritage Druid》。2枚ドロー。(3 マナ)

4. 《遺産のドルイド/Heritage Druid》。2枚ドロー。(2 マナ)

5. エルフ3体をタップして3マナ用意して《輪作/Crop Rotation》。タップ状態の《冠雪の森/Snow-Covered Forest》を《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》へ変換する。(4 マナ)

6. 《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》。2枚ドロー。(3 マナ)

7. 《フィンドホーンの古老/Fyndhorn Elder》。2枚ドロー。(1 マナ)

8. エルフ3体をタップし 3マナ用意して《エルフの幻想家/Elvish Visionary》。3枚ドロー。(2 マナ)

9. 《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》。2枚ドロー。(1 マナ)

10. エルフ3体をタップして3マナ用意して《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》 X=1で《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を戦場へ。(2 マナ)

Elves

 と、順調にカードを引き増し、マナを増やし続けたコンボマスターは、《召喚の調べ/Chord of Calling》で《鏡の精体/Mirror Entity》を入手し、召喚酔いしていないエルフ2体をアンタップして 18/18 にして攻撃に向かわせる。

 4ターンキルを決めようとした藤本に対して、Zimmermannは貫禄の後手3ターンキルで応えたのであった。

Martin Zimmermann 1-0 藤本 知也

 デッキチェックを受けて暇そうにしている三原に相談しながら、サイドボードを進める藤本。

三原 「相手の方が1ターンコンボが速いからきついねー。」
藤本 「そうっすね。」


レガシー:Martin Zimmermann vs 藤本 知也 Game 2

Martin Zimmermann
Martin Zimmermann

 ふたたび藤本が先攻でスタートするレガシー対決。「キープしていいすか?」と隣でちょうどデッキが返ってきた三原に確認を取り、許可をもらってゲームを始める。

 《島/Island》からの《思案/Ponder》で手札を調整し、続くターンには《霧深い雨林/Misty Rainforest》でライブラリをシャッフルする用意をする立ち上がり。一方のMartin Zimmermannは《冠雪の森/Snow-Covered Forest》《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》というグッドスタート。

 続くターンに《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を攻撃に向かわせたあと、《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》を戦場へ、続けて《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をセットして《冠雪の森/Snow-Covered Forest》をサーチすると《輪作/Crop Rotation》をキャストする。

 スタックして《霧深い雨林/Misty Rainforest》を《Volcanic Island》へ変換してライブラリをシャッフルした藤本は《渦まく知識/Brainstorm》で対応策を探すが、《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle》が戦場へ登場する。《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》、《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》と展開してターンを終了する。

 一方、そのころ・・・

モダン:Helge Nelson vs 三原 槙仁 Game 2

 《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》、ついで《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》《オパールのモックス/Mox Opal》から《思考囲い/Thoughtseize》というHelge Nelsonのスタート。

 公開された三原の手札から地上をがっちり止める《呪文滑り/Spellskite》を落とすと《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》を三原へ攻撃させ、《金属ガエル/Frogmite》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と展開して2ターン目を終了する。

 かたや三原は《霧深い雨林/Misty Rainforest》で《繁殖池/Breeding Pool》をサーチするとペイライフ《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》でドローを進め、《蒸気孔/Steam Vents》をアンタップインしてターンを返す。ライフは14。

 Helge Nelsonは《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》《金属ガエル/Frogmite》と手札を使い切ると、《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》《金属ガエル/Frogmite》、2枚目の《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》をレッドゾーンへ。

 《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》が《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》をカウンターに換える。そこへ《古えの遺恨/Ancient Grudge(ISD)》を突き刺す三原。

 《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》は自身を生け贄に捧げて《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》へカウンターを移すと、三原は4ダメージを受け10となる。手痛いダメージを受けた三原は《蒸気孔/Steam Vents》をタップインしてターンを返す。

 Helge Nelsonは《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》で《オパールのモックス/Mox Opal》を餌にしたのち、新たな《オパールのモックス/Mox Opal》をキャスト。その後《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》《金属ガエル/Frogmite》《金属ガエル/Frogmite》《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》の4体を攻撃に繰り出す。いずれもパワー2のクリーチャーだ。

 《古えの遺恨/Ancient Grudge》をフラッシュバックして《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を狙う三原だが、スタックで《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》《オパールのモックス/Mox Opal》を餌にしてカウンターを 4 つにした《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》は、自身のカウンターを《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》へ移動する。6/6 となった《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》と《金属ガエル/Frogmite》2体のダメージを受け、三原のライフはちょうど0となった。

Helge Nelson 1-1 三原 槙仁


レガシー:Martin Zimmermann vs 藤本 知也 Game 2 - 2nd part

 一気に窮地に陥った藤本は、メインに《渦まく知識/Brainstorm》を起動。難しいシチュエーションだったようで、ちょうど2ゲーム目を敗北した三原に今後の展開を相談する。三原がアイデアを提案すると、思わず「すげー!」と口に出してしまう藤本。憎めないキャラである。

三原 「すげーじゃねーよ!」

 《裏切り者の都/City of Traitors》をセットすると《実物提示教育/Show and Tell》。ドイツ代表には《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》が、日本代表には《騙し討ち/Sneak Attack》がそれぞれ戦場に登場する。ついで《水蓮の花びら/Lotus Petal》をプレイして赤マナを用意すると、《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を騙し撃つ藤本。

 「おいおいおい。」と思わず悲鳴を挙げるMartin Zimmermann。たしかにツッコミも入れたくなる展開である。すぐに攻撃しようとする藤本に待ったをかけて考えを巡らせる。なんとかパーマネントを増やして次につなげなければ。

 《召喚の調べ/Chord of Calling》をX=2でキャストして《エルフの幻想家/Elvish Visionary》を戦場へ送り込み、手札と生け贄に捧げるためのパーマネントとする。

 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》が攻撃し、《冠雪の森/Snow-Covered Forest》を残してすべてのパーマネントが生け贄に捧げられる。藤本も役目を終えた《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》をライブラリへ戻す。

 エルフマスターは《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》から《Savannah》をサーチすると、《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》《遺産のドルイド/Heritage Druid》をプレイしてターンを返す。

 藤本がドローゴーしている間に《エルフの幻想家/Elvish Visionary》、《背教の主導者、エズーリ/Ezuri, Renegade Leader》と展開してコツコツ殴っていくが。

 《思案/Ponder》を引き当てた藤本は、《直観/Intuition》から《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を入手。《Volcanic Island》をセットから、再び《騙し討ち/Sneak Attack(USG)》を起動してゲームを決めた。

Martin Zimmermann 1-1 藤本 知也


モダン:Helge Nelson vs 三原 槙仁 Game 3

Helge Nelson
Helge Nelson

 先攻の三原が《蒸気孔/Steam Vents》をタップインすると、後攻のHelge Nelsonは《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》《オパールのモックス/Mox Opal》《金属ガエル/Frogmite》《金属ガエル/Frogmite》という展開力。

 いきなりクライマックスを迎えてしまった三原だが、《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》をセットすると《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》をX=0で設置すると《オパールのモックス/Mox Opal》を破壊する。

 しかし親和使いは《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》とおかわりの《オパールのモックス/Mox Opal》をプレイすると《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を召喚し、《金属ガエル/Frogmite》2体で攻撃する。ライフが16となった三原は、《島/Island》をセットして《炎渦竜巻/Firespout》をプレイ。《金属ガエル/Frogmite》2体が+1/+1 カウンターとなって《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》へ移る。

 《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》をもう1枚セットしたHelge Nelsonは、《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》をレッドゾーンへ。4点受けた三原のライフは12となる。《手練/Sleight of Hand(9ED)》でドロー操作した三原は《硫黄の滝/Sulfur Falls》をセットしてターンを終えた。

 押せ押せのドイツ代表は《山/Mountain》をセットすると《メムナイト/Memnite》《頭蓋囲い/Cranial Plating》を戦場へ。《頭蓋囲い/Cranial Plating》を《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》へ装備させてレッドゾーンへ。9点のダメージを受けた三原のライフはわずか3となった。しかし、土地しかプレイできない三原は《島/Island》をセットして終了する。

 アンタップしたところでチームメイト全員でプランを検討するドイツ代表。ほぼ勝っている状況だが、万が一に備えてのことか。

 最終的に《メムナイト/Memnite》へ《頭蓋囲い/Cranial Plating》を装備し直し、《メムナイト/Memnite》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》で攻撃すると、日本代表の司令塔は敗北を認めた。

Helge Nelson 2-1 三原 槙仁


 ここで石田の様子もお伝えしよう。

 二日目のドラフトで1勝5敗と、つまづいてしまった石田。
 国別対抗戦はチームの二人が勝てば勝ち点が9点入る、いわばボーナスラウンドのようなもの。
 ここで挽回して、チームに貢献したいところだ。

 対戦相手のTobias Dregerはオーソドックスな青黒コントロール。石田は、ナヤカラーのケッシグウルフランプ。


スタンダード:Tobias Dreger vs 石田 龍一郎 Game 1

石田 龍一郎

 石田はキープ。Dregerはマリガンを宣言。

 ファーストアクションは石田の《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》。Dregerは渋い顔をしながら土地を置くのみに留まる。
 石田が3ターン目にプレイしたX=2の《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》は《雲散霧消/Dissipate》で弾く。

 迎えた第5ターン、Dregerが《殴打頭蓋/Batterskull》をプレイしたのに対し、石田は《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》をプレイしてビースト・トークンを生成。静かに、小競り合いが続く。

 《殴打頭蓋/Batterskull》のアタックに対して、石田は悩む素振りを見せることもなく、《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》とビースト・トークンでブロック。これは《はらわた撃ち/Gut Shot》で迎撃されるものの、土地を伸ばすことに成功。

 ターンを終えるのみのDregerに対して、さらに《原始のタイタン/Primeval Titan》でプレッシャーをかける。これに対しては、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》からの《雲散霧消/Dissipate》で難を逃れるが、余ったマナで《極楽鳥/Birds of Paradise》。

 Dregerはこれを《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》+《はらわた撃ち/Gut Shot》でどかして、アタック。ガラクのカウンターは1に減少してしまうものの、ビースト・トークンが《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》を屠り、ガラクが生き残り、じわじわと盤面の優位が継続する。

 そして石田は渾身の《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》トップデッキ! これが通って、《原始のタイタン/Primeval Titan》から《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》と《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》をサーチ。

 仮にクリーチャーを一掃しても、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》+《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》で不利に追いやられてしまうDreger。
 次のドローを確認して、投了。

石田 龍一郎 1-0 Tobias Dreger


スタンダード:Tobias Dreger vs 石田 龍一郎 Game 2

Tobias Dreger
Tobias Dreger

 ファーストアクションは石田のX=1《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》。これは《マナ漏出/Mana Leak》で弾きつつ、石田の《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》を通して《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》で今後のプランを検討するDreger。

 これに対して、石田は愚直に攻める。《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》をプレイするが、これは《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》+《マナ漏出/Mana Leak》でカウンター。土地を置いて出方を窺うDregerに対して、さらにまっすぐに《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》をプレイ。これは《雲散霧消/Dissipate》される。

 Dregerの場に6枚土地が並ぶが相手は何も動かない。何もないのか、カウンターを抱えているのか、除去を抱えているのか。

 《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》2体をレッドゾーンに送り込むが、相手からは除去が飛んでこない。

 さらに次なるターン、少し強引に見えるが、1体の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》のみを起動して攻撃、《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》で全力パンプをすると、これがスルー。一気に4つの毒カウンターが乗って、相手の毒カウンターの数は6に。

 Dregerは必死に《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy》フラッシュバックで解決策を探す。

 2度目の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》アタックは《破滅の刃/Doom Blade》で凌がれるものの、さらに《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》をトップデッキ。
 相手に毎ターン除去トップデッキを強要し続け、石田が幸先よく、一勝を挙げた!

石田 龍一郎 2-0 Tobias Dreger 


レガシー:Martin Zimmermann vs 藤本 知也 Game 3

 石田 龍一郎が勝利を収め、三原 槙仁が敗北した日本代表の勝敗は、レガシーに、藤本にゆだねられた。初手を三原と大丈夫だよねと確認をとる。

 先攻のMartin Zimmermannは《冠雪の森/Snow-Covered Forest》《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》というロケットスタートするが。

藤本 「いい?」
三原 「カウンター。」

 《Force of Will》でカウンターした藤本は《島/Island》をセットしてターンを返す。

三原 「いちばんダメだよ。」

 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》から《Savannah》をサーチすると《エルフの幻想家/Elvish Visionary》をキャストするMartin Zimmermannに対して、スタックして《渦まく知識/Brainstorm》を。

三原・藤本 「お?」

 思わず声が出る。

三原 「やることが決まったから。」

 戻すカードは簡単なようで、藤本はさっくりカードを戻す。一方、《エルフの幻想家/Elvish Visionary》が着地しMartin Zimmermannにカードをもたらす。

 ターンが回ってきた藤本は、《裏切り者の都/City of Traitors》から《実物提示教育/Show and Tell》。

 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》と《鏡の精体/Mirror Entity》がそれぞれ戦場へ登場する。
 祈るように、うなずいて、手のひらでターンを渡す意思表示。

 後がなくなったエルフマスターは必死にプランを検討する。
 まずは《遺産のドルイド/Heritage Druid》をキャストして藤本に許可を求める。三原と相談し、やるなら最初のうち、と《目くらまし/Daze》でマナをしばる。

 これでタップアウトしたエルフマスターは《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をセットしてマナを用意すると《冠雪の森/Snow-Covered Forest》をサーチし《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》を戦場へ。

 すべてのエルフをタップしたエルフマスターは《召喚の調べ/Chord of Calling》を X=1でキャストし《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を戦場へ呼び出す。

藤本 「これ、ヤバくないすか。」
三原 「もう相手は殴れないし、せいぜい1マナクリーチャーをキャストできる程度だから。」
藤本 「なるほど。」

 《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》で《エルフの幻想家/Elvish Visionary》を戻してエルフをアンタップすると、《Fyndhorn Elves》へ入れ替わる。

 藤本にターンが戻り、《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》がレッドゾーンへ。エルドラージの爪痕は激しく《Fyndhorn Elves》と《Savannah》を残して壊滅的なダメージを与える。

 エルフマスターは最後に《エルフの幻想家/Elvish Visionary》をプレイするものの、あきらめたように右手を差し出した。

Martin Zimmermann 1-2 藤本 知也


 「よっしゃー!」

 と思わず叫ぶ藤本に、駆け寄るチームメイトたち。三原は軽く藤本の背中に触れ、石田はハイタッチを交わす。

 三原に練習するよう要求されていた藤本が、値千金の勝利を日本チームにもたらした。

 日本代表勝利!

前の記事: MO世界選手権ダイジェスト: 電脳世界かく戦えり | 次の記事: 国別対抗戦 Round 4: オランダ代表 vs. 日本代表
世界選手権11 一覧に戻る