マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【観戦記事】 第12回戦:山本 賢太郎(東京) vs. Craig Wescoe(アメリカ)

【観戦記事】 第12回戦:山本 賢太郎(東京) vs. Craig Wescoe(アメリカ)

By 伊藤 敦

 残り4回戦、既にトップ8の可能性があるプレイヤーは限られてきている。

 ここでは魔の2番ポッドで1勝1敗し、通算9勝2敗ラインの山本 賢太郎の戦いをお送りしよう。

 トップ8を目指すならば残り4回戦、もはやただの1敗さえも許されない。であるならばなるべく楽なマッチを願うのが人情だが、しかしそこは「魔の2番ポッド」だけあって、対戦相手は毎ラウンド強豪揃いだ。

 クレイグ・ウェスコー/Craig Wescoe

 プロツアー『ドラゴンの迷路』チャンピオンにして無類の白好きとしても知られている彼は、あろうことか上家3人が白という状況でも白をドラフトしていた。

 しかしウェスコーのせいで山本が逆順の2パック目の白を絞られている以上、その選択はある程度功を奏していると言える。結局のところあとは、ウェスコーのデッキにどのような爆弾レアが眠っているか次第といったところか。

 セカンドドラフトに向けて、負けられない一戦が始まる。

r12_shakehand.jpg
ゲーム1

 先手3ターン目の《吠え群れの狼/Howlpack Wolf》に対しウェスコーは《捨て身の歩哨/Desperate Sentry》が受けにいくが、山本は《グリフの加護/Gryff's Boon》で早々に地上の些事からの離脱を宣言すると、さらに《収穫の手/Harvest Hand》を展開していく。

 ウェスコーも《闇告げカラス/Crow of Dark Tidings》をプレイしつつ、次のターンの2体アタックには《捨て身の歩哨/Desperate Sentry》を《収穫の手/Harvest Hand》に対してのチャンプブロックに回すのだが、これにより第2メインの《眠れぬ者の使者/Emissary of the Sleepless》プレイでスピリット・トークンを生成されてしまう。

 《マウアー地所の双子/Twins of Maurer Estate》で地上は止めるものの、既に飛行7点クロックを突きつけられているとあっては残り時間は少ない。

 しかも山本はダメ押しにスピリット・トークンに《月皇の外套/Lunarch Mantle》をエンチャントしてウェスコーを残りライフ3まで追い詰め、なおも《薬剤師の霊/Apothecary Geist》を戦線に追加する。

 どうにか《生命の危機/Certain Death》で食い下がるウェスコーだったが、ラストターンにカードを引くやいなやおもむろに手札を公開すると、既に場に6枚土地が並んでいるというのに4枚の手札はすべて土地。

 これにはどちらも苦笑するほかないのだった。

山本 1-0 ウェスコー

ゲーム2

 先手で《吸血鬼の殺し屋/Vampire Cutthroat》から《墓ネズミ/Graf Rats》そして《吸血貴族/Vampire Noble》と、1ゲーム目とは打って変わって軽快な展開を見せるウェスコー。

 山本も《不動の聖戦士/Steadfast Cathar》《猛々しい狼/Brazen Wolves》と並べて攻勢を押しとどめようとするが、ならばとウェスコーは《闇告げカラス/Crow of Dark Tidings》を戦線に追加する。

 《吸血鬼の殺し屋/Vampire Cutthroat》は「潜伏」で止まりづらく、かといって飛行持ちの《闇告げカラス/Crow of Dark Tidings》も放置できない。2ゲーム目はこのままウェスコーのペースか......そう思われたそのとき。

 4枚の土地をタップした山本が、恐るべきカードをプレイした。

山本「2ダメージ、オール1ダメージ」

 《粗暴な協力/Savage Alliance》!

ウェスコー「Whooops!」

 「増呪」で「クリーチャー1体に2点」「対戦相手がコントロールするクリーチャーすべてに1点」のモードが選択されると、《吸血貴族/Vampire Noble》に2点、《吸血鬼の殺し屋/Vampire Cutthroat》と《墓ネズミ/Graf Rats》と《闇告げカラス/Crow of Dark Tidings》に1点......すなわち。

 1対4交換!

 リミテッドにおいて、わずか4ターン目にしてクリーチャー4体が《疫病風/Plague Wind》を食らうなど滅多にあることではない。あまりの事態にクリーチャーを墓地に送りながらもパフォーマンスとして笑いながらサムズダウンするウェスコー。

 そして無人の荒野を《不動の聖戦士/Steadfast Cathar》と《猛々しい狼/Brazen Wolves》が駆ける。

 ここまで綺麗にあしらわれるとむしろ清々しいのだろう、やがて墓地の《粗暴な協力/Savage Alliance》を指さして「ノォー!」とあくまでも紳士的に、楽しくて仕方がないといった感じで言いながら、ウェスコーはカードを畳んだ。

山本 2-0 ウェスコー


山本「あと2−0+IDでトップ8、頑張ります」

山本 賢太郎、2敗でセカンドドラフトへ!

前の記事: 【戦略記事】 魔の2番ポッド:山本 賢太郎のピック | 次の記事: 【トピック】 プロツアー直前!地域別プレイヤーに練習スタイルを聞いてみた
グランプリ・シドニー2016 一覧に戻る