マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

(翻訳記事) モダン・メタゲームブレイクダウン

(翻訳記事) モダン・メタゲームブレイクダウン

authorpic_rashadmiller.jpg
Rashad Miller / Translated by Masashiro Kuroda

原文はこちら

 世界選手権、三日目のモダンフォーマット。どのようなアーキタイプが人気だったのか、ここで見ていくことにしよう。

デッキタイプ人数
Zoo9228.31%
《欠片の双子》4915.08%
親和298.92%
《神秘の指導》164.92%
《けちな贈り物》134.00%
青赤ストーム123.69%
バーン113.38%
《死の雲》113.38%
ジャンド113.38%
メリーラコンボ82.46%
Next Level Blue82.46%
ヤソコン61.85%
《むかつき》61.85%
ドラン51.54%
青黒赤コントロール51.54%
《紅蓮術士の昇天》51.54%
バントアグロ41.23%
ボロス41.23%
《小悪疫》41.23%
青白トロン30.92%
青白コントロール30.92%
《死せる生》20.62%
《砂の殉教者》20.62%
青黒コントロール20.62%
Fair FIght Faeries20.62%
青赤《秘密を掘り下げる者》20.62%
青白緑コントロール10.31%
エルフ10.31%
感染10.31%
ジャンク10.31%
《カヴーの捕食者》10.31%
白単氷雪10.31%
ソウルシスターズ10.31%
《裂け目の突破》10.31%
青赤フェアリー10.31%
青白赤コントロール10.31%

 最多勢力としてあがってくるのは、92人という圧倒的な数を示したZooであった。1ターン目に出てくる《野生のナカティル/Wild Nacatl》の強さにはなんの異論もなく、多くのプレイヤーにとって選択肢となったようだ。多くのリストは青をタッチして《バントの魔除け/Bant Charm》を投入するという、プロツアー・フィラデルフィア時点のアイディアによって改良されており、さらに最近どこでも人気の《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》が加えられていた。

 《欠片の双子/Splinter Twin》のを使用すべきだと確信したプレイヤーは49人。《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》との2枚コンボは、最近新しく指定された禁止カードの影響をほとんど受けず、文字通り圧倒的な数の《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》や《やっかい児》トークンを見かけることとなった。

 親和が3番手に名を連ね、29名のプレイヤーによって使用された。アーティファクト・土地がなくとも、《電結の荒廃者》と《頭蓋囲い》は《投げ飛ばし/Fling》の力を借り、ゲームを手中に収めるのだった。

 トップ5に位置する残り二つのデッキは...コントロールだって?
 《神秘の指導》を主軸としたものが16人、《けちな贈り物》を主軸としたものが13人のプレイヤーによって使用された。最近の禁止カード設定によって、コンボデッキが3~4ターン目にゲームを決めることがなくなったため、多くのアグロデッキ、コントロールデッキにとって追い風が吹いたのだ。その変更は、コントロールデッキが台頭するのに十分なものなのだろうか?

 これらは、土曜日に見られた35のアーキタイプのうち、たった5つにすぎない。モダンの環境はまだ始まったばかりであるが、非常に広大だということが分かっている。新しい、警戒すべきデッキが生まれるのだろうか? 土曜日の終わりにはそれが分かることだろう。

前の記事: Round 18: Luis Scott-Vargas(アメリカ) vs. 彌永 淳也(東京) | 次の記事: (翻訳記事) テスト、テスト、1・2の3
世界選手権11 一覧に戻る