マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【戦略記事】 梅原 啓のセカンドドラフト:ボブは強い?

【戦略記事】 梅原 啓のセカンドドラフト:ボブは強い?

By 平林 和哉

 グランプリトップ8を決めるにあたり、大事なセカンドドラフトのポッドが発表された。

 その中でも2番テーブルに2回のグランプリベスト8経験者、梅原 啓と山口 聡史の2人がいる。両者は揃ってグランプリ・横浜2012でトップ8入りを果たしている。

 山口については伊藤 敦の記事に譲り、ここでは直近のグランプリ・京都2015でトップ8入りも果たしている梅原のピックを追っていこう。

draft_umehara1.jpg

1パック目

  • 1−1 《病気の拡散/Spread the Sickness》(他候補:《戦慄の徒食者/Dread Drone》《マナ漏出/Mana Leak》
  • 1−2 《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》(他候補:《幽体の行列/Spectral Procession》《藻のガリアル/Algae Gharial》《噴出の稲妻/Burst Lightning》
  • 1−3 《希望の盗人/Thief of Hope》
  • 1−4 《戦慄の徒食者/Dread Drone》(他候補:《嵐血の狂戦士/Stormblood Berserker》
  • 1−5 《骨の粉砕/Bone Splinters》(他候補:《噴出の稲妻/Burst Lightning》《恨み唸り/Spitebellows》
  • 1−6 《不気味な苦悩/Grim Affliction》
  • 1−7 《アッシェンムーアの抉り出し/Ashenmoor Gouger》(他候補:《カヴーの上等王/Kavu Primarch》
  • 1−8 《感染の賦活/Instill Infection》(他候補:《内炎の点火者/Inner-Flame Igniter》
  • 1−9 《戦慄の徒食者/Dread Drone》
  • 1−10 《小走りの死神/Scuttling Death》
  • 1−11 《選別の高座/Culling Dais》
  • 1−12 《ゴブリンの投火師/Goblin Fireslinger》
  • 1−13 《来世への旅/Otherworldly Journey》
  • 1−14 《力強い跳躍/Mighty Leap》
  • 1−15 《ヴェリズ・ヴェルの刃/Blades of Velis Vel》

 弱すぎる初手はともかく、2手目の《幽体の行列/Spectral Procession》に手を伸ばさないのは意外だった。

 黒だけは確定させたが、赤の流れが良い点が気がかり。

2パック目

  • 2−1 《稲妻/Lightning Bolt》(他候補:《血まみれ角のミノタウルス/Gorehorn Minotaurs》《嵐血の狂戦士/Stormblood Berserker》《死の否定/Death Denied》
  • 2−2 《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》(他候補:《病に倒れたルサルカ/Plagued Rusalka》《恨み唸り/Spitebellows》《貴族の教主/Noble Hierarch》
  • 2−3 《希望の盗人/Thief of Hope》(他候補:《オルゾヴァの幽霊議員/Ghost Council of Orzhova》《鎌切り/Sickleslicer》
  • 2−4 《血のオーガ/Blood Ogre》(他候補:《鎌の切り裂き魔/Sickle Ripper》
  • 2−5 《嵐血の狂戦士/Stormblood Berserker》
  • 2−6 《転倒の磁石/Tumble Magnet》
  • 2−7 《鎌の切り裂き魔/Sickle Ripper》(他候補:《コジレックの捕食者/Kozilek's Predator》
  • 2−8 《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》(他候補:《帆凧/Kitesail》
  • 2−9 《血まみれ角のミノタウルス/Gorehorn Minotaurs》
  • 2−10 《血の署名/Sign in Blood》
  • 2−11 《鎌切り/Sickleslicer》(他候補:《不眠の晒し台/Pillory of the Sleepless》
  • 2−12 《無情な切り裂き魔/Ruthless Ripper》
  • 2−13 《幽霊の変わり身/Ghostly Changeling》
  • 2−14 《明敏な雛/Shrewd Hatchling》
  • 2−15 《死の否定/Death Denied》

 やはり初手に恵まれず《稲妻/Lightning Bolt》をピック。

 そして2手目に《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》へと舵を切ると、2−4《血のオーガ/Blood Ogre》2−5《嵐血の狂戦士/Stormblood Berserker》と赤黒狂喜へと舵を切った。

 これが功を奏したか《血まみれ角のミノタウルス/Gorehorn Minotaurs》が一周。英断だったようだ。

3パック目

  • 3−1 《闇の腹心/Dark Confidant》(他候補:《破壊の宴/Wrecking Ball》
  • 3−2 《頭蓋囲い/Cranial Plating》(他候補:《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》
  • 3−3 《破壊の宴/Wrecking Ball》(他候補:《薄暮狩りのコウモリ/Duskhunter Bat》
  • 3−4 《血まみれ角のミノタウルス/Gorehorn Minotaurs》
  • 3−5 《部族の炎/Tribal Flames》(他候補:《粗暴な力/Brute Force》
  • 3−6 《骨の粉砕/Bone Splinters》(他候補:《ウラモグの破壊者/Ulamog's Crusher》
  • 3−7 《ラクドスの肉儀場/Rakdos Carnarium》
  • 3−8 《帆凧/Kitesail》
  • 3−9 《破壊の宴/Wrecking Ball》
  • 3−10 《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》
  • 3−11 《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
  • 3−12 《クムラックス/Qumulox》
  • 3−13 《血まなこの練習生/Bloodshot Trainee》
  • 3−14 《時間の把握/Telling Time》
  • 3−15 《竜魂の騎士/Dragonsoul Knight》

 引いてしまった《闇の腹心/Dark Confidant》。
 強いのか弱いのか、『モダンマスターズ 2015年版』ドラフトで《闇の腹心/Dark Confidant》の価値を理解しているプレイヤーは相当少ないだろう。
 梅原も迷いに迷ってのピックとなったが、結果的に3−9で《破壊の宴/Wrecking Ball》を回収できたことを考えれば問題ないか。

draft_umehara2.jpg

――「デッキは何点ぐらいでしょうか」

梅原「ほんとは白緑のデッキをドラフトしたかったので...そういう意味では0点ですね(笑)」

――「ファーストドラフトは《空狩人の散兵/Skyhunter Skirmisher》に《巨森の蔦/Vines of Vastwood》×2!みたいなデッキでしたしね。白緑というならなおさら《幽体の行列/Spectral Procession》をピックするような気もしますが」

梅原「トークン系よりジャイグロ(巨大化)系デッキの方が好みなので。引き出しが少ないので苦労してます」

draft_umehara3.jpg
梅原 啓
グランプリ・千葉2015 セカンドドラフト / 『モダンマスターズ 2015年版』 ブースタードラフト
8 《沼》
7 《山》
1 《ラクドスの肉儀場》

-土地(16)-

3 《吸血鬼の裂断者》
1 《ゴブリンの投火師》
2 《鎌の切り裂き魔》
1 《闇の腹心》
1 《嵐血の狂戦士》
1 《アッシェンムーアの抉り出し》
1 《血のオーガ》
1 《幽霊の変わり身》
2 《血まみれ角のミノタウルス》
1 《血まなこの練習生》
1 《ゴミあさりのドレイク》

-クリーチャー(15)-
1 《稲妻》
1 《頭蓋囲い》
1 《帆凧》
1 《不気味な苦悩》
1 《鎌切り》
1 《転倒の磁石》
2 《破壊の宴》
1 《病気の拡散》

-呪文(9)-

 安いというならこの赤黒狂喜もその最たるものだろう。
 通常卓に1人のアーキタイプであり、その恩恵をしっかり受けたデッキを完成させている。

 懸念していた《闇の腹心/Dark Confidant》についても、デッキリスト提出前に仮組みしたデッキを回してテストする念の入り用だ。

 果たして梅原はこの「要2勝」ミッションを突破できるだろうか。

第13回戦:山口 聡史(愛知) vs. 梅原 啓(大阪)

前の記事: 【戦略記事】 山口 聡史のセカンドドラフトピック:混迷 | 次の記事: 【観戦記事】 第13回戦:山口 聡史(愛知) vs. 梅原 啓(大阪)
グランプリ・千葉2015 一覧に戻る