マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

(翻訳記事) ホール・ニュー・モダン・ワールド

(翻訳記事) ホール・ニュー・モダン・ワールド

authorpic_blakerasmussen.jpg
Blake Rasmussen / Translated by Masashiro Kuroda


原文はこちら

 プロツアー・フィラデルフィアの内容を受けた禁止カード制定後に行われる初めての大会として、世界選手権はマジックのコミュニティと、デッキテクを渇望するプロツアー予選(PTQ)参加者たちの注目を集めることとなった。それは初めてのハイレベル・トーナメントであるからだ。

 《雲上の座/Cloudpost》、感染コンボの2種は完全に死滅し、青赤のコンボは著しく弱体化した。世界選手権では新しいメタゲームが生まれることだろう。それはモダンのPTQシーズンにおいて、最初の1週間を定義付ける大きな要素になると思われる。

 それを踏まえ、我々はトップ20のプレイヤーが3日目の第1ラウンドで、どのようなデッキを使っているかを観察した。より詳細なメタゲーム分析は後ほど行うとして、この観察によって思いもよらなかったことがいくつか明らかになったのだった。

 まずはアーキタイプを示そう。

デッキタイプ人数
Blue Zoo9
《欠片の双子》6
4色《けちな贈り物》4
《むかつき》3
《神秘の指導》3
親和3
《死の雲》2
ナヤ・ズー2
バントコントロール2
ザ・ロック1
《紅蓮術士の昇天》1
《炎の中の過去》ストーム1
メリーラ・コンボ1
青白けちトロン1
バントアグロ1

 このトーナメントで、爆発的に増えるのがほぼ間違いないと思われていたのがBlue Zooである。プロツアー・フィラデルフィアのときに、数名のプロによって使用されていたものの進化形だ。
 Blue Zooには《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》とその相棒たちが入っている点で、従来のものとは異なる。それは少なくとも《部族の炎/Tribal Flames》だけではないのである。《稲妻/Lightning Bolt》や《稲妻のらせん/Lightning Helix》は信じられないほどの効果をもたらすし、《マナ漏出/Mana Leak》や《否認/Negate》、《バントの魔除け/Bant Charm》といった呪文を使えるということは、今までのZooとは違った角度から戦いを挑むことができる。

あなたに10点。どや?


 《欠片の双子/Splinter Twin》は、期待されたとおり依然として強力である。それは《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension》やストームデッキといった他の赤青デッキに比べ、《思案/Ponder》と《定業/Preordain》が禁止になった影響を受けていないからだ。ほとんどのプレイヤーは、その枠を《手練/Sleight of Hand》に置き換えただけのようだ。

 もう一つ、見逃すことのできない驚きのデッキとして4色コントロールが挙げられる。《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》と、ラヴニカのショックランドをサーチできるフェッチランドを使うことで、コントロールデッキは序盤のコントロールを放棄し、《罰する火》のような優れたカードを手に入れることができる《けちな贈り物》を使いながら長期戦に持ち込むのだ。4人のプレイヤーがこのデッキを使っており、彼らは一緒に調整をしていたように思われた。そのリストには以前のPlayer of the Yearを含む有名プレイヤーが名を連ねている。

 トップを走るプレイヤーたちの選択したデッキの中でもう一つの驚きは、《むかつき/Ad Nauseam》と《天使の嗜み/Angel's Grace》をキーカードとするコンボデッキである。このコンボが成立すれば、プレイヤーはデッキをすべて引くことができる。フィニッシュホールドは普通《燃焼/Conflagrate》であるが、デッキを全部引いてしまえば勝つ手段はいくらでも存在する。

あなたのライフが0になっても負けない状態になれば、《むかつき/Ad Nauseam》でデッキを全部引いてしまうことを止めることは不可能だ。


 《神秘の指導/Mystical Teachings》を使ったデッキはいくつか存在したが、お互いの関連はなさそうだ。ひとつは純粋なエスパーコントロール、もう一つは《けちな贈り物/Gifts Ungiven》を使用しており、もう一つは《罰する火/Punishing Fire》の戦術を補うものとして取り入れているようだった。

 モダンのメタゲーム全体を観察すると同時に、これらのデッキがどのような活躍をするか、一日を通してこのあともお楽しみに。

前の記事: Round 13: 浅原 晃(東京) vs. Ali Aintrazi(アメリカ) | 次の記事: Round 14: 彌永 淳也(東京) vs. Fabian Thiele(ドイツ)
世界選手権11 一覧に戻る